和「須賀君……自分の気持ちに正直になっていいんですよ?」グイグイ

京太郎「の、和っ……む、胸があ、当たっ……あた当たって……!?」

久「あら、バストはサイズが全てじゃないでしょ? 大事なのはバランス……そう思わない、須賀くん?」スリスリ

京太郎「ちょっ、部長もっ……! 二人してそ、そんな風に寄られたらっ……」

咲「ヒロインは私1人でいいんだよっ!」バ-ンッ

和「咲さん?」

久「咲……残念だけど、貴女じゃあこの場には……」

咲「舐めないでくださぁぁぁい!」ドドンッ!

京太郎「何だっ……咲のおもちが、巨乳になって見える!?」

咲「ふふふふ、胸が小さく見えるっていう事は、私が部長にも和ちゃんにも勝つって事だよ!」

京太郎(いや和には勝ってねぇだろ……)

玄「宮永咲ちゃん……おもち力は人を歪めさせて、修羅場の中に取り込もうというのですか!」

京太郎「アンタどっから出てきたんだよ!?」

咲「京ちゃん、今日こそはってやつだよ!」グイグイ

京太郎「おぉおっ……な、南無三!」


カンッ