咲「…」カキカキ

『須賀咲』

咲「…ふふっ」

久「何書いてんの?」

咲「ひゃあ!?ぶ、部長、いつの間に…あ、いや、何でもなくて、あれ?メモが…」

久「ほうほう、咲はいつの間に名字が変わったのかしら」

咲「いやーー!!見ないでください!!」

久「まあまあ、恋する乙女なら誰だって一度はやることじゃない」

優希「部活だじぇーー!って、咲ちゃん何してるんだじょ?」

咲「あ、優希ちゃん、和ちゃん…」

久「こんなメモを偶然見つけてね~」

咲「!!??」

優希「なななな!!どういうことだじぇ咲ちゃん!いつ京太郎と結婚したんだ!」

和「宮永さん!『原村』の間違いですよね!?」

咲「あ、いや、そうじゃなくて~!もう、部長ひどい!」


少女説明(白状)中…


和「そうでしたか。よく考えれば有り得ませんよね」

咲「あはは…。(すごく恥ずかしい)」

久「架空とはいえ良い名前なんじゃない?」

咲「そうですか?えへへ…///」

優希「ムムム…」カキカキ

咲「優希ちゃん?」

優希「私はこっちのがいいと思うじぇ!」バッ

『須賀優希』

咲「!」

久「あら」

優希「スガユーキ!スガサキよりもリズム的にいい感じだじぇ!」

咲「むむっ!そんなことないよ!須賀咲の方が良い!」

優希「須賀優希!」

咲「須賀咲!」


あーだこーだ


久「須賀和…う~ん、優希的に言えばリズムがいまいちかしら」

和「勝手に人の名前を使わないでください。それより、二人を止めないと…」



久(咲には悪いことしちゃったわね。あんまりに可愛いことしてるもんだからついからかっちゃった。)

久(須賀咲、須賀優希……須賀…)

まこ「須賀久、須賀まこ…やっぱり2文字+2文字は語呂がいまいちじゃのう」

久「ひゃっ!ま、まこ、来てたのね…って、人の名前勝手に使わないでよ」

まこ「ありゃ、そのバツの悪そうな顔。もしかして頭の中で組み合わせる所じゃったか?」

久「(うっ///)そ、そんなわけないでしょ!もうこの話は終わり!部活するわよ部活!」

まこ「ほいほい。ほーら、しょーもない喧嘩はやめーい」


京太郎「うぃーっす。…何してんだ皆?」


おわり