京太郎(この間ついに咲に告白したが・・・見事に振られてしまった・・・)

京太郎(咲曰わく麻雀の弱い男に興味はないと・・・)

京太郎(それ以来俺は裏麻雀の世界に入り、裏プロ達としのぎを削り)

京太郎(そして遂に咲ら能力者と渡り合える雀力を手に入れた・・・!)

京太郎「・・・という訳で、肩慣らしにまずお前だ」

玄「よろしくお願いします」


ガシャッ!

京太郎「・・・・ロン!」

玄「う・・・」

京太郎「直撃だ・・・」

穏乃「・・・・・」

穏乃(こいつ・・・玄の能力を完全に把握している・・・!)

穏乃(ドラが集まる玄の能力はクズ手が怪物手に化ける反面、手に制限が加わる・・・)

穏乃(まずドラが集まることで牌が重なり、平和手を作ることが難しくなる)

穏乃(更に赤ドラ・・・これが厄介)

穏乃(赤ドラがあるだけでチャンタ手は絶望的になり)

穏乃(更に3つの色が絡む為染め手も出来なくなる・・・!)

穏乃(・・・となれば必然、基本路線は断ヤオ三色が濃厚・・・)

穏乃(だが奴はそこで溢れるヤオ九牌をきっちり狙い打ってくる・・・!)


京太郎「さて・・・・それじゃ洗牌を・・・」

ガシャガシャガシャガシャ

穏乃(・・・だが手がないわけじゃない・・・飜牌だ・・・!)

穏乃(飜牌を使えば手作りの制限は無くなり、玄の能力をフルに活かせる)

穏乃(あるいは門前で揃えて立直・・・)

穏乃(そうだ・・・この程度で玄の能力が破れたりはしない・・・!)

玄「え、えっと・・・それじゃあドラ表示牌を・・・」

カシッ

玄「あ」

穏乃(う!・・・来た・・・!ドラ表示牌は中・・・つまりドラは白・・・!)

穏乃(絶好・・・!これでまず白ドラ3は確定的・・・!)


そして配牌、玄、初っ端白を3つ持って来る・・・!

穏乃(完璧だ・・・!配牌から白ドラ3確定・・・!)

穏乃(ツモ次第じゃ跳ね満、倍満も見える上に待ちが読まれにくく直撃もあり得る)

穏乃(この局はもう貰ったも同然・・・ここから反撃・・・!)

しかし9巡目・・・!

京太郎「ククク・・・・」

タンッ!

穏乃(なっ・・・打南!?しかもあの捨て牌は・・・!)

京太郎捨て牌:3p 8s 6s 4s 2m 2p 7m 5m 南

穏乃(くっ・・・何だ何だ何だ・・・!)

穏乃(何だその『国士無双かのような』捨て牌は・・・!)


穏乃(馬鹿げてる・・・今・・・お前に・・・そんな都合のいい手が来るか・・・!)

穏乃(あれはブラフ・・・十中八九ノーテン・・・!舐めるな・・・!)

カシャッ

玄「・・・あ!」

穏乃(うっ・・・・!)

玄・・・4枚目のドラ白・・・!

穏乃(し、しまった・・・!4枚目・・・4枚目のドラっ白・・・!)

穏乃(通常ならば何も考えずにカンをすればいいだけ・・・!)

穏乃(新ドラもめくれますます玄の優位になるところ・・・だが・・・!)

穏乃(国士無双に限っては暗槓でも槍槓が成立する!!!)

穏乃(つまり玄はこの白をカンすることが出来ない・・・!)


穏乃(かと言って他と絡まない字牌の白が手の中に4枚ある限りテンパイは不可能・・・!)

穏乃(や、やられた・・・・!!!)

京太郎「ククク・・・」

玄「・・・・・!!」

穏乃(ダメだ玄・・・!相手の罠に惑わされるな・・・!)

穏乃(あの国士はブラフ・・・ブラフなんだ・・・!)


穏乃(奴は国士無双テンパイなんかじゃない・・・だからその白をカンするんだ・・・!)

玄「・・・・・!」

穏乃(玄・・・っ!どうしてカンしないんだ・・・!)

穏乃「・・・はっ!」

穏乃(そ、そうか・・・ここまでで奴が見せていた『ヤオ九牌狙い』!)

穏乃(あれは単に玄の能力の弱点を突いていただけでなく)

穏乃(玄の潜在意識の中に『ヤオ九牌に対する抵抗感』を植え付けていたんだ・・!)

穏乃(ここまでの間に奴に精神を削られていた今の玄にこの白はカン出来ない・・・)

穏乃(全ては・・・布石・・・・)


玄「・・・う、うう・・・」

      • 結局、玄は4枚の白を手に抱えたまま進むことができず

15巡目に北家がメンタンピンを和了りこの局は終了した・・・

穏乃(もう・・・終わりだ・・・玄の勝ちはもうない・・・)

穏乃(それは単にチャンスが来る可能性の問題ではなく、精神的にもうダメ・・・)

穏乃(今の局で奴に屈し、白をカン出来なかった時点で玄の勝ちは無くなった・・・)

穏乃(京太郎・・・悔しいが奴は玄よりずっと上の勝負師・・・!)

ガシャッ!

京太郎「ツモ・・・断ヤオ ドラ1・・・決着だな」

玄「あう・・・・」

京太郎「まあお前程度の能力者ならこんなもんか」

玄「うぅ・・・・」

京太郎「よし・・・次の練習台は・・・・」




怜「・・・・・・・麻雀勝負・・・ですか・・・?」


序盤、流れを掴んだのは京太郎・・・東一局、二局と連続和了・・・!

しかしそこから徐々に怜が巻き返す・・・!

怜「リーチ・・・」

京太郎「くっ・・・・!」

ガシャッ!

怜「ツモ、リーチ 一発 三色同順、満貫」

京太郎(きっちり一発・・・これが噂の1巡先を見る能力か・・・)

京太郎(やれやれ・・・とんだ化け物がいたもんだぜ・・・)


ガシャガシャガシャ

京太郎配牌:259m37p4448s東南南南(ドラは1m)

京太郎(ほう、コイツは中々・・・)

京太郎(南場南家のところに南が初っ端から暗刻で入るとは・・・)

京太郎「・・・・・」

怜「・・・・・」

怜(あの表情・・・まずまずの手が来たっちゅう感じやな・・・)

京太郎「ふっ・・・」

3巡目、京太郎は更に南をツモ引き暗槓・・・!

しかし新ドラ表示牌は西でドラは乗らず・・・

それでも確実に手を進めて行き、11巡目、京太郎テンパイ・・・!

京太郎:123m 444s 46s 88s/南南南南


京太郎(嵌5s待ち・・・待ちが薄いからすぐにリーチとは行けないが・・・)

京太郎(ともかくダブ南ドラ1のテンパイ・・・!)

怜「・・・・」

怜(この気配・・・イーシャンテン・・・?いや・・・テンパイか・・・?)

怜(念の為ここは能力を使って『見て』おこか・・・)

キュイイイイイイン・・・・!

怜「・・・・っ!・・・・・・・!」

京太郎(・・・む?急に怜の呼吸が荒くなった・・・?)

怜「・・・・・っ」

タンッ!

ここで怜、打8s・・・!


京太郎(っ!なに・・・8s切りだと!?)

京太郎(ずいぶん大胆な・・・奴から見て8sはそれなりに危険牌のハズ・・・)

この時京太郎、この打8sに対しある違和感・・・!

京太郎(・・・恐らく奴は今・・・能力を使った・・・)

京太郎(でなければこの局面、ここまでの奴の戦い方からして・・・)

京太郎(もっと安全そうな牌を切っていていいはず・・・)

京太郎(つまり奴は8sが安全牌だと知っていたから切ったということ)


京太郎(問題はどうして安全と知ったか・・・)

京太郎(誰かが通すのを見たと言えば確かにもっともらしい理由だが・・・)

怜「・・・・っ」

京太郎(違う・・・!あの目はそんな逃げの打牌では無く攻めの打牌の目・・・!)

京太郎(つまり見たんだ・・・奴は俺の和了形を・・・見たから8sが安全だと知った)

京太郎(そして肝心なのはこの先・・・俺の和了形を見た上であえて8sを切る理由・・・)

京太郎(わざわざ際どい8sを切ったからこそ俺は奴が能力を使ったと気付いた・・・)

京太郎(それは奴にとってデメリットでしかない・・・)

京太郎(俺の和了形を知ってるなら他の怪しくない牌でも良かったはずなのに・・・)

京太郎(その理由は・・・?)


京太郎「・・・・・!」

京太郎(決まってる・・・!『防ぐ』為だ・・・俺の和了りを・・・!)

京太郎(恐らく誰かが5sを振り込んだのだ・・・!そしてその振り込みから奴は・・・)

京太郎(それをカンチャン整理によるものと読んだ・・・!)

京太郎(つまり57sとある所に8sを引き、両面待ちに移行した時にこぼれた5s・・・!)

京太郎(俺はそれをロンしたのだ・・・!)

京太郎(5sも8sも今の俺に対しては危険牌・・・だがどうせ同じ危険牌なら両面待ち・・・)

京太郎(ソイツはそう考えて5sを切った・・・だから怜は『先に』8sを切った・・・!)

京太郎(8sの方がより安全そうとなればカンチャンを維持するだろうと読んで・・・!)


怜「・・・・・っ」

京太郎(問題は上家と下家、どちらが振り込んだかだが・・・)

京太郎(上家はまだテンパイは遠い気配・・・今そこまで強気に来るとは思えない・・・)

京太郎(ならば下家か・・・!)

京太郎「・・・・・ククク」

京太郎(ということは逆に言えば・・・下家の手には今57sがあり)

京太郎(かつ次のツモは8sということ・・・!ならば・・・・!!)


京太郎「ポンっ!!」

怜「えっ!?」

京太郎・・・怜の切った8sをポン・・・!そして・・・!

京太郎「・・・・フッ」

タンッ!

入れ替え様に打6s・・・!

怜(なっ・・・テンパイを崩した・・・!?)

下家「っ!チー!!」

そして下家、京太郎の切った6sをすかさずチー・・・!

京太郎手牌:123m 444s 4s/888s 南南南南


怜「・・・・・・・・はっ!」

怜(そっ・・・そうか!『ツモ番』が・・・!)

怜(彼が私の捨て牌をポンし、彼の捨て牌を彼の下家がチー・・・)

怜(この結果、本来下家がツモるはずやった牌は彼のツモになる・・・つまり・・・!)

京太郎「・・・・カンっ!」

京太郎手配:123m 444s 4s/8888s 南南南南

京太郎、8sを加槓・・・!さらに・・・!

京太郎「もう1個・・・・・・・カンっ!」

手中の4sもカン・・・!リンシャン牌をツモり・・・

京太郎・・・三槓子・・・!

しかもこの時めくれた2枚の新ドラの内1枚がカンに丸々乗り・・・

京太郎・・・ダブ南 三槓子 ドラ5!倍満単騎待ち・・・!


怜(ウ・・・ウソや・・・!こないな麻雀・・・!)

怜(くっ・・・何待ちなのか読めへん・・・!予知に逆らったから能力も使えへんし・・・)

怜(・・・こ・・・ここなら・・・)

タンッ

京太郎「ククク・・・・残念、当たりだ」

ガシャッ!

怜、倍満直撃・・・・・!!

怜「あ・・・ああ・・・」

その後、怜に巻き返すだけの力は残っておらず・・・

京太郎・・・そのまま首位をキープしオーラスを締める・・・!


竜華(コイツ・・・怜の能力を逆に利用しはった・・・!)

竜華(でなければあのテンパイ崩しの8sポンの説明がつかへん・・・)

竜華(せやけどコイツ・・・あの6s切りで振り込んどったかも知れんのに・・・・)

竜華(何ちゅう勝負師や・・・自分の勘を信じ抜ける男・・・!!)

竜華(麻雀以上の部分でも怜は負けとった・・・!)

京太郎「まあまあかな・・・」

怜「うう・・・」

京太郎「さて・・・準備運動はこんなもんで十分・・・次は・・・!」




咲「・・・・・・」

京太郎「・・・いよいよ本命といくか・・・・!」

咲「京ちゃん本気?死ぬよ・・・」


咲「ツモ、中 ドラ2」

京太郎「ぐっ・・・」

久「流石咲ね・・・須賀くんも大分レベルアップしたみたいだけど寄せ付けていない・・・」

久(・・・咲の嶺上開花を阻止するには頭ハネか槍槓しかない・・・)

久(しかし咲はその気配を敏感に感じ取り普通の和了に切り替えている・・・)

久(特にあの『見せポン』・・・!あえてポンをして後の加槓を臭わせておいて)

久(4枚目はキッチリ別の面子で使い切る・・・なんていやらしい戦い方・・・!)

久(更に他家が咲のカンを警戒し生牌を出し渋っていると見るや)

久(場に見えている牌に狙いを合わせる冷酷さ・・・!)

久(恐ろしい子・・・今の咲は魔王そのもの・・・!)


京太郎「くっ・・・・!」

咲「ふふふ・・・・麻雀って・・・・楽しいよねぇ・・・?」

京太郎「・・・・っ!」

京太郎(・・・咲の嶺上開花を警戒した時・・・巡を追う毎に生牌は切り難くなる・・・)

京太郎(それでも生牌を切るとしたら、それはそれしか牌がないか)

京太郎(対子・・・2枚以上、手の中で重なった時・・・!)

京太郎(なら、そこに狙いを合わせて・・・!)

下家「・・・・っ!!」

タンッ!

京太郎「・・・っ!!ロ・・・」

咲「ロンっ!」

ガシャッ!!!

京太郎「ぐっ!!」

咲「ゴメンねぇ京ちゃん、頭ハネしちゃったぁ」

京太郎「・・・・・っ!!」


京太郎(咲も当然そこは『把握済み』ってわけか・・・!)

京太郎(くそっ・・・何か突破口はないのか・・・!)

咲「カンっ」

京太郎「・・・はっ!しまった!」

咲「もう1個カン、もう1個カン」

ガシャッ!!

咲「ツモ・・・嶺上開花 三槓子 ドラ2、満貫」

咲和了:3m 678p/7777m 3333s 西西西西 ←3m

京太郎「・・・・っ・・・・!」

咲「ゴメンねぇ京ちゃん、また和了っちゃったぁ」


久(ここに来ての能力発動・・・勝負あったかしら・・・)

久(次局から南入だし、咲と須賀くんの点差は21500点・・・)

久(やはり非・能力者では咲には・・・)

京太郎「・・・・・」

南一局 8巡目

カシッ

京太郎7m引き・・・・!

京太郎「・・・・・・・・・・・オープンは」

久「・・・・え?」

京太郎「この勝負・・・・・・・・『オープン』はいいのかな・・・?」

久「・・・・っ!!え・・・ええ・・・認めてるわ・・・!」

京太郎「そいつは良かった・・・それじゃ遠慮なく・・・」

ガシャッ!

京太郎「・・・・オープンリーチ・・・・!!」


京太郎牌姿: 55667m 123p 99p 678s

咲「・・・・・・」

久(ほ、本当にした・・・オープンリーチ・・・!しかしこれに何の意味が・・・!?)

下家「・・・・っ」

タンッ

これを受けて下家、9p切り・・・!

続いて咲が1p、上家が6sを切る・・・!


久(須賀くんの牌姿を見た途端皆が生牌切り・・・!)

久(確かに咲のカンを警戒して生牌が切り難かった所に須賀くんのオープン・・・)

久(あのオープンにより須賀くんの手牌でのカンは無くなったのだから)

久(ここぞとばかりに切るのは当然と言えば当然・・・)

久(そういうことなの?須賀くんの狙いは他家に安牌を提供して時間稼ぎ・・・??)

京太郎「ふふ・・・・・」

久(違う・・・そうじゃない・・・あの表情はもっと別な何か・・・!!)

京太郎「ククク・・・悪いな咲・・・・」

咲「え・・・?」

ガシャッ!!!

京太郎「ツモ・・・一発だ・・・!!」

京太郎和了:55667m 123p 99p 678s ←7m

久(なっ!?一発ツモ・・・!?)

咲「・・・・っ!!」


京太郎「オープン ツモ 一発 平和 一盃口で・・・ハネ満だ・・・!」

久(き、起死回生のハネ満ツモ・・・!オープンにしたことが見事に生きた・・・!)

久(しかも今、親は咲・・・親っかぶり・・・!)

久(しかし・・・これは本当にただの偶然なの・・・?それとも・・・・)

久「・・・はっ!」
久(須賀くんの和了牌・・・あれは7m!!)

久(そう言えばリーチ直前のツモも7mだった・・・!)

久「そ、そうか・・・・前局の咲のカンっ・・・・!」

京太郎「ふっ・・・」

久(前局、咲が三槓子をした時にカンした牌は7m、3s、西の3つ・・・!)

久(同じ牌を4つも固める槓子なら洗牌しても完全にはバラけないだろうと賭けて・・・)

久(一か八かの勝負に出たのね・・・!須賀くん・・・!)


咲「・・・・・ふ~ん、そういうことしちゃうんだ京ちゃん・・・」

咲「でも詰めが甘いなぁ・・・その戦法、オーラス逆転手でやるべきだったのにぃ・・・」

久(・・・そう・・咲の言う通り・・・)

久(確かに一矢報いたけれどこれは虚を突いただけにすぎない・・・)

久(そもそもこの戦法は確率的にも危ういものだった・・・毎回成功するものじゃない)

久(所詮は一撃限りの代物・・・それでも結局まだ逆転すらしていない・・・)

久(勝負を焦ってしまったわね・・・須賀くん・・・!)

その後は久の予想通り再び咲のペース・・・!

南二局、南三局と難なく連続和了し、いよいよオーラス・・・!


久(やはりダメだったか・・・)

久(あの一撃で一度は詰め寄ったかに見えたけど・・・結局また離され)

久(このオーラスで12500差・・・厳しくなった・・・須賀くんはもう・・・・!!)

咲「・・・さてと、さっさと終わらせよっかなぁ・・・」

京太郎「・・・・っ!」

咲「ふふふふふ・・・・」

京太郎(・・・・・・・・・・・・・・ここだ)

京太郎(俺が逆転出来るとしたらこのタイミングしかねぇ・・・!)


咲「ふふふ・・・・・・」

京太郎(咲・・・お前はきっとまだ気づいてないんだろう・・・?)

京太郎(お前はきっとまだ・・・・・・)

京太郎(あのオープンが『和了る為だけのオープンだったと思ってる』んだろう・・・!?)

京太郎(だがな咲・・・お前はあの時、点棒よりも大事なものを失ってたんだぜ・・・!)


京太郎(俺がオープンをした時、下家と上家はそれまで生牌だった牌を切った)

京太郎(当然さ、カンを警戒して切れなかった牌が俺のオープンで切れる様になったんだ)

京太郎(だけどよ・・・・・・・何故お前まで1pを切ったんだ・・・!?)

京太郎(あの時あの1pも生牌だった・・・!)

京太郎(何故お前まで俺のオープンを見た途端に1pを・・・!?)

京太郎(咲・・・お前あの時・・・1pを『暗刻で』持ってたんじゃないのか・・・!?)

京太郎(暗刻で持って・・・嶺上開花を狙ってたんじゃないのか・・・!?)

京太郎(だけど4枚目の在処が知れて・・・)

京太郎(お前は暗刻を『雀頭に変えた』んじゃないのか・・・!?)


京太郎(1pが暗刻のままでは不都合な役・・・恐らくは平和)

京太郎(つまりお前はあの時役なし単騎待ちで嶺上開花を狙っていたんだ・・・!)

京太郎(無論・・・そんなこと普通は有り得ない・・・・!)

京太郎(嶺上開花のみの手なんて・・・そんな運任せ・・・俺の単なる妄想・・・)

京太郎(でもお前は『出来る』んだよ!嶺上開花が!!)

京太郎(なあ咲・・・俺は今まで色んな能力者と戦って・・・1つ分かったんだ・・・)

京太郎(お前ら『能力者』って奴は結局・・・自分の能力を過信する・・・!!)

京太郎(そりゃあやるよ・・・!出来るんだから・・・!!)


京太郎(完璧なお前があの時一瞬見せた隙・・・!)

京太郎(そして今、このオーラス・・・トップ目のお前は高い手は必要ない・・・)

京太郎(一飜手・・・それで十分・・・)

京太郎(普通ならば平和か・・・断ヤオか・・・飜牌なら理想・・・)

京太郎(だがお前に限りそこに嶺上開花の選択肢も来る・・・!そこを狙う・・・!)

京太郎(まあ嶺上開花が潰れても・・・そのままリーチってのも出来るが・・・)

京太郎(今はオーラス、差は12500・・・振り込みのリスクがあるリーチはしないだろう)

京太郎(それでも飜牌や断ヤオは・・・嶺上開花とも複合するから・・・)

京太郎(嶺上開花を潰したとしても・・・結局は一か八かだ・・・)

京太郎(祈るしかねえ・・・!もう一度・・・咲が嶺上開花のみで来ること・・・!)


そしてオーラス 10巡目・・・!

京太郎手牌:123m 45m 456p 中中中 北北(ドラは中)

京太郎(ドラ中3枚持ちのテンパイ・・・!来てる・・・っ!)

京太郎(そして今・・・・・)

上家「・・・・・」

京太郎(上家はソーズの混一気配・・・なら咲もソーズの暗刻は難しいはず・・・)

京太郎(字牌は・・・すでに残りは全部場に切れている・・・ピンズも大分見えてるし・・・)

京太郎(ならマンズ・・・マンズの上は生牌が多い・・・!が・・・!)

京太郎(上全体的に見えていないのなら面子になっている可能性が高い・・・!)

京太郎(むしろ下・・・2、4m辺りが見えているのにまだ場に出ていない3m・・・!)

京太郎(ここしかねえ・・・!)


上家「・・・・!」

タンッ

上家、打1m・・・!

京太郎「っ!チ・・・・っ・・・・!!」

咲「・・・・・・・!!」

京太郎「・・・・・・・・っ!!」

京太郎(咲・・・これが俺の限界だ・・・・!)

京太郎(今のチーかのような素振りでお前は俺の手に23mがあると分かったはず・・・)

京太郎(これが俺の限界・・・こいつが不発なら潔く死ぬまで・・・!)

京太郎(咲・・・勝負・・・・・!)

咲「・・・・・・・っ!」

            • タンッ!!

久「・・・・・!」

上家「・・・・・!」

下家「・・・・・!」

京太郎「・・・・・・っ・・・・!」

咲「・・・・・・!!」

京太郎「・・・・・・・・・・・・・・悪いな咲、その牌だ・・・・・!!」

ガシャッ!

京太郎「中 ドラ3、直撃・・・・・・・逆転だ・・・・・!」

咲「・・・・・!!!」

久「か・・・勝った・・・・須賀くんが・・・あの咲に・・・・!」

咲「私・・・・負け・・・たの・・・・?」

京太郎「ギリギリさ・・・勝敗を分けたのは・・・本当にギリギリの差だった・・・」

咲「この私が・・・・・・・!」

久「咲・・・・」




京太郎「なあ咲」

咲「・・・え?」

京太郎「勝ったからよ、改めて言うぜ・・・・好きだ、咲・・・・俺と付き合ってくれ」

久「須賀くん・・・・!」

咲「・・・・っ」

京太郎「・・・・やっぱり・・・ダメか・・・・?」

咲「・・・た」

京太郎「え?」

咲「他家に浮気したら・・・と、トバしちゃうんだからね・・・・!」

京太郎「っ!ああ・・・心配するな・・・俺の心はとっくに咲で清一色さ・・・!」

咲「・・・京ちゃん・・・!」

京太郎「・・・咲・・・!!」

久「ふふ・・・・やっぱり麻雀って・・・・・・・・・・」

久「最高ね」