咲「ねえ、お母さ・・・あ! いや。え、えっと、京ちゃん・・・」
京太郎「ん~? どうした咲」
優希「あれー? 聞いちゃったじぇ~! 咲ちゃん京太郎のこと間違えてお母さんって呼んじゃったな!」
咲「う、うん。うっかり・・・あはははは・・・」
京太郎「(こらこら咲。この事はまだヒミツなんだし、学校じゃ気をつけろって言っただろ)」
咲「・・・・・・もうヤダ!! こんなのおかしいよ!! もうヤダ!!」
優希「うお!? さ、咲ちゃんどうしちゃったんだじょ?」
京太郎「おい、落ち着け咲」
咲「おかしいでしょ! 一つ屋根の下に、同じ年の男女が一緒に住んでるのに!」
優希「へ? 一緒に住んで・・・?」
咲「京ちゃんは私に手を出すどころか、あろう事かお父さんと寝て!!」
優希「ええ!? ちょっと待って、話についていけないじぇ・・・」
京太郎「咲! それ以上言うのは・・・」
咲「もうヤダ!! もうヤダ!!! もうヤダあああああああ!!!!! 京ちゃんを殺して私も死ぬ!!」


ともきー「なーんて展開に」
純「・・・・・・とりあえず清澄に謝って来い」

名前:
コメント: