京太郎が黒髪にしてみた ~阿知賀編~

※共学設定でオナシャス

~憧の場合

京太郎「とある理由で思い切って髪を染めてみたけど…皆どう思うかな」トコトコ

京太郎「黄色から急に黒だもんな。普通に驚くか。お、憧だ」

憧「あ、おはよう、きょうたろ……う?」チョイヒキ

京太郎「警戒しないでくれ。ちゃんと京太郎だから」

憧「えー!髪真っ黒じゃない!…失恋でもした?」

京太郎「してない!まあ、ちょっとな」

憧「う~ん。悪くはないけど、良くも悪くも普通になっちゃったわね~」

京太郎「う。べ、別にいいだろ」

憧「…派手そうな外見と紳士な中身のギャップが良かったんだけどなぁ」ボソ

京太郎「え、何が良かったって?」

憧「何でもない。じゃ、またね」

京太郎「お、おう」


~玄・宥の場合

京太郎「…もっとびっくりされるかと思ったけど。案外だったな」

京太郎(お、あそこにおわす素晴らしいおもちを持った美人姉妹は…)

玄「!お、お姉ちゃん!なんか変な人がこっち見てる!逃げなきゃ!」

京太郎(げっ!?気づいてくれない!それどころか不審者扱い!?)

宥「え?…もう、玄ちゃんたら、髪の色は違うけど須賀君だよ?」

京太郎(ほっ…宥さんありがとうございます!)

京太郎「ど、どうも。髪を黒にした須賀京太郎です…」オソルオソル

玄「…うん。実はそうなんじゃないかと思ってたから!どう見たって須賀君だよ!」

玄(…セーフだよね!)

宥(ギリギリね~)



玄「しかし思い切ったね~……!ふむ、なるほどなるほど~!」

京太郎「何がですか?」

玄「も~水臭いな~!私と共通点が欲しいならそんな遠まわしにしなくてもいいのに」

京太郎(???)

玄「私の名前の「玄」と、「黒」髪をかけたんだよね!私にはお見通しだよ!」ドヤッ

京太郎「…えっと…ブブー!」

玄「ええっ!?」

京太郎「宥さんはどう思います?この色…」

宥「ん~とね…前の方が、あったかかった、かな?」

京太郎「(うっ!)そ、そうっすか」

宥「でも、黒も素敵だよ?」

京太郎「ど、どうもっす…あ、じゃあ~また部活で!」

玄・宥「またね~」


~灼の場合

京太郎「さっきの宥さんの理由は少しグサッと来たぜ…」


灼「…何してるの?京太郎」

京太郎「え、灼さん。いつの間に。…俺のことわかったんですか?」

灼「そりゃ、声聞けば」※たまたま通りすがった

京太郎「ですよね。えっと…どうです?これ」

灼「どうって……」ジーッ

京太郎「……」

灼「むう……」ジーーッ

京太郎「あの、灼さん。そんなにまじまじと見られるとさすがに恥ずかしいっす」

灼「あ、ごめん。(しまった、ちゃんとした感想を言おうとしてつい)」

京太郎「変じゃないですか?」

灼「うん、変というか、慣れない」

京太郎「まあ、ずっと金髪でしたし、慣れるまでの辛抱っすかね」

灼「でも…」

京太郎「?」

灼「…似合ってると思う」


京太郎「…」

京太郎「は、はい。ありがとう、ございますっ」

灼・京太郎『……』

灼・京太郎(何この空気///!?)

灼(見つめあって何言ってんの私は…///)

京太郎(緊張するような場面じゃないだろ俺!声も上ずってたし!)

京太郎「えーと、とりあえず、また放課後ー!では!」

灼「あ…行っちゃった」


~穏乃の場合

京太郎「ふぅー…あと会ってないのは穏乃だけか」

京太郎「ていうか、いちいち部員に感想聞きまわるなんて、我ながら女々しいな…」

穏乃「あ、おっはよーっ!京太郎!」

京太郎「おお、噂をすれば。おはよう」

穏乃「おぉ、髪の色が変わってる!」

京太郎「ああ、ちょっとな」

穏乃「そっかぁ。あ、そうそう。先週の宿題なんだけど、わかんないとこが…」

京太郎「え、あれ?」

穏乃「え?あたしなんか変なこと言った?」

京太郎「いや、別に言ってないけどよ。この髪への反応が薄いな、と」

穏乃「う~ん、髪の色が何色でも、京太郎は京太郎でしょ?だから、いちいち気にしない!」

穏乃「髪の色が変わったから、京太郎の性格が変わったわけじゃないよね?」

京太郎「そりゃもちろん」

穏乃「じゃあ、それでいいじゃん!外見が変わっても中身はいっしょ!」

京太郎「…はははっ、なんだそりゃ!じゃああれか、俺がどんなカッコしようが、関係ないってこと?」

穏乃「そーいうこと!どんな京太郎でもどーんと受け入れるよ!」

京太郎「ぷぷっ、はははは!!全く、穏乃らしいな」

穏乃「あ、それでさ、この問題なんだけど…」


~晴絵の場合

晴絵(…突然、部員の一人が髪の色を丸っきり変えてきた。あそこまで思い切るなんて相当深い理由があるに違いないわ)

晴絵(もしかしたら触れちゃいけないことなのかもしれない。でも、顧問として生徒が抱える問題は一緒に解決してあげたい!)

晴絵(なら、私がやるべきことは一つ…)

晴絵「須賀君!一人で抱え込まないで!辛い悩みがあるなら、私にどーんと話してみなさい!!」バァーーンッ

京太郎「………え?」



なんだかんだで数日後にはいつもの金髪に戻りました。


カン!