京太郎「クリスマスもだいぶ近づいてきたなぁ」

和「そうですね。 今年は早かったです」

京太郎「毎日が充実してたってことかね」

和「そういうこと……なんですかね?」

京太郎「俺も結構早かったかな?」

京太郎「部長にこき使われてる時は時間が長く感じたけど」

和「くす、部長に聞かれたら怒られてしまいますよ」

京太郎「うわっと……、内緒にしといてくれよ」

和「どうしましょう」

京太郎「のーどーかー!!」

和「ふふ」

京太郎「まったく……」

和「それはそうと宮永さんとゆーき遅いですね」

京太郎「部長と染谷先輩もな」

和「なにかあったんでしょうか?」

和「須賀くんのほうにみんなからなにか連絡がありましたか?」

京太郎「いや、ないな」

京太郎「休みだったら連絡がくるはずなのに」

和「私のほうにも届いてません……」

和「なにかあったんでしょうか?」

京太郎「んー……、連絡し忘れとかじゃないか?」

京太郎「今4時45分くらいだから……、あと15分待って来なかったら帰るか」

和「そうですね……」

和「もう、連絡はちゃんとしてほしいです」

京太郎(ほっぺ膨らましてる……)


京太郎「テラカワユス」

和「え?」

京太郎「あ、いや! なんでも!?」

和「そう……ですか?」

和「なにか言っていたような」

京太郎「そ、そんなことないさ! あはは~……」

和「怪しいです……」

和「じとー」

京太郎「ん……、あー、いや……」

和「じ~」

京太郎「そのー……」

和「……ぷっ」

京太郎「!!」

和「ふふ、もう須賀くんったら、しどろもどろですね」

京太郎「あ、あのなぁ……、和にそんなに見つめられたら誰だってなるだろ!」

和「あら、そんなことありえませんよ」

京太郎「なんで」

和「……なんでだと思いますか?」

京太郎「あ、もしかして和は自分に魅力がないとでも思ってたり?」

京太郎「ちょちょちょ、ちょっとまて! それは自分を過小評価しすぎだ!」

和「え?」

京太郎「和は、その……、綺麗だし、かわいいし」

京太郎「勉強もできるし、頭の回転も早いし」

京太郎「優しいし、気遣いもできるし……」

和「あ、あの」


京太郎「ここだけの話、和はいろんな連中から好かれてるんだぜ」

和「……」

京太郎「それってかなり魅力的ってことだろ?」

京太郎「俺なんてそんなことになったことないぜ」

京太郎「だから、自分を卑下するな!」

和「あのー、須賀くん」

京太郎「どうした!?」

和「卑下だなんて、私別にそんなふうに自分のことを思ったことはないですよ?」

京太郎「へ?」

和「もちろん、自分に酔ってるつもりもないですけどね」

和「……その、褒めてくださったのは嬉しいんですけど」

京太郎「……」

和「慰めてくださってありがとうございます、須賀くん」

京太郎「ぬあああああああああ!!!」

京太郎「なんか俺恥ずかしいこと言っちゃったのか!?」

和「い、いえ!」

和「褒めてくださって悪い気はしませんから」

京太郎「はは……は」

京太郎「あれ? じゃあなんで『見られたら誰だって焦る』の回答が『そんなことありえない』ってなるんだ?」

和「もちろん、自分にそこまで魅力があるとは思ってもいないですけど」

京太郎「だからそれは……」

和「私の魅力云々ではなく、それとは別の理由ですよ」

京太郎「?」

京太郎「んん~?」

和「わかりませんか?」

京太郎「わからないな……」

和「あら、それは残念です」


京太郎「答えは?」

和「ふふ、知りたいですか?」

京太郎「そりゃ知りたいさ」

京太郎「答えのわからない問題ほどもどかしいものはないだろ?」

和「答えをすぐに知っても興醒めだと思いませんか?」

京太郎「考えても分からないなら答えをもらわないと先に進めないさ」

和「ふふ、確かにそうですね」

和「でもダメです」

京太郎「えぇ~!? そんな!」

和「さぁ、もう5時になりましたね」

和「帰りましょうか」

京太郎「お、おい! 結局本当に答えを教えてくれないのか!?」

和「わからないなら、次までの宿題ですよ?」

京太郎「答えられる自信がないなぁ……」

和「残念です。 それじゃあ満点はあげられませんね」

京太郎「いつか答えを教えてくれるのか?」

和「さぁ……? どうでしょう?」

京太郎「おいおい……」

和「気が向いたら、ですかね」

京太郎「自分で答え出せるように頑張るよ……」

和「応援してますよ?」

京太郎「せっかくだし一緒に帰るか」

和「……そうですね」

京太郎「あー、いや、嫌ならいいんだ」

和「いえ、嫌だなんてとんでもないです」

和「……エスコートおねがいしますね」

京太郎「……! あぁ、任せとけ!」

和「ふふ」


和(私が『そんなことありえない』と言った理由……)

和(だって、私が見つめるのはただ一人)

和「あなただけですから、ね?」

京太郎「?」


終わり



おまけ

竹井「いやぁ~、なんとももどかしかったわね」

染谷「青春じゃのう」

宮永「やっぱり京ちゃんといる時の原村さんは少し違いますね」

片岡「乙女のどちゃん最高だじぇ~」

宮永「京ちゃんもなんか一々焦って可愛かったですね~!」

竹井「うんうん! いいじゃない!」

竹井「やっぱり高校生はこうでなくっちゃ!」

染谷「それ言ってて寂しくならんか……3年生」

竹井「う、うるさいわね」

竹井「まこも気になってる人がいるならアピールしたほうがいいわよ?」

染谷「なかなか難しい話じゃなぁ」

竹井「まぁ今は自分の恋愛よりも……」

染谷「そうじゃな」

宮永「なんせ私たちは……」

片岡「泣く子も黙る……」

竹井・染谷・宮永・片岡「原村和を応援し隊!!」

宮永「そして~?」

竹井・染谷・宮永・片岡「須賀京太郎も応援し隊!!」

片岡「だじぇ!」

竹井「とはいっても、あそこまでお互い意識していたらねぇ……」

染谷「わしらが口を出す必要もなさそうじゃな」

宮永「私たちは邪魔しないようにするだけですね」

片岡「でもそれって……」

竹井「応援し隊の意味……」

染谷「ないじゃろな……」

竹井・染谷・宮永・片岡「……」

竹井・染谷・宮永・片岡「応援し隊、特に活躍することもなかったね!」

竹井・染谷・宮永・片岡「反省反省! てへ!」

終わり