妹が彼を幼馴染だと紹介した時、私の心に去来した思いを表に出さないことに必死になった
憤怒、憎悪、嫉妬、悲哀。それらが入り混じり、どこまでも高まっていく。
いつも、いつもだ。こいつは私の大事なものを何でもないように、当然のように奪っていく。

幼馴染? 中学に知り合っただけで?
違う、それは私だ。もっと幼い頃に出会った、道が私を見失った時に手を引いてくれた年下の男の子。
私の大事な思い出を、勝手に自分のものにするな。その場所は、私のものだ。

心細そうに彼の袖をつまむ姿に殺意が増す。
私の初恋、私の幼馴染、私の京ちゃん。それを、自分のものだと何も考えずに見せつけてくる。
それでいて『仲直りしよう』などとどの口で言うのか。

そちらがそのつもりならいいだろう。心を武器に、完膚なきまでに叩き潰そう。
サボっていたこいつとは違う。私はずっと麻雀を続けていたのだ。あの屈辱を、この屈辱を今晴らさないでいつ晴らすのか。

全ては雀卓の上で。
屠殺し、証明しよう。本物がどちらなのかを。
待っていて京ちゃん、すぐに迎えに行くから。


カン