東京には魔物が棲む。その魔窟の名は魔王高校。さながら蠱毒の如く、

日夜部員達が互いの骨身を食い合い、鎬を削りあう魔境なり。

ネリー「欲しい、欲しい、欲しい。全て寄越せぇええええええ!!!」

 総身全テ欲ノ極ミ。第一の魔物、ネリー・ヴィルサラーゼ

智葉「その首から迸る血を以て、我が刀の錆を削ぎ落とそう...」

 神を斬り、魔を斬り、人を斬る。第二の魔物、辻垣内智葉。

衣「湖の月に跳ねるは、星か、人か?それとも天か?」

 湖面に映る有象無象を喰らう月の兎。第三の魔物、天江衣

咲「麻雀って、楽しいよね。一緒に滅尽滅相(たの)しもうよ☆」 

 魔王嗤いて血を啜る。卓上の血染花と呼ばれるは、魔王、宮永咲

照「...麻雀って、つまらないよね」 

 魔城に巣喰う魔物の統率者にして小鍛治健夜の後継者、大魔王、宮永照。


天魔嗤いて蠢く時、そこには何一つ残らぬ塵骸だけが痕跡として残る。

 化外に挑みて散り逝く魂は数知れず。

 共に天を戴くことのない理は、いつしか人の心を塗り潰し始める。

 このままでは、奴等に世界が塗り潰されてしまう。

やえ「お見せしよう。王者が作る新世界を」

亦野「白糸台の№5は伊達じゃないッ!雑魚とは違うんだよ、雑魚とはァ!」

蒲原「ワハハ。打ち落とせば良いんだろう?月を!」

ゆみ「狂い咲く血染花め!貴様の覇道はここで終わる!」

池田「そろそろ混ざるぜ?ただ、私は混ざるとかなり危険だけどなっ!」

爽「私は飛ぶ!無限の彼方へ!!行くぞォッ!」

末原「イヤや...めげるわ。早よ家に帰らせてぇな...」

霞「皆、仇は必ず取るから...!」

 神境に集うは命知らずの無法者。世界はこの八人に託された。

 そして、世界を左右する戦いの幕が切って落とされる....





~麻雀部 部室~

久「...なんていうか、和がここまで痛かったとは...」

優希「でも...でも、所々でどっか聞いたような台詞があるじぇ...」

京太郎「言ってやるな。和だって一生懸命考えたんだから...」

咲「卓上の血染花って...まぁ、魔王ネタは否定できないけどさ」

まこ「どうしたもんかのう...この際、最後まで読んでしまうか?」

四人「そうですね」

 なお、次の日の部活で和は知らん顔をした部員達からノートに書いて

あったネタで散々いじられまくりましたとさ。おしまい