『大掃除2』


姫子「ふー、だいぶ綺麗んなりましたね」

哩「こん調子やったら年内に終わりそうやな」

姫子「あとは何が残っとりますかね?」

哩「あとは床ば掃わいて拭いたら終わりやね」

京太郎「なんか『掃わく』って変な響ですね」

哩「は?じゃあなんち言うとか?」

京太郎「普通に掃くですよ」

哩「吐く?ゲロをか?」

京太郎「ゲロって哩さん……」

姫子「長野県ち変な言葉ば使うとやね」

京太郎「いやいや!おかしいのはそっちですよ!掃くが標準ですって!」

哩「京太郎。勘違いしとって恥ずかしかとは分かるばってん、認めるんも大事なことぞ」

京太郎「待ってください!何で俺が間違ってる感じで話が進んでるんですか!?」

姫子「だって 掃くとか聞いたことなかし」

哩「な?」

京太郎「じゃあ、インターネットに聞きましょう!」

姫子「しゃーしかねぇ」

哩「仕方なか、こんままやと掃除も進まんし付き合っちゃる」

京太郎「掃わくで検索しますよ」

姫子「いいけん、はよせんか」

京太郎「それじゃあ、はい」カチッ


PC『 「掃く」を「掃わく」というのは九州の方言で、九州のほぼ全域で使われている。特に北部では現在でも「掃く」を駆逐しており、「掃く」という言い方を知らない方も多いという』


姫子「」

哩「」

京太郎「ね?」

姫子「い、いや!こん解説が間違っとるかもしらん!」

哩「そうや!他んもみせんか!」カチッ


PC『方言です』


哩「そ、そがんことが……」

姫子「私たちの十数年は間違うてたんですね……」

京太郎「いや何もそこまで卑屈にならなくても」

哩「そがん気を遣ってもらわんで結構です……」

姫子「惨めな私たちを笑えばよかよ……」

京太郎「どんだけ卑屈になってるんですか!?」

哩「標準語気取ってすいません……」

姫子「佐賀に帰ります……」

京太郎「いやいやいや!そうだ!掃除!掃除まだですから続きやりましょう!」

姫子「そうですね、立つ鳥跡を濁さずですね」

哩「酉年だけに……」

京太郎「実は落ち込んでないでしょ!」

哩&姫子「てへ」

京太郎「もう!掃除やりますよ!」

哩&姫子「はーい」

姫子「やっと終わったー!!」

京太郎「結構疲れましたね」

姫子「なんやかんやあったしな」

哩「疲れた時は味の濃ゆかもんば食べたくなんな」

姫子「あ、分かります!ラーメンでも食べに行きます?」

哩「お、よかね。京太郎もどう?」

京太郎「いいですね!ご一緒させて頂きます!」

姫子「じゃあ、行きましょうか!」

京太郎「ところで……」




―――『濃ゆい』って変な響ですね


カンッ!