京太郎「ハギヨシさ~ん」

ハギヨシ「おや、お帰りなさいませ。東京はどうでした?」

京太郎「なかなか楽しかったですよ。あ、これお土産です」

ハギヨシ「ありがとうございます」

京太郎「そういや、ハギヨシさんって昔東京にいたんですか?」

ハギヨシ「…どこでそれを?」ピクッ

京太郎「やー、なんか東京の自称元ヤンがそんなこと言ってて」

ハギヨシ「ほう。どんな方ですか?」

京太郎「なんか目が真ん中によってる人で、地獄のなんちゃら?って」

ハギヨシ「三沢岩男…」ボソッ

京太郎「えっ?」

ハギヨシ「独り言です。他には何か言っていましたか?」

京太郎「なんか、関東全土を三ヶ月で制圧したとかなんとか」

ハギヨシ「まさか、そんな事出来る人などいないでしょう?」ハハハ

京太郎「ですよねー!」ハハハ

ハギヨシ「ところで、それを誰か他の人に言いましたか?」

京太郎「いやいや、こんな世迷言、誰にも言いませんよ」ハハハ

ハギヨシ「そうですか」






トスッ






………
……

京太郎「ん、んぅ?」

京太郎「あ、あれ?俺寝てた?」ガバッ

衣「すぅすぅ…」zzz

京太郎「…」ウーン

衣「むにゃむにゃ…」zzz

京太郎「って!天江さん!」

京太郎「あわわわ…なんで天江さんと寝てるんだろう!?」

ハギヨシ「おや、起きましたか?」

京太郎「ハギヨシさん!これはちが」

ハギヨシ「ふふふ、旅の疲れが残っていたんですか?来てすぐ寝てしまいましたが」

京太郎「えっ、そうでしたっけ?」

ハギヨシ「はい、ですのでベッドまでお運び致しました」

京太郎「…なんで天江さんにベッドに?」

ハギヨシ「起きた時にあまりの可愛さにまかり間違って既成事実を…」

京太郎「作りません!」

ハギヨシ「ふふ、残念です」

衣「…」チッ

京太郎「えっ?」

衣「すぅすぅ…」zzz

京太郎「き、気のせいか…」

衣「むにゃむにゃ…」zzz

京太郎「こんな可愛い子に手を出したら手が後ろに回っちゃいますよ」ナデナデ

衣「ふえぇ…///」zzz

京太郎「げ!もうこんな時間か!もう電車なくなりそうだ…」

ハギヨシ「このまま泊まって行きますか?」

京太郎「…いえ、徒歩で帰ります」

ハギヨシ「ふぅ…仕方ないですね。では車でお送りしましょう」

京太郎「すみません…お願いします」

ハギヨシ「了解いたしました」

京太郎「あ、そういや、お土産渡しましたっけ?」

ハギヨシ「はい、いただいておりますよ?」

京太郎「そうでしたっけ…あれ?」

ハギヨシ「どうしました?」

京太郎「俺、ハギヨシさんに何か確認したい事があったような?」

ハギヨシ「…」

京太郎「…」ウーン

ハギヨシ「忘れてしまったのなら大した事ではないのでは?」

京太郎「うーん。そうですね…気のせいだったかも?」

ハギヨシ「ははは」

京太郎「ははは」

ハギヨシ「では、先に外でお待ちください」

京太郎「はーい」


バタン


ハギヨシ「衣様、二日ほどお暇をいただきたいのですが」

衣「ふふふ、今は機嫌が良い♪許可するぞ♪」ナデナデサレター

ハギヨシ(遠まわしに子供扱いされていたのですが、良いのでしょうか…?)

ハギヨシ「ありがとうございます」

衣「でも急だなー。なにかあったのか?」

ハギヨシ「はい、東京方面に急用が出来まして」

衣「ふーん?」

ハギヨシ(そう…)


ハギヨシ(過去を 抹 消 し に)


おわり