照「京太郎は?」

誠子「あれ? 須賀なら、そこで作業してたはずですけど……」

尭深「京太郎君ですか? さっき淡ちゃんと一緒に、どこか出掛けましたよ」

菫「須賀に、なにか用事でもあったのか?」

照「用事ってほどでもないけど、ちょっと小腹が空いたかなって」


淡「ただいまー!」

京太郎「ただいま戻りました」

菫「おかえり。どこ言ってたんだ……ってまたコンビニか」

京太郎「なんでも、新作のお菓子が出たとのことで」

照「……!」ガタッ

淡「そうそうこれこれ! さっき思い出したの! 買わなきゃって思ったの!」

誠子「放課後まで待てなかったのか?」

淡「そしたらまた忘れちゃいそうだし」


尭深「お茶、淹れます?」

菫「しかたない。まぁ、休憩にはいい時間だな」

京太郎「あ、そうだ。照さん、コレ好きでしたよね。ついでに買ってきたんですけど」

照「! うん。覚えてたんだ」

京太郎「むかし、よく一緒に食べてましたから」


菫「これは、ビスケットか?」

誠子「中にクリームが挟んであるんですよね」

淡「なかなかに美味しいんだよー。淡ちゃんも認めざるを得ない」

菫「へぇ」


照「なんだか、懐かしいな……ありがとう、京ちゃん」

淡「んん?」


菫「……京ちゃん?」

照「あ、いや……ちがう」

京太郎「その呼び方も懐かしいですね」

照「今のは、その、むかしを思い出したというか、それで……」

淡「京ちゃんって呼んでたんだー! テルーカワイイー!」

照「うぅ……」


照「私が今まで積み上げてきた、クールで面倒見のいい清く正しく美しくしっかり者で優しい頼れる年上のお姉さんのイメージがぁ……」

菫「あったか? そんなの」



カン