※全国終了後、交友持って何回か遊んでると思ってつかさい。

東京都内・某バスターミナルにて


京太郎「もうちょいでバスが出る時間か……じゃあな大星、今日も楽しかったわ」

淡「…………」ギュ-

京太郎「はいはい、いいから離れた離れた。 後ろから抱き着かれっぱなしじゃ歩きにくいったらねぇよ」

淡「……帰るな」

京太郎「……はい?」

淡「帰るなって言った」

京太郎「いやいや無理無理、明日学校だって」

淡「休め」

京太郎「お前も学校あるだろ!? いいから、おふざけはその辺にして離れろよ大星」

淡「やだ、帰るんなら絶っ対離さないっ……!」

京太郎「お前なぁ……」

淡「……離したら帰るじゃん、サキのところに」

京太郎「いや普通に自分の家に帰るって!」

淡「キョウタローの家、サキが住んでる町にあるよね……?」

京太郎「そりゃそうだけど……もぅ何なんだよ今日のお前は!?」

淡「なら、帰ったらキョウタローはサキのところに行っちゃうじゃんっ!」

京太郎「話が堂々巡りしてませんか大星さん?!」

『間も無く、◯◯◯便が発車致します』

京太郎「えっ!? あ、ちょっ、待っ!? ……行っちまった……おいどーすんだよ大星、次のバス1時間半後だぞ……」

淡「帰る気なら、次も同じ事してやる!」

京太郎「お前、今日は随分ワガママが酷いな……」

淡「ワガママでいい……物分り良くなんていらんない……キョウタローは取られたら、もう帰ってこない……」

京太郎「取られ……え?」

淡「私……このまんまじゃ、サキにキョウタローを取られちゃうっ……! 麻雀も、テルも、キョウタローも……みんなサキに取られちゃう!」

京太郎「おい、落ち着け大星……!」

淡「私が好きになったもの、全部取られちゃうっ……!ねぇ何でっ!? 私は、何かを好きになっちゃいけないのっ!?」

京太郎「淡!!」

淡「っ!?」

京太郎「いなくなんねぇよ俺は……照さんだって同じだろうけど。」

淡「……でもキョウタロー、ちょくちょくサキの話するじゃん」

京太郎「そりゃまぁお前……あーもー分かった! 淡の気が済むまで一緒に居てやるよ」

淡「えっ……?」

京太郎「何でそこでお前が不思議そうな顔をするのか……」

淡「だって、キョウタロー学校あるんじゃ……」

京太郎「さっき休めとか言った奴のセリフじゃねぇな……正直俺、何で淡がそこまで不安になってんのか分かんねぇんだけどさ……」

淡「何で分かんないの! 鈍感! ぼくねんじん!」

京太郎「すいませんねっ! ……それでもさ、そこまで不安になってるやつを放ってもおけねぇんだわ。ダチなら尚更な?」

淡「うん……」

京太郎「だから、淡の気が済むまで一緒にいる。」

淡「キョウタロー……」

京太郎「何だよ?」

淡「さっきから淡って……」

京太郎「いっ……勢いで言っちまったんだよっ……! 悪ぃ、嫌なら」

淡「イヤな訳ないじゃん! というかずっとそう呼べ! 淡ちゃんの命令である!」

京太郎「はいはい、分かりましたよお姫様……で、これからどーすんだよ?」

淡「せっかくだし、もっとキョウタローと一緒に遊べるとこ行こう! お泊まりコースで遊びまくるぞー!」

京太郎「うっしゃあ! 俺ももう腹括った! とことん遊び倒してやる!」

――――――――

  • 翌日 清澄高校 昼休み


まこ「ん? 今日は京太郎おらんのか?」

久「そうよ。 今朝部を休むって連絡あって……何でも東京に遊びに行ってトラブったらしくて、学校休んだみたい。」

和「東京……咲さん。」

咲「うん、多分淡ちゃんの所に遊びに行って、それでだと思う。」

優希「なんのトラブルかは分からんが、京太郎印のタコスがお預けなのが痛いじぇ……」

咲「京ちゃん……」


宮永咲
自らの敗北を悟るまで、後……


カンッ