セーラ「きょ、京太郎……!?」チラ

京太郎「どうしたんですか? そんなドアのとこに隠れるみたいに……」

セーラ「いや、えと……うぅ」

京太郎「? 何かあったんですか?」スタスタスタ

セーラ「ちょ、く、来んな!」

京太郎「え……」


セーラ「い、いや、別に何でもないからそんな傷ついた顔せんといてーや」

京太郎「はぁ……そうですか」

セーラ「そうなんや! だから何も気にせんでええよ!」

京太郎「……ホントどうしたんですか? 何かあったんですか?」

セーラ「…………み、見ても何も言うなよ? っていうか気にすんなよ?」

京太郎「?? はぁ、まぁいいですけど……」

セーラ「ん、じゃあ……」ヒョコ


京太郎「なん……だと……」

京太郎(まてまてまてまて、落ち着け須賀京太郎。昨日までぺったんこだったセーラさんの胸が竜華さん以上のおもちになるなんてそんなオカルトあり得るはずがない! しかしこれは……)ゴクリ

京太郎「すばらっ!」

セーラ「~~見んなぁ!」バキ

京太郎「もぺっ!?」



セーラ「……すまん、殴ってもうて」

京太郎「いや、別にいいですけど」


セーラ「けどあれは京太郎が悪いねんで! 人のむ、胸ばっか見よってからに……」

京太郎「だから別にいいですって。それよりなんで、その、胸が……?」

セーラ「……普段はな、サラシ巻いとるんやけど。朝忙しくってな」

京太郎「……何故にサラシなんですか?」

セーラ「……ブラやと揺れて邪魔くさいねん」

京太郎「え、ブラっておもちを保護するためのものじゃないんですか?」

セーラ「いやそうやけど、その、なんちゅうか固定力みたいなもんが足りへんねよ」

京太郎(そりゃそれだけ大きけりゃな……)

京太郎「……すばらです!」ジー


セーラ「あ~もう!! 見んな見んなぁ!」

京太郎「ふふ、男は皆おもちという二つの山を追い求める登山家なんですよ」

セーラ「何わけわからんこと言うてんねん!? いいから俺の胸凝視すんのやめぇ!」

京太郎「だからこれは本能なんです。俺は悪くねぇ!」

セーラ「う~見んなよぉ、見んなってぇ~……」ジワ

京太郎「へ、あ、す、すいません!」

セーラ「うぅ……」ウルウル

京太郎「すいません、ホントすいません! 調子乗りました! だから泣かないでください!」ドゲザ


セーラ「…………ホンマに反省しとるんか?」

京太郎「はい、それはもう……」

セーラ「……じゃあもう見んなよ? いや、目に入るくらいは許すけど」

京太郎「あ、ありがとうございます……」

セーラ「……」

京太郎「……」チラ

セーラ「だから見んなって言っとるやろ!」

京太郎「おもちっ!」



残念ながら続かない