京太郎「はー、さむ……冬休みもそろそろ終わりか……あれ、あっちから来るのって」

久「あら? 須賀君じゃない、おひさー」

京太郎「お久しぶりです、今日はどうしたんすか? 受験勉強サボるのはマズいんじゃ」

久「やあねえ、サボってるわけじゃないわよ。ちょっと新年らしく神様にお願いに行こうかと思うのよねー。それに気分転換にもなるし」

京太郎「ってことは初詣ですか。でももう三が日過ぎてますけど」

久「だからいーの、丁度人も少なくなってるでしょ。人混みに巻き込まれたら余計にストレス溜まっちゃうじゃない」

京太郎「あー、分かります。俺も咲達と行ったんですけど、大晦日の夜だから凄い人で……ぶっちゃけ楽しかったけど疲れたっていうか」

久「でしょ? それに今なら露店もないし、余分な出費と脂肪を抑えられちゃうわけ。一石二鳥よねー」

京太郎「ははは、そういや優希のやつもタコス屋台で買いまくってましたよ。俺も結構使っちゃって」

久「そーゆーことよ。ただ、このプランには穴があるのよねー」

京太郎「穴っすか?」

久「そ。人垣ってそれだけで風除けになってあったかいでしょ? しかも昨日から気温も下がってるみたいで……ほら、私の手、冷たいのよね。触ってみなさいよ」

京太郎「はあ……うわっ! 滅茶苦茶冷たいじゃないですか!」

久「忘れちゃったのよ、ホッカイロ。あーあ、18の乙女が新年から身も心も寒くして独り参拝なんて、考えただけで悲しくなるわ」

京太郎「いやいや、部長ならそれでも絵になりますよ。やっぱ部長って美人ですし」

久「ふーん……わりと須賀君って軽いわよねえ」

京太郎「え、あ、いやー……」

久「んー……そうねえ、さっきから握ってるからよくわかるけど、須賀君って手は結構温かいのよね」

京太郎「は? はあ、まあ体温は高めかもしんないっすね」

久「なるほどね。じゃあ一つ提案なんだけど、実は念のためにお金は持ってきてて、懐はあったかいのよ」

京太郎「ならそれでコンビニでカイロでも――」

久「五円玉出してあげるから一緒に来てちょうだいな。なんと今なら五枚あげるわよ!」

京太郎「やっす! 駄菓子くらいしか買えないんですけど!?」

久「あらご不満? じゃあ、そうねえ……」

京太郎「いやいや、だって今の気温なら肉まんとか美味いっすよ。俺としてはそういうの奢って貰えると後輩冥利に尽きるかなーって」

久「五円玉五枚で一緒に初詣か、二百円で肉まん食べてそのままお別れか。須賀君はどっちがいいかしら?」

京太郎「二十五円でお願いします!」

久「OK、交渉成立ね! じゃあ行くわよ須賀君、まずは私の手から存分にあっためなさい!」

京太郎「うっす! つかつめた、ちょっ、首筋さわんな!」

久「あら生意気。先輩にその口の利き方はどうなのかしらねー」

京太郎「あとさっきから俺の事完全に風除けにしてますよね?」

久「ふふ、嫌なら嫌と言いなさい。どーなのかしら?」

京太郎「……早いとこ行きません? 帰りに喫茶店とかどうっすか」

久「そうねえ、定番だけど良しとしましょうか。あ、そっちは奢らないわよ」

京太郎「はいはい……手袋、しないんですか」

久「して繋ぐなら左手、しないで繋ぐなら右手。どっちを取るかは須賀君に任せるわ」

京太郎「まーた下らない事を。じゃ、こっちで」

久「はいはい。じゃ、行きましょ」

京太郎「あー寒い……部長、指柔らかくなりましたね」

久「牌を掴むことが少なくなったからかしら。でも代わりにペンだこよ。シャーペンが当たる所がね」

京太郎「あ、マジだ」

久「でしょ? あと須賀君、ちょっと屈みなさい」

京太郎「はあ。これでいいですか?」

久「ん……お年玉あげるから、目を瞑るように……」


カン