淡「キョータロー!ハッピーバレンタイン!このスーパーノヴァ淡ちゃんが寂しい男子に手作りチョコをあげ…」

京太郎「照さん!!ハッピーバレンタイン!!チョコレート作ったんでよかったら食べてください」

淡(……ん?バレンタインて男が女にあげるんだっけ?あれ??)

照「京ちゃんゴメン…今日はお菓子を食べる気分じゃないんだ…」

京太郎「!!!?あのお菓子狂いの照さんがお菓子を食べたくないなんて」

菫「なんとかしてくれないか須賀…今朝からずっとあの調子なんだ」

京太郎「あ、菫先輩こんにちわ。バレンタインチョコどうぞ」

菫「ああ、ありがとう。うれしいよ」

淡(あげ慣れているし貰い慣れている……)

菫「実は昨日照がパンケーキ当番だったんだが盛大に失敗してな。かなりの量のパンケーキを無駄にしてしまったんだ」

京太郎「あぁ、それであんな感じなんですか」

照「パンケーキを無駄にしてしまった私にお菓子を食べる資格はない…部員のみんなとパンケーキの神様に申し訳が立たない」

淡(神て…)

京太郎(でもこのままじゃ照さんにチョコ受け取って貰えなさそうだな…)

京太郎「よし!ここは漢京太郎が一肌脱いで、照さんの汚名を返上して差し上げましょう!」バーン!

――

京太郎「出来ました!今日はバレンタインなので特別にパンケーキにチョコレートソースをかけてみました!」

照「!?」

京太郎「味に飽きないようはちみつメープルバターマーガリンアイスいちごジャムミックスベリーetc.いっぱい用意しました!!」

照「京ちゃん…」

尭深「今日は紅茶いれますね」

誠子「須賀、あとどれだけ作ればいい?」

照「みんな…」

京太郎「元気出してください照さん。失敗なんて誰も気にしてませんし、それより元気にお菓子食べてる照さんがみんな大好きなんです」

照「ありがとうみんな!最高のバレンタインだよ」ペカー

菫「やっと元に戻ったな」

誠子「勢い余って営業スマイル出てますけどね」

京太郎「さあ、冷めないうちに俺たちからのバレンタインプレゼント、食べてやってください!」

――

京太郎「ほら他のみんなも食べて食べて。淡も遠慮すんなって」

淡「あ…うん、ありがと。キョータローにもハイこれ」ポス

京太郎「おっサンキュー、わざわざ悪いな」

淡(なんか私の知ってるバレンタインと違うけど……まいっか!)モックモック

カンッ!