京太郎「今年も咲CUPの時期か……」

咲「今年は私と和ちゃん、衣ちゃんだね。」

京太郎「おもち格差が……」

咲「何か言った、京ちゃん?」ゴゴゴゴゴ……

京太郎「いえいえ何もっ!」

優希「咲カップかぁ……咲ちゃんのおっぱいはAカップか?」

咲「び、Bはあるよっ!阿知賀編のピンナップポスター撮った時の見て!」

(画像は各人探してください)

優希「おー……のどちゃん相変わらずえっろエロだじぇ!」

京太郎「あぁ分かる、和ほんとヤベェよな……」

咲「の、和ちゃんばっかりじゃなくって」

優希「確かに、咲ちゃんにおっぱいがあるじぇ」

京太郎「あぁ、皆でプールいった時よりあるな」

咲「でしょう?」

京太郎「まぁ確かに、衣さんやシズには勝ってそうだな? 和や憧には負けてるけど」

咲「それ以上言ったら怒るよ京ちゃん?」

和「須賀君、少しお聞きしたいのですが……」

京太郎「ぅおぁ!の、和!? すいません色目向けてごめんなさいっ!」

和「いえ、それはいいんですが……どうして、穏乃の事を“シズ”と?」

京太郎「あっ……」

咲「そういえば……」

優希「何気に阿知賀の人達呼び捨てだじぇ……」

京太郎「…………」(脱兎)

優希「容疑者が逃げたじょ! 追えー!」

咲「京ちゃん……リンシャンマシーンらしいやり方で、お話聞かせて貰おうかな……?」


ドタドタドタ……

――――


久「うちの一年は元気いいわねぇ」

まこ「そういうおんしは何しとるんじゃ?」

久「ん? 須賀くんの鞄に、私のメイド水着な写真を仕込もうかなって……面白くなりそうじゃない?」

まこ「後輩の評判に関わりそうなイタズラは止めんしゃい」


カンッ