「こいとこいと……こいも!」
「たくさん買いますね」
「うん、皆ん分買っていかんと!」

ぽいぽいっと、修学旅行の時の枕投げの枕のように次々に物を渡される。
それを京太郎は、慣れた手つきで受け止めては、抱きかかえた。

「それにしても……多いような?」
「……そ、そぎゃんことはー」
「姫子先輩?」
「う゛っ、ちょいと多かったかも」

多すぎるプレゼントに突っ込みを入れれば、プレゼントを漁っていた姫子が呻く。
クリスマスという日、皆で集まって楽しみ夜。
そのことが姫子のテンションを上げ、この結果だ。

「この辺にしておきましょう。これ以上は、俺も無理です」
「あいあい……そいじゃ……少しだけ、どっかで休む?」
「はい」




「夜が楽しみですね」
「うん。パーティー……楽しみ!」

あれから、手ごろなカフェに入り二人揃って休憩を取る。
二人は互いに暖かい飲み物を注文し、口にするとそのまま夜の話題へと移った。
新道寺の寮で今日、パーティーをするのだ。

「……本当に俺もいいんですかね?」
「よかよか。京太郎なら問題なかよ」

そのパーティーに京太郎も呼ばれていた。
煌、仁美、良子、哩に友清のいつものメンバーでもささやかな集まり。
本来であれば、喜んで参加するだろう……パジャマと言う単語がなければだが。

「むふふ……恥ずかしかと?」
「素直に言いますと……嬉しいです。けど、恥ずかしいです」

年近い女子の寝巻き姿。
しかも、クリスマスという特別な日の夜。
思春期の京太郎には、とても刺激が強いものであり、わくわく、どきどきと不安が混じったものとなっていた。

「誰か気になっ人は居っと?」
「いやー……それは」
「んー、花田? いつも一緒に居る友清? そいとも先輩達? そいとも――部長とか?」
「いえいえ、そういう気はっ!」

姫子が楽しげに問いかける。
それを京太郎は手を振って必死に否定した。

「……彼女とかは?」
「えぇ……その、そういう人は」
「ふーん、そっか」

姫子の容赦ない問いかけに少々落ち込む。
ぐるぐると目の前のコーヒーにミルクを入れスプーンで混ぜる。

「京太郎、京太郎」
「……えっ、あ、はい」
「どいがよかと思う?」

落ち込んでいれば、姫子がニコニコと笑いメニューを見せてくる。
そのメニューを京太郎は、少しばかり前へと乗り出し見た。
そこに書かれていたのはケーキの類のデザート。
甘い物が欲しくなったのかと思い、京太郎は真剣に選ぶ。

「あっ、これが――」
「んっ」
「あれ?」

一つ選び終え、それを指差した瞬間であった。

「ふふふ……一足早いクリスマスプレゼント」
「っ―――」

慌てて、今起きた事を再確認し京太郎は右往左往する。
自分の唇を指で触り姫子を驚き見た。

そんな驚きの表情で見られ姫子は、笑う。
そして指を一本立て唇の前に持っていき、片目だけを瞑りウインクして言う。

「皆には内緒」

甘い、甘い。
ケーキをまだ食べていないのに、ミルク入りコーヒーを飲んでいないのに――京太郎は口に甘みを感じた。
しかし、その甘さに不快感はない。
むしろ、胸が高鳴り、暖かくなり、自然と微笑がもれた。

カンッ!