京太郎「zzz…ん?ふぁー寝ちまってたのかぁ」

京太郎「昼飯食った後のベッドは危険だな…って!咲が遊びに来るんだった!」

咲「zzz」

京太郎「……」

京太郎「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!」

京太郎「遊びに来るはずの咲のことを思い出して焦っていたら
    横で咲が寝ていた…」

咲「んふふぅ…」zzz

京太郎「って!何だよこの状況?え?え?」

咲「くぅー」ゴロン

京太郎「ちょっ!スカートが捲れて……咲の頭が腕の上にあるから動けねえええ」

咲「zzz」

京太郎(おもち好きの俺だが、咲を見ていると尻神信仰に乗り換えてしまいそうだ)

京太郎(ちょっとぐらいならいいかな)サワリ

咲「んっ」

京太郎「!」

咲「んん…京ちゃんおふぁようー…」

京太郎「おはよう…」アブネー

咲「ふぁぁー…どうしたの京ちゃん?」

京太郎「いやなんでもねーよ。ところで咲さん、何故俺のベッドで寝てたんですかねえ」

咲「京ちゃん家に遊びに来たのに京ちゃんが寝てるんだもん。かまってくれないからだよ!」

京太郎「それはスマン。じゃあ何で腕枕なんだ?」

咲「特に理由はないけど…咲ちゃん怒りの昼寝だよ///」

京太郎(なにいってんだこいつ)

咲(ファミチキください)

京太郎(こいつ直接脳内に・・・!)

咲「まあそれはいいとして、もうちょっとだけ寝させてー」

京太郎「麻雀教えてくれるんじゃないのか」

咲「ベッドの誘惑には逆らえないよ」クンカクンカ

京太郎「そうかー」ナデナデ

咲「えへへ」

――――――――――――――――――――


京太郎「もういいかー」

咲「もうちょっとだけー」ギュッ

京太郎「まったく…」

京太郎母「京太郎、ちょっといい?」ガチャリ

京太郎「えっ」

咲「えっ」

京太郎母「あっ」

京太郎&咲「これはその」

京太郎母「ごゆっくりー」アラアラウフフ

京太郎「( ゚д゚)」

咲「///」

京太郎「さあ真面目に麻雀するか///」

咲「そうだね///」


おわり