咲照「「ねえ京ちゃん」」

咲「お姉ちゃんか」

照「咲か」

咲照「「どちらかと結婚しなきゃいけないなら、どっちを撰ぶ?」」

京太郎「…………」

咲「東京に行って、返信の一つもしない薄情者より私だよね」

照「迷惑を掛け続ける妹より憧れのお姉さんである私に決まってるよね」

咲照「「どっち?」」

京太郎「二人の内でどっちかなら照さんかな」

咲「は?」

照「ふふーん♪」

咲「何でボッチで迷子常習犯なポンコツを選ぶの京ちゃん?」

京太郎「だってな……」ジー

咲「……」ペタン 照「……」プヨン

咲「胸!?」

照「ふへへ、咲と違って私の胸は育っているから男の子なら当然だよね♪」

咲「そ、そんなの……PADに決まってるよ!」

照「菫じゃあるまいし、私はそんな無様な真似はしない! 東京の水が効いたんだね♪」

咲「わ、私だってお姉ちゃんと同じ歳になったら成長しているから!」グギギ

照「そんな幻想が叶うことはないんだよ咲」ハッハーン

京太郎「……もう行って良いかな?」

咲「五月蝿い! 根暗! あんぽんたん! お姉ちゃんのバカ、バカ、バーカ!!」

照「負け犬の遠吠えとか見苦しいよ、弱い犬ほどよく吠える、無様、無様」

オネェチャン! カンッ、カンッ、カンッ!!
サキィ! ギギギー!!

京太郎(はあ、相変わらずだなあの二人……さてと早く待ち合わせ場所に向かわないと和とのデートに遅れるな……)


カンッ!