照「今日はバレンタインだね京ちゃん!」

京太郎「そうですね照さん」

照「あんまり嬉しそうじゃないね、男の子はドキドキの日なんじゃないの?」

京太郎「まあ一応期待はしてるんですけどねー」

照「?」

京太郎「俺って誕生日2月じゃないですか?誕生日の時にまとめて渡されてバレンタイン当日には貰えないこと多かったんすよ…」

照「あーわかる。私も誕生日2月だから先渡しだってバレンタインにまとめられて誕生日当日には何も貰えなかったりしたことあった」

京太郎「でも中学の時に咲だけはちゃんと手作りしたのを誕生日とバレンタイン2回ともくれて…あれは嬉しかったなぁ」

照「あの子あれで結構マメなところあるからねー」

京太郎「ただあいつのくれるチョコって何て言えばいいかそのー…食べ慣れた感というかー安心する味というかー…」

照「隠さなくていいよ京ちゃん(照魔鏡ペカー)。咲のチョコは良くも悪くも市販品と寸分違わぬ味がする」

京太郎「市販品を湯煎しただけでも味は微妙に変わるはずなんである意味凄いんすけどね…だから感想もプラマイゼロって感じで…――」




咲「――…!?」ゾクッ

咲「…和ちゃん、今年は一緒にバレンタインのチョコ作らない?優希ちゃんも一緒に」

優希「おー咲ちゃんが乙女パワー全開だじぇ!」

和「それはかまいませんけど…どうしたんですか突然??」

咲「何か私のこけんにかかわる噂がされたような気がしたから…」ゴゴゴ

和「?」

カンッ!

京太郎「そういや照さんはバレンタイン貰う方なんすね…」

照「だって作らなくても菫の隣にいればお菓子貰えるし」

京太郎「うわー」

照「それに私も一応人気あるんだよ?去年は女友達からだけじゃなくて男の子のファンからも貰ったし」

京太郎「おお、流石インハイチャンプ!」

照「先輩や後輩や先生、寮の管理人さん、それに取材に来た記者さん達からも貰った」

京太郎(それただの餌付けなんじゃ……)

照「ところで京ちゃん、そのバッグからはみ出てるチョコはもしかして貰い物?」

京太郎「これですか?違いますよ、今日発売の新製品チョコです。男連中と仲良く寂しく食べようと思って」

照「あっ、それ気になってたんだ!昨日テレビで宣伝してて…」ペラペラ

京太郎「良かったら一つ食べます?」

照「いいの?!ありがとー京ちゃん!!!」パアァァァァ!

京太郎(かっ、可愛いぃぃぃ!!!この笑顔にみんなヤラれたのかっ!!)

照(~♪)モキュモキュウマウマ

もいっこカンッ!