憧「高校生になったけど、今年のクリスマスも」

憧「結局女だらけで集まって寂しくパーティーね…」

宥「寒いけど暖かい…でも寂しくて暖かくない…」

玄「お姉ちゃん!色々と意味がわからないのです!」

穏乃「私は楽しかったらそれでいいよ!」

灼「楽しいけど寂しいのは同感…」

憧「はぁ~彼氏でもいればまた違うんだろうけどねえ…」

玄「こら憧ちゃん!私たちの弱点を突くような発言はやめるのです!」モミモミ

憧「んっ!ちょっと何してんのよ玄!」

玄「お?おもちが少し成長して…」

憧「」バシッ

玄「い、痛いのです…」

憧「はぁ…というか今回のクリスマスパーティーを企画したのはあんたでしょ玄」

宥「そういえばそうだね。ところでどうして長野なの?」

玄「そ、それは…その…」

憧「はぁ?はっきりいいなさいよ」

玄「ええっと…」

灼「清澄…」ボソッ

玄「!?」

憧「清澄?まあ確かにあの全国優勝の清澄があるわねこの近くに」

宥「ご挨拶にいくんだね」

憧「そうだったのね。年末になってまた和たちに会うってのは良いわね」

憧「他にはあるの?」

玄「ええっと…」

灼「キョウタロ…」ボソッ

玄「!?…///」

穏乃「あ、わかった!雪が凄いからですよね!」

玄「あ、そうそう!そうですのだ!」

灼「想い人と会う冬休み…」ボソッ

玄「あ、灼ちゃん!どうかそのへんで…」

灼「ん」

憧「はぁ…まあいいわよ…」

玄「とにかく今日はここに泊まって、明日清澄高校にご挨拶に行くのです!」

宥「そして夜はスキー…私寒がりだけどスキーは好きー…あったか~い」

憧(いや寒いわ…)

穏乃「ん!?ちょっと見て!あれ宮永さんじゃない!?」

他4人「「「「えっ!?」」」」

玄「ほ、本当なのです!」

灼「買い物にでも行ってるのかな?」

憧「あの宮永さんのクリスマスか…」

穏乃「どうしたの憧?」

憧「いや、あの宮永さんでもやっぱりクリスマスは寂しいのかなって思って…」

穏乃「どうだろう?」

穏乃「あっ!誰か来たよ?男の人かな…?」

灼「お、キョウタロ…」

玄「えっ!?」

憧「ちょっ!手繋いで歩いて行った…!」

宥「宮永さん凄くあったかそうだったねえ…」

憧「」ガーン

玄「」ガガーン

穏乃「ど、どうしたの憧!?」

穏乃「玄さんも!一体どうしちゃったんですか!?」

憧「いや…やっぱり宮永さんとは住む世界が違うんだな…と思って」

憧「麻雀も恋愛もあの人には敵わない…って!」

玄「」

宥「玄ちゃんもいつまでも落ち込んでないで話そう?」

玄「」

穏乃「玄さん?」

玄「」

憧「どうしたのよ玄?」

灼「今はそっとしてあげて…」

憧「?」






咲「京ちゃんこっちだよ~!」

京太郎「おう咲いつも通りだな」

京太郎「じゃあ今年も色々買い物して、お前ん家でクリスマスパーティーといきますか!」

咲「うん!」

咲「お姉ちゃんも今家にいるから今日は三人で楽しもうね!」

京太郎「お~照さんもいるんだな!久しぶりだぜ…楽しみだ」

京太郎「よし、早速チキン買いに行こうぜ!」ギュッ

咲「!う、うん…///」

咲(毎年好きな人とクリスマスが過ごせて嬉しい)

咲(でもいつかこの想いを伝えて)

咲(友達としてじゃなく、恋人として京ちゃんと過ごせたらいいな)



京太郎「どうも。お久しぶりです照さん」

照「いらっしゃい京ちゃん。結婚して」

咲「は?」

照「好きだからクリスマスの夜にプロポーズしただけ。何か問題でもある?」

咲「あのさお姉ちゃん…!京ちゃんは渡さないからね?」

照「京ちゃんはものじゃない」

灼「ちくわ大明神」

咲「今はそういうことを言ってるんじゃないよ!」

照・咲「「今の誰?」」

京太郎「おお…咲たちの姉妹喧嘩久しぶりにみるぞ…」

京太郎「巻き込まれないうちにとりあえずパーティーの準備だな」



翌日

灼「大丈夫、玄にもまだチャンスはあると思…潜入したし」

玄「本当に!?」

憧「潜入って何よ 潜入って」

カンッ