大阪・須賀君宅にて


洋榎「……そんな訳で、フェレット飼うゲーム始めてみたんやけど」

フェレット『ひ ろ えさんのフィニッシュブローはなんですか?』

洋榎「どうでもええ上に訳分からん質問が多くて……」

京太郎「まぁゲームですし……そうやってひ ろ え先輩の事を学習してくんじゃないですかね?」

洋榎「京ちゃん、次に真似したらしばくでホンマに……京ちゃんのとこはええなぁカピバラ。ごっつデカいけど」

京太郎「でしょうでしょう!そうっすよねぇウチのカピーはほんと可愛くて……!」

洋榎「おぅふ、アカン京ちゃんのスイッチ入ってもうた……」

???「ひ ろ えさんはカピバラ好きですか?」

洋榎「おーし京ちゃんシバキ決定やな。まずはいつもん通り京ちゃんの部屋行って……」

京太郎「えぇっ! 俺なんにも言ってませんよ!?」

洋榎「せやったら一体誰が」

カピー「ひ ろ えさん」

京太郎「…………」

洋榎「…………」

京&洋『ぎゃああああああああああっ!?』

洋榎「な、ななな何なん京ちゃんアレ?! カピバラ喋ったで!?」

京太郎「俺だって初めてですよこんなのっ!? でもスゲェ!カピー喋れたのか!」

カピー「ひ ろ えさんこんにちわ……あ、ご主人様には普通に喋りますのでご安心ください」

洋榎「え? 何、ウチねずみに舐められとるん?」

カピー「いつまでも あると思うな ご主人の横(字余り)」

洋榎「ほぉ……? 京ちゃん、今日のシバキは朝までコースや、覚悟しぃや!」

京太郎「え、朝までって……」

カピー「ご主人様! 行っちゃダメです! その雀士は魔女なのです!」

京太郎「だ、大丈夫だカピー、洋榎先輩はイイ人だから、ホントに!」

カピー「くぅっ……このケージから出られれば、自慢のカピバラリアットで成敗してやれるというのにっ……!」

洋榎「ふふん、ネズミはそこで餌でももしゃっとったらええねん! 京ちゃんの隣はウチが」

エ-ラブアイハヒ-トツ-♪

洋榎「何や、ええとこで……あぁ、おかん?丁度ええわ、今日な……え?すぐ帰れて……おとんと皆で夕飯……せ、せやけどおかん、あんな? ……切りよった……」

京太郎「あ、あはは……今日は、ここまでって事ですね?」

カピー「……」ニヤァァ

洋榎「くぅうっ……! また今度リベンジしたるかんなぁ!」

カピー(咲ちゃんの脅威を凌いだと思いきや、新天地で新たな脅威……しかし、ご主人様の隣はこのカピーのモノ……誰にも譲りませんとも!)


カンッ!