……

「ツカマエロー!」

「エェェェ!ヤメテクレー!」

「チョットイタイダケダカラダイジョーブダヨ!」


ワーワー!


久「あーお楽しみの所悪いんだけど、折角だからどこか遊びに行こうって事になったんだけど」

京太郎「へ、へ~良い案ですね!ごふっ」ドゴッ

優希「うりゃー!…ここら辺なにがあるんだじぇ?」

久「そうねぇ…いくつかあるけど、例えば」



~カラオケ~

憧「らーぶか~の~んで♪」

穏乃・玄・和「BANG!BANG!」

……

京太郎「憧上手いなー」

憧「えへへ、なかなかでしょー?」

灼「玄も結構上手いよね」

玄「えへへ」

京太郎「灼さんは歌わないんですか?」

灼「わ、私はちょっとこういうの苦手で…」

憧「みんな最初はそんな感じだって~」

玄「そうだよ!歌ってみなよ~」グイグイ

灼「え、えぇー…」

……

灼「恋ぃ一夜ぉぉぉぅ夢ぇ一夜ぉぉぉぅ」

憧・玄「演歌!?」

京太郎「なにこれうまい」

……

京太郎「灼さん上手いじゃないですか!」

灼「え、そうかな///」

まこ「プロ並みじゃったのう」

憧・玄(若干引いた…)

久「さて、んじゃ次の場所に行くわよ~」

京太郎「え、もうですか?」

久「なんかちょっと体を動かしたい気分なのよ」



~ボウリング~

久「はい、じゃあ組み分けはくじ引きでねー」

一同「は~い」

ワイワイガヤガヤ

久「えーと、A組が松実宥さんと松実玄さん、それから和とまこ」

久「B組が高鴨穏乃さんと新子憧さん、咲と私」

久「C組が鷺森灼さんと優希と須賀君」

久「じゃあ、各自楽しんでね」

優希「よーし、頑張るじぇー!」

灼「今度は得意種目だよ!」

優希「演歌も上手かったじぇ…?」

京太郎「…」ズーン…

灼「あれ?どうしたの須賀君?」

京太郎「いえ!別に!頑張りましょうね!」ニコッ

灼「う、うん」

京太郎(おもちが足りない!圧倒的に足りない!染谷先輩かわってくれええ!)

……

憧「うわ…」

久「すご…」

優希「二人だけレベルが違うじぇ…」


灼「なかなかやるね」

京太郎「小さい頃からやってるんで」

灼「でも、勝つのは私だよ」

京太郎「いえ、俺が勝ちます」

灼「ふふ、そうこなくっちゃ」

京太郎「ラスト一投、勝負!」

……


=========

スコア

 京太郎 198

 灼 202

=========


灼「ふふ、残念だったね」

京太郎「くそー!あのスペアが取れてれば!」

灼「でも良い勝負だった。またやろう」

京太郎「はい、次は勝ちますよ!」ガシッ

灼「ううん。次も負けないよ」ガシッ


優希「なんか友情を育んでるじぇ…」

穏乃「いいなー!青春だなー!」

久(これ何の漫画だったっけ…?)

……

久「じゃ、結果発表~!」

久「一位は鷺森灼さん!スコアは202!」

玄「相変わらずすごいね~」

宥「おめでと~」


久「二位は須賀君!スコア198!」

和「須賀君に意外な特技が…」

優希「のどちゃん、この二人と組んでた私を労ってくれぃ…」


久「三位は…」


………
……


久「で、最下位が…咲、スコア0…」

京太郎「咲は相変わらず運動ダメだなあ」

咲「うう、だって全部横の溝にいっちゃうんだもん…」

京太郎「ボウリングまでプラマイゼロ狙うこと無いのになぁ」ニヤニヤ

咲「京ちゃんもゼロだったくせに…」

京太郎「えっ、俺は198…」

咲「中学生の頃『我が名はゼロ!』とか言ってたくせにー!」

京太郎「ヤメテ」

まこ「くわしく聞きたいのう」ヒッヒッヒ

京太郎「ヤメテ!」

久「こらこら、後輩をいじめないの」

京太郎「ぶ、部長…」ジーン…

まこ「じゃが、面白そうじゃけぇ」ククク

京太郎「ワスレテ!」

久「もうやめて!須賀君のライフはゼロよ!もとい中学生ライフはゼロよ!」ニヤニヤ

京太郎「」

まこ「えげつないことしよる…」

……

京太郎「んじゃ、俺が投げ方おしえてやるよ」

咲「えー、できるかなあ…」

……


「マズハ ボールヲ ムネノマエニ…」

「コーカナ?」


灼(…)ジー

灼(うーん…。やっぱりあの子を思い出しちゃうな)

宥「どーしたのー?灼ちゃん」

灼「えっ?」

宥「須賀君が気になるの?」

穏乃「カッコイイですよねー!」

灼「あ、や、ちがくて!…昔を思い出してて」

宥「昔?」

灼「うん、ああいう風にボウリングを教えた事があったなーって」

宥「ふーん」


「ヤッター!3ツモタオセタヨ!」

「ヤッタナ!サキ」


灼(そうそう、あんな感じだったなー)フフッ

……

京太郎「お疲れ様でーす。はい、飲み物」サッ

灼「あ、ありがとう」

灼「なんでコーヒー牛乳…?」

京太郎「キライでした?」

灼「好きだけど…」ナンデワカッタノ

和「須賀君は欲しいもの当てるの得意なんで、気にしたらダメですよ…」

灼「そうなんだ…」

京太郎「はい、宥さんはこれ」

宥「わぁ~、あったかいココアだ~♪ありがと~」

灼(夏なのに何処で買ってきたんだろう…?)

穏乃「ぷはぁ~!やっぱり疲れた時はコレだよねー!」グビグビ

灼(穏乃は栄養ドリンク…?)

京太郎「そのままの君で居て」ニコニコ



※そして別れの時

~駅~

久「ふぅ~遊んだ遊んだ!」

灼「今日はお招きいただきありがとうございました」ペコリ

久「あ、いいのいいの!私が遊びたかっただけだし!」

久「こちらこそ、急に呼び出してごめんなさいね~」

灼「いえ、皆楽しめたみたいで良かったです」

久「私は今年が最後だけど、他の子達とこれからも仲良くしてあげてね」

灼「もちろんです」

穏乃「あ、電車きたー」

京太郎「んじゃ、またなー!」

灼「うん、またね!」

憧「バイバーイ!」

咲「さ、私達も切符買わないとね」

京太郎「おう」ガサゴソ


 チャリッ


灼(ん?)

灼(あ、あれって…)

穏乃「アコー!アラタサーン!」

憧「灼はやくー!電車行っちゃうよ」

ピリリリリリリ…

灼「あ、う、うん」タタッ

……

玄「いい人達だったね」

灼「うん…」

憧「あーあ、また会いたいねー」

灼「そうだね」

灼(良く見えなかったけど、あれって多分…)

灼(そっか…そうだったんだ)


 気付くのが遅すぎて 声をかけられなかったことが凄く残念だった

 でも


灼(私は、麻雀の選手になれたよ)

灼(君も、正義の味方になれたんだね)

灼(アリスくん)


 二人の夢が叶っていたことは とても喜ばしいことだと思う


憧「灼、なにニヤニヤしてんの…?」

灼「別に」


 ふと 鞄の中を覗いてみると

 あの時貰った ウサギの根付けが

 いつもより少しだけ 嬉しそうに見えた


おわり