「あーっ、素直に買えば良かった!」

台所で京太郎が叫び、心底後悔したとがっくりと肩を落した。

「……時間ねーしな」

チラっと時計を見て頭を抱える。
それでも暫くすれば、気を取り直し、目の前の作業に没頭していった。



「京ちゃん」
「はいはい、ぎゅーと」

作業を行い、時間も時間となる。
京太郎の部屋にやってきたのは、白いコートとセーターに身を包んだ照だ。
照は、やってくると同時に京太郎に抱擁を求め、京太郎もまたそれを受け入れる。

暫く照は体を温めれば、部屋の中の定位置のコタツへと入っていった。
それを微笑ましく見送った後、先ほどの惨状を思い出し京太郎は意気消沈。
照の好きなお菓子、クリスマスのお菓子と言えば――そうケーキだ。

照を喜ばす為にケーキを用意する。
それはいい事だし、素晴らしいアイデアだった。
しかし、それも京太郎が『手作りだともっと喜ばれるのでは』と思うまでの話。
そもそも、タコスにタコスミを入れるような腕前の京太郎。

あれやこれやとやっていれば、無様な出来なケーキが出来上がる。

「……」
「……すみません。照さん」

勿論、買ってくる時間もなく。
ケーキなしのクリスマスなどありえない。
京太郎は、しょうがなく申し訳なく思いつつもケーキを取り出した。

「んっ、んー……」

食べた照の返答は沈黙であった。
ただただケーキを口に入れいつもの薄い表情で口を動かす。
そんな照を見て京太郎は更に落ち込みコタツにもぐりこんだ。

「京ちゃん」
「うぅ……アレンジしなければ良かった」

コタツの机に額を押し付けて泣き言を言っていれば、照の声が聞こえる。
声に反応し、体を起こせば照がケーキの一欠けらをフォークに刺し、京太郎へと向けていた。

「あーん」
「……あーん」

お前が作ったんだ。食え、コノヤローとばかりに京太郎が口を開いた瞬間ケーキを押し込む。

「……意外と食えるな」
「うん、とても美味しいよ。京ちゃん」
「っ……照さん!!」

口の中で咀嚼し飲み込めば、そんな感想が出てくる。
見た目こそ、あれだが、味は普通に普通だ。
その事に気付き、京太郎の心は少し軽くなり、照の本当に心を許した人物にしか見せない笑顔で癒される。

(落ち着け、俺)
「-♪」

嬉しそうに幸せそうにケーキを口にする照。
そんな彼女を今すぐ抱きしめたいと京太郎は思う。
しかし、照の邪魔をするわけにもいかず、悩んだ。

「京ちゃん、こっち」
「照さんっ!!」

悩んでいれば、照が自分の横をポンポンと叩く。
呼ばれたことに喜び、京太郎は照の側による。

「京ちゃん、あーん」
「あーん」

横に着けば、照がケーキを食べさせてくる。
それを受け入れて食べれば、今度はフォークを京太郎に渡す。

「京ちゃん、私も」
「はい、あーん」
「あむっ……うん、やっぱり美味しい【幸せだ】」

結局、作った一ホール。
その全てを京太郎と照は、幸せに食べきった。

カンッ!