……

※昨日の事を説明中

久「なるほどね。つまり、酔っ払いが絡んでたのを助けたら、ナンパと勘違いされたと」

京太郎「そうそう!そうなんです!」

久「…で?」

京太郎「へ?」

久「…」

京太郎「ま、まだなにか?」

久「…いたの?」

京太郎「な、何がですか?」

久「ジャージーデビルよ、ジャージーデビル。そこ重要でしょう」

京太郎(重要なんだ…)

京太郎「いえ、ジャージの子にイキナリ蹴られたんで、何となく口に出ただけです…」

久「えっ」

京太郎「…」

久「…」

京太郎「なんかスンマセン」

久「…」

久「ちょっとあなた」

穏乃「へ?私ですか?」

久「家畜を襲う趣味とか無いかしら?」

穏乃「あ、あるわけないじゃないですか!」

久「そう…そうよね…」

久「ジャージーデビルなんでいないわよね…」ガックリ…

京太郎「染谷先輩、部長ってUMAとか好きなんですか…?」

まこ「知るかい」

……

久「まあ、不祥事が無くて安心したわ」

咲「ですね。よかった、京ちゃんが変態になっちゃったかと思った」

京太郎「どんな目で見てるんだよ…」

咲「でも、京ちゃん昔から女の人にだらしないじゃない」

京太郎「そ、そんな事ないだろ…」

咲「ううん。中学の時も…」

まこ「くくく、幼馴染アピールかい?」

咲「ち、違っ」

京太郎「そうですよ、そんなことしてどうなるってんですか?」

まこ「ちっ…この朴念仁が…」

京太郎「ぼく…なんですって?」キコエナカッタ

穏乃「あ、私知ってる!ブルースリーのやつですよね!」

まこ「それは木人拳じゃろが…」

京太郎「えっ」

京太郎「…なんで染谷先輩が、うちの家庭の事情を知ってるんですか…?」ギラッ

まこ「えっ」ゾクッ

京太郎「…」

まこ「…聞き間違いじゃろが」

京太郎「…そうですか。そうですよね!よかったー!」ゴトリ…

まこ「えっ」ゴトリ…?

まこ(こ、こいつ…何時の間にバールの様な物を…)ゾワッ

……

咲「ま、京ちゃんにナンパする勇気なんてないかー」

京太郎「むっ、失礼な」

憧「するの!?」

京太郎「しません…」

穏乃「ま、まあ、とりあえず、京?くんの疑いが晴れて良かったよ!」

憧「しず、京?くんにちゃんと謝りなさいよ」

穏乃「あ、そうだった、京くん蹴ってごめんなさい!」ペコリ

京太郎「いいっていいって!」ハハハ

憧「京くんって結構頑丈なんだね~」

京太郎「まあ、割と蹴られ慣れてるって言うか」ハハハ

やいのやいの

咲「…」ムッ

久「咲が京ちゃん京ちゃん言ってたから京くんになっちゃったわね」

まこ「面白いから暫く本名教えんどこう」

……

※雑談中

京太郎「で、膝を付くと同時に腰をひねって…」

穏乃「ふむふむ。そうすれば安全に着地できるのかー」

京太郎「ま、地面が平らならだけどな!」

穏乃「大きい石とか落ちてると痛そうだね~」

 アハハーウフフー

咲・憧(なんか体育会系のネタで意気投合してる…)


久「あーご歓談中悪いんだけど、そろそろ戻らないと」

京太郎「あ、そうか、二人とも待ってるでしょうしね」

灼「私達もそろそろ戻ろう」

憧「そうだね。じゃ、京くんバイバーイ!」

穏乃「またねー!」



穏乃「京くん良い人だったね!」

憧「でしょ?でも優しいだけじゃないんだよ。あたしを助けてくれた時なんて凄かったんだから!」

穏乃「へー、どんな感じだった?」

憧「相手はもうそれはそれは札付きの悪者だったんだけどね…」

憧「京くんがひと睨みしただけで、そいつ震え上がっちゃって…」

憧「それで、京くんが一言…多分『失せろ…』みたいな事を言ったと思うんだけど…」

憧「そしたらそいつ、もう凄い勢いで慌てて逃げて行っちゃって!」

穏乃「おお!スゴイ!かっこいい!」

憧「でしょでしょ!」

やいのやいの

灼(なんか全然違ったけど、夢は壊さないほうがいいよね…)



久「ふっふっふ、鷺森さんの連絡先ゲットしちゃった」

まこ「いつの間に…」

久「あら、コネは大事よ?」

まこ「また何か企んどるじゃろ…」

久「あら人聞きの悪い。ただ大会が終わったら交流会でもしようかなって思っただけよ」

まこ「ほう」

久「私は今年で最後だし、ちょっとぐらい遊びたいのよ」

まこ「そーかい…。ま、そういうのもええかもしれんの」


つづく