京太郎(……遅いなー)

時計をチェック。
いつもは約束の五分前までにきっちりやってくる彼女が、もう十分の遅れだ。

京太郎(まあ、まだ全然待てるけど。連絡無しだと、少し寂しいな)

自分もデートに遅れた時、彼女にこんな風に思わせているのだろうか。
寂しさをまぎらわせようと、遠くのイルミネーションに目を向ける。

京太郎(ずっと突っ立ってるのも……お、来たな)

目立つ金髪が、向こうの方から走ってくる。

えり「――ごめんなさいっ、遅れて!」

京太郎「大丈夫だよ、メリークリスマース」

優しく抱き止める。

京太郎「どうせ仕事だろ?大変だな、えりさんも」

良い子良い子と頭を撫でるが、イヤだったのか振り払われた。

えり「ごめんなさい、そうじゃなくって……。
確かに仕事上の付き合いではあるんだけど、ちょっとした飲み会みたいなものでね」

京太郎「……うん」

――このあたり、学生の京太郎には社会人の都合がいまいち良く分からない。

えり「本当は、断れたんだけど……少し、飲んじゃって」

京太郎「仕方ないって、仕事の付き合いなら」

理解出来ない分、ぎゅうっと抱きしめてあげる。

えり「……だから、甘やかさないでっ」

京太郎「え?」

えり「いつも、あなたが遅れたらキツく言っちゃうのに……」

京太郎「……関係無いよ。せっかくのクリスマスに、もったいない事言わないで」

真っ直ぐ見つめて、言い聞かせるように。

京太郎「えりさんは真面目過ぎるんだよ。たまには素直に甘えて欲しい……俺が」

えり「……っ!ごめんなさい、こんな日に水を差すような事……」

京太郎「だーから、謝るの禁止。ほら、切り換えて。
今日は、プレゼントも用意してあるんだ。俺たちの一周年の記念に」

えり「……高いものじゃないでしょうね?」

京太郎「……今日のために貯めておいたんだから、高くないよ?」

えり「全く……クリスマスが終わったら、説教コースね」

口が滑ったか、と顔を苦くする京太郎。

えり「でも、今日は……」

京太郎「?」

チュッ

えり「……甘えさせてもらうわ。ありがとう」

そうして二人、雑踏に消えていく。

今日は特別な日――街が恋人たちを、祝福していた。