菫「で、何の真似だ」

京太郎「えっと…その…」

菫「お前が私をつけていたのは申し訳ないくらいにバレバレだ、理由によっては赦してやる。話せ」

京太郎「すいません、でも話しても許して貰えそうにないですし…」

菫「それは私が判断するから早くするんだ、このまま通報されたいなら話は別だが」

京太郎「そ、それは勘弁してください!お話しますから!」


京太郎「えーっと、こんな感じです…」

-全国大会ちょっと前-

久「須賀くん、君には全国大会では偵察をしてもらうわ!」

京太郎「はぁ…でも一体どうやって?練習風景を覗き見て牌譜でもとれと?」

久「まあそんな感じね」

京太郎「ほとんど無理なこと前提じゃないですか…」

久「冗談よ、冗談!ただBブロックの試合に注目してもらって要対策なところの対策をあらかじめ練って欲しいの」

京太郎「それならなんとかできそうですが…」

久「じゃあよろしく頼むわね、須賀くん。わからないことがあれば何でも聞きに来ていいから」

京太郎「了解です、力になれるように頑張ります」


白糸台はブロックAでかつ、抽選は全国当日だったわ、訂正

京太郎「えーっと、こんな感じです…」

-全国大会ちょっと前-

久「須賀くん、君には全国大会では偵察をしてもらうわ!」

京太郎「はぁ…でも一体どうやって?もしかしてそこの練習風景を覗き見て牌譜でもとれと?」

久「まあそんな感じね」

京太郎「ほとんど無理なこと前提じゃないですか…」

久「冗談よ、冗談!ただ私たちと別のブロックの試合に注目してもらって要対策なところの対策をあらかじめ練って欲しいの、私は自分達のほうのブロックの対策に注力するから」

京太郎「それならなんとかできそうですが…」

久「じゃあよろしく頼むわね、須賀くん。わからないことがあれば何でも聞きに来ていいから」

京太郎「了解です、力になれるように頑張ります」



菫「まあ、ここまでは理解できる。じゃあテレビ中継に張り付くだけで十分じゃないか」

京太郎「まだ続きがあってですね…」



まこ「それはちょっと無茶すぎんかの?」

久「それくらいしておかないと彼を腐らせることになるでしょう?」

まこ「だったら他の方法もあったじゃろに…」

久「きっと別ブロックの有力校はシード校になると思うの、つまりね」

まこ「つまり?」

久「須賀くんが多少しょっぱい対策を練ったとしても、全国に行く以上シード校の対策は既にある程度あるわ」

まこ「あまりにも京太郎が不憫じゃろ…」

久「そうじゃなくて、須賀くんが何か報告さえしてくれれば、彼のおかげで対策も取れるって形になるの、むしろ彼の面子を立ているわ」

まこ「なんつーか、怖い女じゃ。わしですら寒気がする」

久「褒め言葉として受け取っておくわね」ニッコリ


京太郎(聞いてしまった…)

京太郎「うわぁ~ショック、なんてことはないですね!その分みんなを見返してやれるんだから!」

  • 回想終了-

菫「まぁ…なんだ…ご苦労なことで」

京太郎「だから白糸台部長の弘世菫さんをつけて来たんです!」

菫「確かに動機もわからんでもないし、気持ちはわかる。だからといって他校の偵察を受け入れるほど甘くはない」

菫「今日の出来事はなかったことにするから、素直に帰るんだ」




京太郎「お断りします!」

菫「あのなぁ…赦してやるから素直に引き下がれって言ってるんだぞ?」

京太郎「弘世さんの言うことは確かに尤もですが、清澄麻雀部員としてこの機を逃すつもりは毛頭ありません!」

菫「清澄…というと、君は長野の高校の子か」

京太郎「はい、今年初出場なんですよ」

菫「つまり大会本部に清澄の部員が云々と言えば解決できると」

京太郎「えっと…それは…」

菫「世辞じゃなく君の気持ちはわかる、だから何もなかったことにしたい。それじゃ駄目なのか?」


京太郎「これは清澄麻雀部員としてではなく男としての須賀京太郎の問題なんです」

京太郎「ただ俺一人のプライドのためにあなたたちの弱点をリサーチします!」

菫「えっと…須賀君でいいか、そこまで正直だと逆に好感が持てる、だが私も白糸台の部長としてのプライド…」

照「菫、何やってるの?」

菫「あ、照かちょっと面倒なことに巻き込まれてな」セツメイセツメイ

照「じゃあ二人から意見を聞いて、私が判断する。それでいい?」

菫「ああ」

京太郎「大丈夫です」


  • 説明タイム終了-

照「なるほど、判断をする前に京ty…須賀くんに少しの質問と要望、大丈夫?」

京太郎「はい」

照「本当にどうしても私達のリサーチがしたい?」

京太郎「はい!」

照「そのために何でもしてくれる?」

京太郎「何でもしますから!」

照「じゃあ、一局打って、ちょうどここにカード麻雀があるから」

菫「?」


照「ほら、菫も入って、二人じゃ流石に退屈」

菫「あぁ…」

照「せっかくの出会いを祝して半荘で、よろしく」

京太郎「よろしくお願いします!」

菫(意図がわからないが…まあ考えあっての事だろう)

京太郎「うぅ…断トツ最下位…」

菫「言うまでもなく照の独壇場だったな、で、照の判断とやらは?」

京太郎(どう見てもダメだよなぁ…今の対局から何かわかることは…)

照「他レギュラー達に紹介してあげる、今から時間ある?」

菫(…え?)

京太郎「…」ポカーン

京太郎「あ、あります!」


照「ん、でも流石に夕食後のほうがいいかな、この時間にまたここに来てくれる?」

京太郎「はい、では一旦失礼します」タタタッ

菫「…どういうことだ?」

照「ただの気分のせい…」

菫「そんな訳あるか、正直に言え」

照「京ちゃんは菫に一回も振り込んでなかったこと気付いてた?菫が狙い打とうとしてたのに」

菫「言われなくても…そんなことわかっている」

照「正直狙い撃ちをする菫への対処法は私にもわからない、きっと京ちゃんは何か菫への対策はとれていたと思う」

照「その対策を研究して、それを対策して私は菫に全国で活躍して欲しい、それじゃダメ?」

菫「…ダメじゃない、わかったよ。ありがとう、照」

照「どういたしまして」


  • 夕食後-

京太郎「ちょっと早く来すぎたかな、自販機でアイスコーヒーでも…っと」ガシコーン

菫「なんだ、早いな」

京太郎「弘世さん、こんばんは」ニコッ

菫「あぁ…こんばんは」

京太郎「弘世さんが案内をして頂けるのですか?」

菫「いや、照…じゃない、宮永がここに来ると言っていた。さっき照と言っていたカード麻雀を一緒にやった奴だ」

京太郎「流石に偵察する相手のフルネームくらい把握してますから、自分の前で照って呼んでも通じますよ、菫さん?」

菫「ま、まだ知り合って間もない女性に対して下の名前でだな…」

照「あれ、菫もいたの」

菫「照が迷子になったらアレだから先に着ておいた」

照「…」ムーッ


照「そこまで方向音痴じゃない、心外」

菫「すまなかったな、じゃあ行こうか」

京太郎「今日はよろしくお願いします」ペッコリン

菫「で、どこでみんなと顔を合わせるんだ?」

照「え?ホテルでしょ」

京太郎「!?」

菫「だ、男女がホテルの同室など…は、破廉恥にもほどが……//」

照「ただ私達の麻雀の練習風景の見学でしょ、他に破廉恥な要素はない、むしろ破廉恥な要素はあった?」

京太郎「確かにそうですが…人目が…」

照「さっき何でもするって言ったでしょ、京ちゃん」

京太郎「確かに…って、まさか照さんって…」

照「やっと気付いた?積もる話は後で」


渋谷「渋谷です…よろしく」

亦野「君が須賀くんか!亦野だ!よろしく頼む!」ガシッ

京太郎「はは…よろしくお願いします」

淡「私は大星淡、同い年だし私は京太郎って呼んじゃうね、京太郎も淡って呼んじゃっていいから!」

京太郎「えーと、よろしくな、淡」

照「自己紹介は済んだ?じゃあ…」

菫「その前に一つ質問いいか、照」

照「構わない」

菫「なんで私の部屋が集合場所なんだ!」

照「多数決…」ボソッ


渋谷(正直私は乗り気じゃないし…)

亦野(私の部屋の軍備を見られる危険に晒すなんて言語道断!)

淡(別に部屋は綺麗だったけど、面白そうだったから片付いてないことにしちゃったし)

菫「お前ら…部屋はある程度整理しておけと…」

照「京ちゃん、さっそくだけど、私達の中に入って打つ?それとも外野で見学する?」

京太郎「えっと…」

菫「せっかくだ、入って行け、もし牌譜が欲しいなら後で寄越すから」

京太郎「ありがとうございます、ではよろしくお願いします」

淡「じゃあ私も入るねー!」


渋谷亦野「「…」」ジー

京太郎(そんな見られるとやりにくいな…)

京太郎「ではよろしくお願いします」

菫(私の弱点…今ここで見極めなければ…!)

照「事情は言ってあるけど、みんな偵察だからってわざわざ打ち方を変えないで」

照「偵察されて得たデータ如きに負けるような白糸台とは私は思ってない、安心して」

照「悪いけど少しの間、一人の人間のプライドのために付き合ってあげて」

京太郎「すみません、照さん…」

京太郎(どんな惨めでも俺は勝ってみせる…!)

淡「じゃ、やるよー!」


京太郎「また…焼き鳥のまま最下位…」

菫(また…狙えなかった…!)

淡「京太郎ちょっと弱いよ、もっと頑張ってくれないとつまんない!」

京太郎「悪い、きっと弱いから偵察なんて負かされてるんだな…ハハッ」

淡「もう少し京太郎が強くならないと偵察としての意味もないよ?もっと上達してからにしたら?」

京太郎「正論だけど…今日一日だけだし…」

照「いや、二日目以降も構わない」

京太郎「えっ?」

照「さっき言ったとおり白糸台は偵察された程度で負けないし、京ちゃんが来てくれるのはこちらにもメリットがある」

京太郎「では…またお邪魔しても…?」

照「大丈夫、気にしないで」


淡「じゃあ次回までに淡が麻雀教えてあげよっか?白糸台はシードで暇だし」

京太郎「じゃあ淡に頼もうかn」

菫「もしよければ私にその役目を譲って貰えるか、淡?」

淡「んーいいよ!菫がどうしてもって言うなら!」

菫「そんなこと言ってないだろ!」

淡「あー照れてる菫可愛い」

菫「馬鹿言え!」

渋谷「…」ズズー


照「もう夜も遅いし、そろそろお開きにして京ちゃんを帰すよ」

亦野「はい!これが牌譜だ!今日はご苦労だった!」

渋谷「…また」

淡「まったねー!」

菫「え、えーっとだな君に麻雀を教えるにあたって連絡先が欲しい」

京太郎「ええ、いいですよ」ポチポチ

菫「じゃあ、明日の朝頃連絡するけど、返事できるか?」

京太郎「はい!わざわざありがとうございます!今日は失礼します!皆さんおやすみなさい!」

照「道がわからないだろうから、私が送ろうか」

京太郎「正直道がわからないんで助かります」

淡「京太郎ー!テルーに手を出すなよー!」

京太郎「出さないって、では」ガチャッ


  • 道中の公園にて-

照「昔話代なら120円でいい…」

京太郎「相変わらずちゃっかりしてますね…アイスティーでいいですか?」

照「ありがとう。それと敬語やめて、他人行儀は嫌」

京太郎「だって、最初は照さんって気付かなかったし」

照「そんな変わったつもりはない…」

京太郎「いや、やっぱり変わったよ、より可愛くなってる」

照「あ、ありがとう…」カア…

京太郎「で、照さん…」

照「いいよ、本題に入っても。真剣な時の京ちゃんの表情はすぐわかる」



京太郎「流石にわかるかー、えっと…」

照「咲のこと…でしょ?」

京太郎「…」

照「そういうときの沈黙は肯定を表す。言いたいことはある程度わかるけど無理だから、ゴメンね」

京太郎「でも咲は照さんに会いたいって麻雀を再開して!」

照「やっぱり今傍にいる分、京ちゃんは咲派なんだ」

京太郎「そういうわけじゃ…」

照「言い方が酷かった。ゴメンね」


京太郎「いえ…別に」

照「きっと京ちゃんのことだから、二人を中立的な立場から和解させたいのはわかる」

京太郎「なら…」

照「そのことは咲が私に勝たないと、お互い納得できない。道理が通ってないけど、姉妹喧嘩なんてこんなもの」

照「道理がないからこそ、解決策は単純。力を示せばいい、そこに綺麗な合理性はいらない」

京太郎「…それが団体戦での勝利でも?」

照「当然、白糸台を舐めないで。まあ、勝てたらの話だけど。だから京ちゃん、私達の仲直りの為に偵察頑張ってね」

京太郎「そういうことか…なら完膚なきまでに俺の偵察力をもって叩き潰すから待ってろ!」

照「うん、待ってる」ニコ…


  • 菫の部屋-

淡「スミレー♪」ニヤニヤ

菫「な、何だ気持ち悪い」

淡「いやいやー、京太郎に惚れでもしたの?先生に立候補なんて柄にもないじゃん」

菫「いや、彼は私の狙い撃ちを完全に回避してきた、彼の先生役をやる内にその理由を見つけたい」

淡「ふぅ~む、なるほどなるほど~」

渋谷「…」ズズー

亦野「ああ、菫先輩にも今日の牌譜です、どうぞ」

菫「牌譜を見ても全くわからん…淡、何かこれを見て心当たりはないか?」

淡「まったくもって!」

菫「はぁ…答えは明日以降か…」


  • 翌朝-

京太郎「朝かー、今日はAブロックの試合だったっけ…注目校はどこだっけ…」ユゥガッタメイル

京太郎「メール…って弘世さんか、えっと」

From 弘世 菫さん『昨日の夜の待ち合わせ場所に11時頃で大丈夫か?』

京太郎「『おはようございます、その時間で大丈夫です。本日はよろしくお願いします』送信っと」prrr

京太郎「もしもし?」

咲「おはよう、京ちゃん?朝からゴメンね?もし暇ならAブロックの試合見に行かないかな?」

京太郎「悪い、部長から野暮用頼まれてて行けそうにない、和達とでも行ってくれ」

咲「じゃあ和ちゃん達と見に行くね、京ちゃん。いつもご苦労様、ありがとう」ピッ

京太郎(いかなる理由であれ嘘は気が引けるな…まあ支度しないと)






  • 11時頃-

菫「遅いぞ、どれだけ待たせる気だ、もう10時50分だろ」

京太郎「すみませんでした…」

菫「先に言っておくが私は基本的に15分前行動を心がけている、留意しておけ」

京太郎「はい…ところで」

菫「なんだ?」

京太郎「その服お似合いですね、大人って感じがして美人オーラが出て」

菫「そ、そういうのはやめてくれ…!自分が設定しておいて悪いが中途半端な時間だし指導は昼食を済ませてからでいいか?」

京太郎「大丈夫ですよ、何にしましょう?パスタにします?それとも…」


菫「須賀くんに任せるとは言ったが…」

京太郎「えーと、何か不満でした?」

菫「正直に言うと、店を選ぶセンスがいい。こんなに落ち着けるカフェで不満になる訳がない」

京太郎「ありがとうございます、正直ホッとしました。弘世さんの好みに合うかどうか不安で…」

菫「割と合ってるから安心しろ…で」

京太郎「はい?」

菫「注文は決まったか?」

京太郎「じゃあ、ハムサンドと食後にホットで」

菫「っと、私はBLTサンドにしたいのだが後で一切れ交換しないか?どんなものか気になる」

京太郎「こちらこそ、喜んで。…店員さーん!」




店員「お待たせいたしました、BLTサンドとハムサンドです」

店員「召し上がりましたら食後のコーヒーお持ちしますので、お知らせください。ごゆっくりどうぞ」

京太郎「じゃあ、頂きます」

菫「頂きます」

菫「ん、おいしい…」

京太郎「えっと、一切れ頂いていいですか?あまりに美味しそうなんで」

菫「あぁ、大丈夫だ。ほら、あーん」

京太郎「あーん…って、弘世さん!?」

菫「こ、これはだな照とか淡とかにあげる時の癖で、カ、カップルがやるようなあーんの意図はなくてだな…その…ちが…」

菫「…!ちょっと席を外す…」


菫「ふぅ…食後のコーヒーは落ち着くな…」

京太郎「両方とも美味しかったですね、おいしいコーヒーもありますし、何か甘いものでも頼みません?」

菫「私は須賀くんと同じ奴でいい、さ、さっきの反省を生かしてだな」

京太郎「じゃあブラウニーでいいですか?」

菫「構わない」

店員「ではこちらブラウニーです、ごゆっくりどうぞ」


菫「ご馳走様でした」

京太郎「ブラウニーも美味しかったですね」

ブブブブ

菫「ん?すまない電話みたいだ、ちょっと席を外す」

京太郎「はい、お構いなく」

菫『もしもし?』

淡『やっほー!スミレー!上手くやってるー?』

菫『淡か…』


淡『いくら男の子と出かけた経験がないからってパニクっちゃダメだよ、へーじょうしん、へーじょうしん』

菫『何の話をしているんだ』

淡『誤魔化さなくていいよ、通話時間もったいないし』

菫『わかった、須賀くんと一緒にいるのはお見通しと言う訳か、で、何の用だ?』

淡『さっきも言ったじゃん、へーじょうしんが大事だって』

菫『それだけか?』

淡『それだけだけと、へーじょうしんだよ!』

菫『…切るぞ』プッ


菫(平常心って言ってもそのおかげでさっきは恥をかいたんだぞ…)

菫(むしろ平常心ってなんだ、普段意識しないから全くわからんぞ…)

菫(それでもさっき、恥をかいたのは平常心を失っていたというのも大いにありうる)

菫(平常心平常心平常心…ああゲシュタルト崩壊してきた)

菫「す、すまない、待たせた」ギクシャク

京太郎「大丈夫ですよ」

菫「そろそろ出ようか、指導する時間がなくなるしな」

京太郎「そうですね、じゃあ出ましょう」

菫「えっと会計は…」

京太郎「ああ、もう会計は済ませておきましたよ」


菫「えっ?そ、それは申し訳ないから私の分は出す…」

京太郎「今日の授業料ということで受け取ってください、むしろこうでもしないと俺が申し訳ないですよ」

菫「なんだ…その…ありがとう…」

京太郎「すごく今更ですがどこで指導をして貰えるんですか?」

菫「えっと…だな…その…ネットカフェでネトマを打ちながら添削しようとは思ってたんだが…」

菫「公共の空間ゆえ声を出しにくい…から…」

菫「わ、私の部屋でやるぞ!」



  • 菫の部屋-

菫(平常心…平常心…)

京太郎「お邪魔します」

菫「パソコンの用意するから少し待っててくれ、とりあえずネトマを打ってもらって添削する、さっき言った形でいいか?」

京太郎「はい!よろしくお願いします!」

菫「そこでだ、私が隣からすぐ口出しできるように牌を切る時に理由などを可能な限り話しながら打ってくれ」

菫「集中が途切れるだろうが、時間も限られているしな…よし立ち上がった、ほれ」

京太郎「はい…その…マウスカーソル可愛いですね」カタカタ

菫「こ、こう見えて、ネコが好きだからいいだろ!…それはさておき指導を始めようか」


  • 30分後-

京太郎「テンパイ即リーワーイワーイ」

菫「トップだしリーチのみの手より手代わりでタンピン期待のダマでいくべきだろ…」

京太郎「そうですかね?」ロン!

京太郎「あー捲くられてる」

菫「あのなぁ…」

菫(どう見ても素人の中でも酷いレベルじゃないか…これは)

菫「一旦やめにして、牌譜を検討しよう、あと基礎的な理論も今叩き込む」


菫「正直基礎的な理論は口で説明するよりサイトを見たほうが早い」カタカタ

京太郎「はあ…」

菫「飲み物買ってくるからその間にそのサイトを…えーっとここだ、ここを全部読んでおく事」

京太郎「わかりました」

菫「須賀くんの分も適当に買ってくるけど何でもいい?」

京太郎「大丈夫です、ありがとうございます」

菫「じゃあ、少し行って来る」ガチャ


菫「早く読んだとしても30分ほどかかるだろうし、少し時間を潰すか…」

亦野「菫先輩、お疲れ様です。例の子はどうですか?」

菫「悪い意味で想像以上だったよ…」

亦野「それはご愁傷様です」ハハ

菫「他人事みたいに言うな、巻き込むぞ」

亦野「謝りますから冗談はやめて下さいよ、そうするとより不思議ですね」

菫「何が?」

亦野「彼が菫先輩に絶対に振り込まないことですよ、きっと彼がわかりやすいアナログの癖でも捉えたのですかね」

菫「私にそんな癖あったか?」

亦野「いえ、私にはわかりません。これはただの仮説ですし冗談程度に聞き流してください。では!」


  • コンビニ-

菫(確かに須賀くんの昨日の牌譜と今日の打ち筋と大差はないし…誠子の仮説が正しいのか?)

菫(もしアナログ的な癖があるとしたら矯正しなければ…マズいだろうな)

菫(かといってそんなもの自分でわかる訳ないだろ、本人に直接聞くか…?)

菫(はぁ…こんな状態で大会に出て大丈夫か…)

菫「って、考えてたらかなり時間が経ってるじゃないか、お詫びになんか甘いものも買って…」

菫「急ぐか」


菫「ゴメン、色々あって遅れた。本当に申し訳ない」

京太郎「…zzz」

菫「なんだ寝てるのか…ちゃんと最終章まで目は通したようだな」

菫「淡が昼寝していたときより幸せそうに寝てて、起こしにくい…」

菫「自分でもキャラじゃないと思うのだがな…冷房つけっぱなしだし風邪引かれても後味が悪いし、一般道徳としてだな…」ファサ

菫「って、私は誰に言い訳しているんだ…」

菫「やれやれ…」


菫「そういえば牌譜の検討、し損ねたな…」

菫「っと、本当に私の柄じゃないんだが…」カタカタ

京太郎「…zzz」

菫「アメを与えるのも大事だしな…」カタカタ

菫「かと言って、ムチを寄越すってほど厳しくするつもりはないがな…」ハッ

菫「独り言が過ぎたな、作業に集中しよう」カタカタ


京太郎「んー?」ムニャムニャ

菫「おはよう須賀くん、よく眠れたか?」

京太郎「えっ、俺まさか…」

菫「寝てたぞ、全力で」

京太郎「あ、あの…すみません」

菫「構わない、きっと疲れが溜まっていたのだろう、疲労した身体に指導は無意味、無理はせずちゃんと休め」

京太郎「はい…」

菫「だから気にするなと言っただろ、これ牌譜に対しての私のコメントだから参考程度に…」

京太郎「ありがとうございます!」ガシッ

菫「ひゃっ!てっ、手をいきなり握らないで!」

京太郎「ご、ごめんなさい、つい…」

菫「わ、わざとじゃないなら構わないから…さっきのネトマの牌譜を見ながら解説する、いい?」

京太郎「はい!」


菫「その前に君に買ってきた飲み物とお菓子がある、それで眠気を覚ましてくれ」

京太郎「ありがとうございます…ってえぇっ!」

菫「ど、どうしたんだ?」アセアセ

京太郎「オランジーナは最近一番好きな飲み物なんですよ!」

菫「な、ならよかった、じゃあ始めるぞ」

京太郎「よろしくお願いします」

菫「じゃあ東二局のこの場面から…」

京太郎「あっ、なるほどなるほどなるほど~」


  • その少し後-

菫「解説は不慣れだけどわかって貰えた?」

京太郎「十二分ですよ!そこらへんのサイトより何倍もわかりやすかったですよ!」

菫「あ、ありがとう…」

京太郎「今までの事を踏まえてネトマでもう一局打ってみたいんですが、大丈夫ですか?」

菫「ああ、構わん、成長した証を少しくらい見せてくれよ、そうじゃないと、私が報われんからな」ニヤッ

京太郎「プレッシャーかけられると困りますよ…」

菫「お、マッチングしたか、今回は何も喋らずに君の自由に打ってくれ」

京太郎「はい、…この初手ならこう動くべきかなー」


京太郎「うあ…二着かー、菫さん、ゴメンなさい…」

菫(いや…これは…もしかして…)

菫「いや今回はトップのツモが良過ぎた、君の打ち方自体は悪くなかった」

京太郎「世辞でも嬉しいです、これも菫さんのご指導のおかげです!」

菫「少しでも上達してくれて私も嬉しいよ、指導した甲斐がある」

京太郎「そうでしょうか?」

菫「少しくらいは自信を持て、自信がない打ち筋はジリ貧になりやすいからな…」

菫「君に基本的な指導をすることで、私も初心に帰れた、例を言う」

京太郎「こ、こちらこそお礼をイワナ…」

菫「例なら実践で打った後に言ってくれ、じゃあ、行くぞ」




菫(何か引っ掛かることがあったけど…まあ、いいだろう…)

菫(わざわざ気にすることでもないし、むしろ…)

菫「流石に焼き鳥は勘弁してくれよ、教師役の私が何をしていたか疑われる」

京太郎「はい…!」

……

淡「やっほー!」

照「どうも…」

京太郎「俺の成長、見せ付けてやりますよ!」



  • 半荘後-

淡「あんな大口叩いた割にトばれるとかえって反応に困るよー」

京太郎「…」

照「まあ…残念だけど予想通り」

菫(結局須賀くんからまたロンあがりできなかった…)ズーン

京太郎「今日はありがとうございます、勉強になりました」

淡「まあ、勉強されるべきな私達だしね」ドヤッ

菫「アホかお前は…」


照「じゃあ遅いしそろそろお開き…」

京太郎「では失礼します、今日はありがとうございました!」

照「帰り道の案内いる?」

京太郎「二回目なんで、大丈夫です、お気遣いありがとうございます。では、失礼します!」

菫「ああ、またな」

淡「じゃーねー!おやすみー!」

照「気をつけて…」

京太郎「みなさんおやすみなさい!」ガチャッ


淡「ねーテルー、一つ聞いていい?」

照「どうぞ」

淡「今更だけど照と京太郎ってどんな関係なの?元恋人だったり?」ワクワク

照「そんなことはない、ただの長野にいた時の旧友だ」

菫「ただの旧友にしてはやけに仲良くないか?」

照「私は友人が少ないから、数少ない友人を大事にするのは当然…」ドヤァ

菫「そのなんだ…すまないことを…」

淡「テルー、可哀想!私はいつまでもテルーと仲良しだよー!」ガシッ

照「あ、ありがとう淡…ちょっと…苦しいから…離して、あ、菫はその哀れむ目を止めて」


  • 翌日-

京太郎(菫さんのおかげで何か掴めた気がする)

京太郎(ああ、ここでこう打った理由が自分でもわかるな)

京太郎「少しは成果が出た…のかな」

咲「京ちゃん、ボーっとしてどうしたの、会場に行くよ」

京太郎「ああ、悪いな」

咲「私、一回戦から活躍するから見ててね!」

京太郎「おう、頑張ってこい」

京太郎(早く何か、Aブロック側の対策を立てないとな…)

京太郎(実際、対策する時間はかなり限られてる、時間を無駄にできない)


  • その後-

咲「出番がなかった…」

京太郎「ま、まあ落ち込むなよ。とりあえず一回戦突破おめでとう」

咲「ありがとう、でも早いうちに全国の舞台で打ってみたかったよ」

京太郎「まあ咲なら強ければ強い相手のほうが緊張せずに楽しんで打てるだろ?」

咲「もう、少年漫画の主人公みたいに言わないでよ…」

京太郎「二回戦の活躍楽しみにしてるから、頑張れよ」

咲「うん頑張る!」


  • その日の夜-

…プルルル

菫「もしもし?」

京太郎「もしもし、弘世さん?どうかしましたか?」

菫「いや、清澄の一回戦突破のお祝いだ、おめでとう」

京太郎「はは…自分は全く力になってませんがね…」

菫「まあこれで私達Aブロックの対策がより必要になったわけだ、頑張れよ」

京太郎「はい」

菫「明日は白糸台の試合がある、試合を見て対策があるなら練ってみせろよ?」

京太郎「ど、努力します」

菫「せいぜい頑張れよ、じゃあな」


京太郎「あっ!ちょっとまっ…」

菫「どうかしたか?」

京太郎「ちゃんと明日は勝って下さいよ?俺が編み出した弘世さん対策が無駄になるので」

菫「え、私対策って具体的になんなん…」

京太郎「明日はお互い早いですし失礼しますーおやすみなさい」


菫「…切られたな。私対策がどうとうとか言ってたけど本当に具体的な策でもあるのか?」

菫「もういい、今度須賀くん本人に直接聞こう、明日さえどうにかすればいいんだ」

菫「で、今度っていつだ?…まぁいい、寝るか」


Aブロック二回戦終了後とある公園

京太郎「今日は二回戦突破おめでとう、今までの礼をこめて差し入れもって来た!是非みなさんで」

照「ありがとう、甘いものは本当に助かる」

京太郎「そういえば今日は他のみなさんは?」

照「疲れたみたいで部屋で個別に休んでる、体調管理もレギュラーの仕事のうちだもの」

京太郎「じゃあ照さんも休まなくて大丈夫なの?」

照「大丈夫、私は先鋒だから。体力的には大丈夫」

京太郎「ならいいんだけど…」

照「じゃあせっかくだし120円で昔話、いいかな?」ニコッ


照「今日は楽しかった、遅くまでありがとう。帰り道に気をつけて」

京太郎「それ普通は男が言うセリフじゃないかな…」

照「普通は、ね」

京太郎「あー悪かったよ、帰り道には気をつけさせて頂きますよー」

照「じゃあ、バイバイ」

京太郎「照さんも気をつけてー」


京太郎「弘世さんにはさっき直接祝おうと思ったけど、いなかったら仕方がない、メールでっと…」

京太郎「流石にこの時間はまずいか、明日の朝にでも送るか」


  • 菫の部屋-

菫「…」

菫(…どう考えても祝辞の一つ寄越さないのは失礼だろ!世話になっておきながら!)ソワソワ

淡「すみれー、ほら、落ち着いてー。どーどーどー」

菫「おい、動物扱いするな」イラッ

淡「人間だって立派な動物だよ!つまり菫も動物!よーしよしよしよし」ワシャワシャ

菫「ちょっ…やめ…」

淡「イライラしても何も解決しないよ、もっと大雑把に行こうよ」

菫「なにを言って…」

淡「菫は真面目だから可愛がりようがあっていいよねーってこと」ワシャワシャ

菫「やめろって…あぁもう!」



淡「菫、ケータイ借りるねー、京太郎に電話するー」

菫「はぁ?今何時だと」

淡「菫は真面目だなぁ、もっと大雑把に行こうって言ったばっかりなのに」

prrr

京太郎『もしもし、弘世さん?』

淡『残念、淡ちゃんでした!』

京太郎『おう、淡か。とりあえず二回戦突破おめでとう、格好良かったぞ』

淡『でしょー、カッコいいでしょー。京太郎は見る目あるよ!』

京太郎『どーいたしまして、つーかなんで淡が弘世さんの携帯から?』

淡『やっぱり菫と話したいのー?しょうがないなー青春しちゃって!今電話代わるよー』

淡「はい、菫。どうぞ」

菫「えっ」



淡「ほら、電話の向こうで京太郎が待ってるよ。早くしないと」

菫「わ、私が電話に出る必要もないだろ」

淡「京太郎を待たせたままにするほど菫は礼儀がないなんて、ガッカリだよ」

菫「いや…そうじゃなくて」

淡「いやいや、そうだよ。普段人に礼節を説く人間がすることとは思えないよ」

菫「あー、もう電話に出るから黙ってろよ!」

淡(菫は扱いやすくて可愛いなぁ!)


菫『も、もしもし…?』

京太郎『もしもし、弘世さん。遅れましたが二回戦突破おめでとうございます』

菫『まあ当然の結果だが、ありがとう』

京太郎『…』

菫『…』

京太郎『今日は弘世さんもお疲れみたいですし、お祝いだけさせてもらって早めに失礼させていただきます。お休みなさい』

菫『ああ、お休み。そちらも頑張ってくれ』

京太郎『ありがとうございます、では』

ツーツーツー

淡「何この糖分が全くない会話は!やる気あるの!」

菫「会話にやる気ってなぁ、淡…」


淡「やる気ないなら自分の部屋に帰れ!」ビシッ

菫「いや、ここ私の部屋だし」

淡「そうやってツッコミできるならなんで京太郎と会話のキャッチボールをしないのさ!」

菫「その…してだな」ボソボソ

淡「え?」

菫「緊張してたんだよ悪いか!私だって人間だぞ!」

淡「じゃあもう一回電話しようよ、諦めたらそこで試合終了って偉い人も言ってたしねー」prrr

菫「ちょっ、待て少しは猶予期間をだな…」

淡「はい」

菫「は?」

淡「もう繋がってるよ」


菫『もしもし?須賀くん、淡が迷惑を掛けて申し訳ない』

京太郎『構いませんよ、迷惑と思っていませんし』

菫『その…なんだ、迷惑じゃないならまた電話しても大丈夫か?大会中は心労が積もって仕方がない、愚痴でも聞いてくれ』

京太郎『今までのお礼もありますし、清澄の試合中じゃなければいつでも大丈夫ですよ。』

菫『ありがとう…またの機会に電話する、じゃあ本当にお休み』

京太郎『お休みなさい』

ツーツーツー

菫「ふぅ…これで満足したか、淡?」

菫「って、なんでこういうときだけ無駄に空気読んで席を外す…」


  • 準決勝終了-

菫「お疲れ様。決勝進出、やったな」

照「当然のこと、むしろ決勝以外眼中にない…」

淡「というか私がいれば宇宙単位で敵なしだしね!」


菫「はいはい、そうだな。じゃあ帰るぞ」

淡「うー、ノリが悪いよー」

照「流石に凹む…」


  • 菫の部屋-

照「やっほ」

菫「何しにきたんだ」

照「数少ない友人との交友を深めに」

菫「…そうか」

照「…流石の菫でも決勝の前は緊張してる?」

菫「そりゃするさ、私だって普通の女子高生だぞ」

照「面白いジョーク…」

菫「照の好みに合って良かったよ」イラッ

照「私は菫を信頼してる、だから緊張する必要はない。菫のミスくらい簡単に取り返せる」

照「だからそんな表情しないで」


菫「なんというか…お前がそういうこと言うと違和感あるな…」

照「…心外」

菫「悪かった、じゃあ明日は優勝しよう!」

照「もちろん」


prrr

照『やっほ、京ちゃん。私達に勝てそう?』

京太郎『正直余裕だよ、相性で8:2くらいかも』

照『それは楽しみ、ところで一つ質問いい?』

京太郎『?』

照『京ちゃんがやってた、菫対策、ヒントだけでも教えてくれる?純粋に興味がある、もちろん菫達には黙っておく』

京太郎『んー、恥ずかしいから、秘密で』

照『何それ…まあ大会終わったらちゃんと聞かせて。最後に一つ』

照『勝ってね』

京太郎『頼まれなくても』プツッ


決勝戦当日

久「正直驚いたわ、阿智賀一校だけでもこんなに綺麗な対策を示してくれるなんて」

京太郎「いえそれほどでも…」

久「やっぱり白糸台のはないの?あれば期待したいけれど」

京太郎「さすがに去年の優勝校は部長がきっとすでに対策立ててるかなーて、阿智賀に研究時間を注ぎました」ハハハ

久「そう…残念ね。でもこの濃度のデータなら一校でも十二分よ、ありがとう」

京太郎「白糸台に手をつけてなくてすいません…」

久「想像通り白糸台は対策を練ってあるから安心しなさい!」

久「…じゃあ、みんな!勝つよ!」


照「ほら、菫。何か一言」

菫「…ゴホン」

菫「私達は勝って当たり前だ、今更何も言う必要はない」

菫「だが敢えて宣言する、皆の者、勝つぞ!!」

シーン

菫「えっ」

照「菫が昨日一時間くらいかけて考えたセリフなんだからみんな乗ってあげて…」

菫「そんな長く考えてもないし、お前も乗ってなかったじゃないか!」

照「まあ、場も和んだところで、頑張っていこう」


基本的に試合は染谷さんがキンクリしてくれました

照「負けちゃったね…」

淡「み、みんなゴメンね…私が…私が…」

照「いいのいいの淡は悪くない…」ヨシヨシ

菫「それでも準優勝だから、恥じることはっ…」

照「菫も泣かないの、決勝で一番頑張ってたでしょ」

照(本当に負けるとは思ってなかったから驚嘆の感情のほうが強いなぁ…)

prrr

照『もしもし。ん、約束通り顔を出す。時間はまた連絡して』

照『あとさ』

照『ゲスト呼んでいい?』


  • とある公園にて-

京太郎「こんばんわ、照さん」

照「…」

京太郎「変な話だけど、ここで仲直りして欲しい、約束したよね?」

照「構わない」

咲「お姉ちゃん…」

照「咲…久しぶり、優勝おめでとう」

咲「お姉ちゃん!」ダキッ

京太郎「あれ?想像してたのよりスムーズすぎ…」

照「喧嘩こそしてたけど、仲自体は悪くないから…」ナデナデ

咲「…そうだよ、京ちゃんはどんなのを想像してたの?」

京太郎「まぁ…いいか」

照「ところで」


照「白糸台の対策見事だった、あれは京ちゃんがやったの?」

京太郎「いや、俺は白糸台についてはノータッチだよ、卑怯なことしたくないし」

咲「…?」

照「ゴメン、咲しばらく静かにしてて後で事情は話すから」

京太郎「というか、本当に俺じゃ対策は取れなかったってのが実情かな」

照「あれでも、菫は完全に京ちゃんが対策取れてたよね?」

京太郎「それは…えーっと」



照「正直理由は察するけど、今ここで言葉にして吐いて」

京太郎「いや…菫さんって美人じゃないか…その」

京太郎「あんな可愛い人と対局したらさ、視線とかより敏感に感じるっしょ…」ゴニャゴニャ

照「本当にゴメンね、咲」ギュッ

照「京ちゃん、悪いけどグダグダ言わず簡潔に纏めて。私の意図を察して」

京太郎「…なら一目惚れして対局中も全神経が菫さんに向いてたからと言えば満足か」

照「うん、満足した」

照「だから咲、諦めようね?私も諦めるから」

咲「お、お姉ちゃん…!」

照「ゲストはお約束通り後ろにいるから、後は頑張ってね」ニッコリ


菫「わ、私が全力で癖があるのかとずっと悩んでいたら…そ、そんなオチか」

京太郎「…ごめんなさい」

菫「どれだけ塞ぎ込んでたかも語ると一日を越えるんだぞ…睡眠時間も減ったし…」

京太郎「…本当にすみませんでした…!」

菫「あーもう!だ、だからだな、怒ってはないから!」

菫「君から私になしかしら直接的な言葉とか、行動が欲しいんだ」

京太郎「じゃあお言葉に甘えて…」ダキッ

菫「ふぇっ?」

菫「で、な、何の真似だ」

京太郎「えっと…その…」

「付き合ってください」

カン