お気に入りのシュークリーム。一個350円をそっと口に近づけてみる。

「ぅぷ…!」

須賀照は、思わず吐きそうになって口元を抑えた。

シュークリームの芳しい匂いが、今は不愉快極まりない。

「照さん…せめてお腹が引っ込むまでは我慢しましょう」

「うぬぬ…!」

「そんな怒ったような顔しても、無理なもんは無理です」

須賀京太郎は苦笑しながら、姐さん女房の頬を撫でた。

美人はむくれた顔も可愛いのだと、妻を見ながらそんなことを思う。

その名の通り、遍く世界を照らすように麗らかな、彼の最愛の女性。

「照さんが苦しいと、この子も苦しみますよ」

「それは…そう、だね…」

京太郎が撫でるお腹は、細い体に見合わずぽっこりと膨らんでいる。

照は今、夫である京太郎との赤ん坊を身籠もっていたのだ。

「妊娠すると、今までの好物も食べられなくなるとは聞いていた…けど」

そういう彼女がむしゃぶりついているのは、丸ごとのレモンであった。

常人なら嘗めただけでも顔をしかめるそれを、照は平然と平らげていく。

「こんなに酸っぱいものを食べたくなったのは、生まれて初めて」

「まあ、昔っから甘いものばっかり食べてましたからね、照さん」

そう言う京太郎は、照の幼なじみであり弟分で、心許せる唯一の異性だった。

「子どもっぽいと言うか、でもそんなところが魅力的なんですよ」

「むっ…これでも私は、人生の酸いも甘いもかみ分けてる大人の女」

「ああ、梅干したこ焼きとチョコたこ焼きのロシアンルーレットとかやりましたね」

─だから彼は、照の幼いころの恥ずかしいエピソードもよく知っている。

「照さんったら、チョコ入りを逃したくないから全部口に放り込んで涙目に」

「待って。京ちゃん、それ以上は言わないで…!」

照は思わずレモンを取り落とし、真っ赤になって俯いた。

他に誰が居る訳でもないのに、今日は何だか妙に気恥ずかしい。

京太郎も、いつもはマイペースな照の初心な反応に驚いたのか、目を瞬かせる。

妊娠中と言うこともあるのだろうか。肉体のみならず精神も大分変調しているようだ。

「うーん…こういうしおらしい照さんも可愛いなぁ!」

「ひゃん?!」

しかし彼もすぐに気を取り直すと、照を痛めつけないよう、だがしっかりと抱き締めた。

「でも、気分が悪くなったらすぐに知らせて下さい。俺はすぐに駆けつけますから」

「だけど…京ちゃん、いつも忙しいのにあんまり迷惑はかけられない…」

「大丈夫!照さんと子どものためだったら、どんなに苦労したって構わないから」

こういうことを見つめながら言われると、照も赤面して押し黙るほか無かった。

京太郎は昔からこうだった。常に他人を気遣い、周囲への貢献と配慮を怠らない。

そのくせ自分がぞんざいに扱われても、その不満や泣き言を口に出さないのだ。

─ああ、なんて愛おしくて…なんて心地良いんだろう…でも…。

思わず甘えて全てを委ねたくなる誘惑を振り払うと、照は大切な言葉を紡ぐ。

「京ちゃん…愛しています。だから私も一緒に…ずっと一緒に、がんばるよ」

それは、全てを照らし包み込む太陽のように、輝かしくも暖かい笑顔。

これから母になる彼女の微笑みは、どこまでも美しかった。