照「京ちゃん…天の女神である私なら、京ちゃんに永遠の栄光を与えてあげられる」

咲「京ちゃんっ!地の女神の私だったら、京ちゃんに永久の繁栄を約束できるよ!」

京太郎「いや、そんな大それた加護とか祝福は流石に身に余るんだが」

照「ふん…繁栄するならゴキブリにもできる。幸せな人生には天に輝く光がなければいけない」

咲「何さ、栄光なんてお腹の足しにもならないよ!豊かな人生には確かな土台がいるもんね!」

京太郎「お前ら人の話聞いてた?!ホントに普通でいいんだよ普通で!あ、でもできればおもちが」

照「は?」ギャルルル

咲「あ?」ゴッ

京太郎「麗しの女神様方…この身の全てを懸けて、おふたりを幸せにしてみせます」(震え声)

照「嬉しい…!大丈夫だよ京ちゃん、私のおもちは揉めるくらいはあるから」

咲「あはは寝言は寝て言いなよお姉ちゃん。私は京ちゃんに大きくして貰うけど」

照「ふぅん…」ギャラララ!!

咲「へぇえ…」ゴゴゴゴ!!

京太郎「やめろぉ!お前らが暴れるとホントに世界が滅んじまうだろ!?」

カン!