「ん……?」

それに気付いたのは、たまたまだ。
千里山のレギュラーメンバーが集まり楽しんだクリスマスパーティー。
その会場となった京太郎の部屋で他の人達がそれぞれ寝ている。

布団を抱き枕のようにして寝ている竜華、夢の中でもデータを取ってるか不敵な笑みを浮かべる浩子
更には更に、大の字で大きく寝ているセーラにその足で頭を蹴飛ばされている泉……一人足りなかった。
たまたま起きて、辺りを見渡しそれに気付いた京太郎。
トイレにでも立ったたかと思いつつも、己もまた台所へと喉を潤す為に移動する。

「あれ?」

台所へと移動して、そこでようやく気付き、暫くその人を見つめる。
微動だにせず空を見上げる最後の一人を京太郎は見つけた。



「……」
「何かありましたか?」
「なーんも、クリスマスの夜だってのに雪すら降らんわ」
「ははは、今年は暖かいですからね」

真夜中のベランダに立っていた怜へと京太郎は声を掛けた。
掛けられた怜は、驚きもせず、空を見上げ続ける。

「これどうぞ」
「おー、ありがとな」

そんな彼女の隣に立ち、京太郎は先ほど作ったココアを怜へと渡す。
暖冬とはいえ、冬は冬。
しかも真夜中のベランダだ……思った以上に寒かった。

「美味いなー」

怜は嬉しそうにココアを口にし、それを京太郎は横目で見守る。

「それにしても、何で空を?」
「……んー、噛み締めてたんよ」
「噛み締めてた?」
「そそ、この日常をなー」

そう言って、からからと怜は笑う。
しかし、そんな笑いに京太郎は乗ることが出来なかった。

「ははは……うん、私な。体弱いし、学校も休みがちやった」
「病院から通うこと多かったですしね」

笑わない京太郎を見て、怜も察したのだろう。
笑いを引っ込め、ココアを飲みつつも、また空を見上げる。

「こうやって友達と大騒ぎして、普通の日常を送れることが嬉しくてなー」
「……」
「今日は特に特別や。だから……少しでも浸っていたいなとな」
「……はぁ」
「わっとっと?」

少々苦笑しつつも笑う怜。
そんな彼女を見て、聞いて、京太郎は力を抜くように溜息を吐く。
そして、そのまま扉を開けると怜を優しく引っ張り、床に座り込み後ろから抱きしめる。
どのぐらい居たのだろうか、抱きしめた怜の体は冷たかった。

「怜先輩にとって、日常が大事なのは知っています。けど……これで体を壊したら意味ないでしょう」
「……せやな。それにしても大胆やね。京くんも」

後ろから抱きしめてくる京太郎に怜は、にひひと楽しげに笑った。

「……反省してまーす」
「まったく」

からかっても真面目な表情を変えない京太郎に、怜は視線を逸らし謝罪する。
あまり反省の色のない怜に京太郎はまたもや溜息を吐いた。

「ぬくぬくや」
「先輩は、逆に冷たいです」
「はっはっは、気付いてなかったけど、結構外に居たからなー」
「……」
「……」

会話は、そこで途切れた。
互いに空を見上げ、吐いた息が白くなり消えていく。
熱い日常、それもこの息のように冷たくなり、いずれ消えていくのかと怜は思う。
もちろん口にはしない、すれば京太郎が怒るだろうと知っているからだ。

「……来年も集まりましょう」
「! ……無理やろ。私と竜華は大学……セーラはプロ入り、集まる時間なんて」
「あります。絶対あります。何があろうと、絶対集めますし、集まります」

そんな事をぼんやりと考えていれば、京太郎の腕に力が少しだけ篭り、そんな事を口にされた。
勿論、現実的に見れば集まることは難しいだろう。
しかし、京太郎は空を強い意志で見つめ、そのように言い切った。

「……そっか。続くんやね」
「ずっと、ずっと続きますよ」
「ははは……それは、ちょっと……やかましいかもな」

怜は、未来に思いを馳せる。
本当になるか分かりはしない、怜の力でも見えないほど遠い未来の話。
確証なんてない、あるわけない。
しかし、それでもその未来を考えるだけで心が暖かくなった。

「そうですね。きっと、やかましいですね」
「うん……うんっ!」

京太郎の同意に怜は、力強く頷いた。

「と……そろそろ寝ません?」
「駄目やー。もうちょっと、もうちょっとこのままでなー」
「えー……寒くなってきたんですけど」
「ええやん、クリスマスプレゼントの代わりや」
「はは……分かりました。それなら、満足するまで」

寝ようと提案すれば、怜が頬を膨らませて拗ねる。
それを見て京太郎は、楽しげに笑う。
確かな日常、これからも続く日常がそこにはあった。

カンッ!

  • オマケ-

セーラ「寒いわ、ボケ!」
京太郎「おふっ!?」
怜「あぁ、京くんが枕の餌食に! 私もやるー!」
竜華「へっくし」
泉「何か、頭痛いんですけど!?」
浩子「……流石に寝ません?」

その後、窓を開けっ放しでいたので起こったセーラを筆頭に枕投げ大会が始まったとか。

最後にカンッ!