京太郎「ダヴァン先輩。また豚骨ラーメンですか」

ダヴァン「イエス!豚骨は最高デス!」

ダヴァン「醤油ラーメンの、薄いテイストじゃ満足できまセンカラ」

ハオ「豚骨ですか?醤油の方が美味しくないですか?」

ダヴァン「what?何言ってルンデスか!!ショウユなんて所詮は豆」

ダヴァン「ラーメンで一番人気なのは豚骨デス!」

ネリー「メグってさ、ラーメンになると頭のねじ飛ぶよね」

ネリー「ネリー的には、鰹と鶏ガラと醤油の組み合わせが一番好きかな」

ダヴァン「それもそうデスネ。確かにそれは良い組み合わせです」

明華「おやぁ。部室に顔を出してみればラーメン談義に花が咲いてますねぇ」

明華「皆さんどこかラーメン食べに行かれるんですか?」

ハオ「いえ、別にそういうわけじゃないですよ?」

ハオ「でもさっきからメグ先輩が豚骨豚骨五月蠅くて」

京太郎「明華先輩、なんとか言い返して下さいよ~」

明華「ふむ、メグちゃんの意見には私も賛成ですよ?」

京太郎「そんな!!」

明華「油まみれで白濁した、クラクラする程の強烈な匂いを放つ豚骨スープ」

明華「メンマ、味玉、チャーシュー二枚の麺の固さはバリカタ一択」

明華「お好みで高菜と紅ショウガを好きなだけぶち込んで一気に食べる!」

明華「サイドメニューは明太子!キンキンに冷えた飲み物があれば尚良し!」

ダヴァン「同士ヨ!!」

明華「メグちゃん!!」

ネリー「うわぁ...これだから日本かぶれの外人は...」

ネリー「明華もメグも、ちょっとオジサン臭いよ」

京太郎「ネリー、やっぱりラーメンは醤油だよな?」

ネリー「そうだね。素材の味とダシが一番味わえるしね」

智葉「おーす。遅れちまった。...って何話してるんだお前ら」

京太郎「あ、智葉先輩。こんにちは!聞いて下さいよ」

京太郎「ダヴァン先輩と明華先輩が豚骨豚骨五月蠅いんですよ」

ネリー「醤油ラーメンなんて美味しくないって否定するんだよ?」

智葉「別に何喰ったってラーメンの味なんか変わりゃしないよ」

ダヴァン「ハオはドウデスカ?」

ハオ「私は豚骨も醤油どっちも好きだけど。強いて言うなら...」

ハオ「中華ソバかな?」

京太郎「ほら!やっぱり分かる人は分かるんですよ、ダヴァン先輩」

京太郎「豚骨なんか身体に悪いだけじゃないっすか!」

明華「京太郎君。まだ勝負は終わってませんよ?」

ネリー「そうだね。あと一人残ってるじゃん」

ネリー「サトハは何ラーメンが好きなの?」

智葉「えっ?」

ダヴァン「make a choice!Live or die?」

智葉「おい、なんで生きるか死ぬかの選択肢を迫ってるんだよ」

京太郎「そうっすね。それくらい真剣に考えて欲しいっすね」

智葉「...豚骨醤油、かな?」

五人「はぁ~~~~~~?????」

智葉「お前ら!仕方ないだろうが!」

智葉「塩とか味噌とか言ったらお前ら露骨にガッカリするだろ?!」

京太郎「それだったらむしろそう言ってくれれば諦められますよねぇ?」

明華「ですよねぇ?」

ダヴァン「その通り!智葉はギルティ!」

ハオ「ギルティ!ギルティ!文句なしの有罪判決です!」

ネリー「こうなったらアレだね。刑を執行するしかないね」

ネリー「ラーメンを私達五人に奢らなくてはいけない罰金刑を...」

智葉「奢らないぞ?!いや、そんな目で見ても奢らないからな!!」

ダヴァン「ハイハイソーデスネ。デは部活を始めましょうカ」

ハオ「はーい」

ネリー「あーあ、ラーメン食べに行きたかったなぁ...」

明華「お腹ぺこぺこですよぉ...」

京太郎「ま、しょうがないっすよ。豚骨醤油は邪道っすからね」

智葉「お前らマジでふざけんなよ?!」

ピピピピ!

明華「おやぁ?タイマーが鳴っていますね...」

ダヴァン「おっ、グッドタイミングデース!」

京太郎「で、今度は何味なんですか?」

ダヴァン「豚骨醤油味....デスヨ」ニヤリ

五人「ニヤッ」

智葉「よし、お前ら今すぐ正座しろ!」

 カン