明華「ねえ、京くん」

京太郎「何ですか明華さん?」

明華「体の相性って大切だと思いませんか?」

京太郎「は?」

明華「ですから、お付き合いするなら性格の相性なども大切ですが体の相性もとっても重要じゃないですか?」

ネリー「ネリーもそう思うよ。キョウタロウのことネリーは好きだから、付き合う前に一度体を重ねてみないといけないよね」

明華「やっぱりネリーもそう思います?」

ネリー「うん、長く人生を供に、上手に付き合っていくなら大切なことだからね」

京太郎(えっ? 付き合う前にするのが普通なの?)

ダヴァン「ハッハッハ、キョウタロウ難しく考える必要はアリマセン! 何度か寝てみて一番相性の良かった子を彼女にすれば良いんですよ」

京太郎「さ、智葉さん!?」

智葉「ふむ、あれだな。文化の違いと言う奴じゃないか?」

京太郎「そうなんですか?」

智葉「私としては結婚するまでするべきじゃないと思わなくもないが、そこまで求めるのは酷な気もする。正式に付き合い始めてからなら問題ないだろう」

ハオ「私もサトハの考えに近いですよ。交際するなら結婚を考えますから、付き合う前にするというのはちょっと……」

明華ネリーダヴァン「「「それは変!」」」

智葉ハオ「「普通だ(です)」」

京太郎(国際結婚の離婚率が高いのってやっぱり文化の違いが大きいからなのか?)

明華「それで京くん今晩私と体の相性を試して楽しみましょう! 初めてなので優しくしてくれると嬉しいですよ」

ネリー「あっ、ミョンファ抜け駆けは狡いよ。ネリーだってキョウタロウとしたいんだから」

ダヴァン「順番にすれば問題ないデスね。最初はミョンファ、次にネリー、その次は私デス」

智葉「いやいや、貴様ら待て!」

ハオ「そうです! 待ってください!」

明華「サトハとハオは交際してからしたい派なんですよね? 別に私たちと寝たからって京くんと付き合うことになれるかは分かりませんし、問題ないでしょう?」

ネリー「ネリーたちが羨ましいならサトハたちもすれば良いだけだよね」

ダヴァン「キョウタロウは私たちの体に興味ありますか?」

京太郎「そりゃあ勿論! あっ……」

智葉「京太郎、お前なあ……」

ハオ「はあ、貴方も男性ですから仕方ないのかもしれませんが……」

明華「京くんの意思も確認出来ましたし、今夜は楽しみですね」

ネリー「明日はネリーだからね」

ダヴァン「ハッハッハ、キョウタロウは二人でたっぷり練習して私の時に頑張って下さい!」

京太郎(良いのか? 良いんだよな……智葉さんとハオの目が怖いけど、俺もやっぱり興味あるし……)


カンッ!