違和感は最初からあった


―――朝、清澄高校校門前


京太郎「おーっす、咲!」

咲「あ、おはよう京ちゃん」

京太郎「…ん?」

咲「どうかした?」

京太郎「何か今日…いや、なんでもない」

咲「?」

京太郎「(何だ?今日の咲、妙に色っぽいような…///)」ドキドキ


キーンコーンカーンコーン


京太郎「さって、部活行こうぜ咲」

咲「うん…って、え?部活ってどこの?」

京太郎「はぁ? 麻雀部以外にどこ行けってんだよ」

咲「え!? 京ちゃんも麻雀部だったの?」

京太郎「流石に酷過ぎね!?」


この時は少し行き過ぎたブラックジョークくらいに思っていたんだ



―――放課後、麻雀部部室


咲「こんにちわー」

まこ「おーう咲、と……」

京太郎「おはようございまーす! …あれ?何か今日の染谷先輩すっげー可愛いですね!!」

まこ「な、何じゃいきなりコイツは!///」

京太郎「え…何スかその反応…? というかいつもとイントネーション違くないですか…?」

まこ「はあ?何言うとるんじゃ…というかお前d――」

優希「おーっす咲ちゃん!…と、そっちのイケメンは誰だ? 咲ちゃんの彼氏か?」

咲「ちょ、ちょっと優希ちゃん!?///」

京太郎「はぁ?何言ってんだタコ…す…?
    あれ?え、でか…!? え、お前いつからそんなパワー系に転向したんだ!?」

優希「…咲ちゃん、この人何言ってるんだじょ?」

咲「京ちゃん、今日ちょっとおかしいよ!?」

京太郎「いやいやいや!おかしいのはお前らの方だって――」


和「遅くなりました」ガララ

京太郎「和!聞いてくれよ!何か皆がおか…し…」


優希や染谷先輩の非じゃない強烈な違和感


和「…あの、どちら様でしょうか?」ケイカイー

京太郎「(和の胸、間違いなく縮んでる…いや、今でも十分に大きいんだが………ハッ!?)」


ここにきてようやく気付く――


京太郎「(咲!!)」クルッ

咲「?」


ゴゴゴゴゴゴゴ


京太郎「(やっぱり…朝から感じていた違和感の正体…!)」



   咲 に お っ ぱ い が あ る 






―――同時刻、風越女子高校麻雀部部室


華菜「キャプテぇえええン!!!」

美穂子「きゃっ!ど、 どうしたのそんなに慌てて!?」

華菜「コーチとみはるんがおかしいんです!」

美穂子「落ち着いて、順を追って話してもらわないとわからないわ」

華菜「す、すみません」

美穂子「それで、どうしたの?」

華菜「今日になっていきなりコーチが私のことタケダ!って…」

美穂子「…?」

華菜「そのことみはるんに話したら何がおかしいの?って…そんで私のこと変な名前で呼んで…」

美穂子「…えっと?」

華菜「なんか、レナちゃんって…」

美穂子「ごめんなさい、話が見えてこないわ」

華奈「キャプ…テン…?」

美穂子「だって…」


   玲 奈 の 名 前 は 武 田 玲 奈 で し ょ ?


――――――

―――――

―――


京太郎「(何が起きてる…? ここは…)」


華菜「(おかしいのは皆か?アタシか…? ここは…)」



   此 処 は 一 体 ど こ な ん だ ! ?







同じ麻雀卓、同じ部室、同じ顔をした友人達

だが違う

昨日まで自分がいた場所は、いるべき場所はここではない


京太郎「信じてくれるんですか…? 本当に!?」

久「もちろん信じるわ、だってそっちの方が面白いじゃない!」


出会うべくして出会った少年と少女


華菜「お前…今、何て言った…?」

京太郎「え、池田さん…ですよね?風越の…あれ?違いましたっけ?」


徐々に結ばれて行く点と点、そして浮かび上がる新たな謎


京太郎「やっぱり…そういうことか…!」

華菜「ちょっと待つし!それじゃあアタシたちはもう…」


全てが一つに繋がった時、真実がその扉を開く


久「短い時間だったけど、楽しかったわ …本当に、楽しかった」

ハギヨシ「…同感です」

京太郎「部長…ハギヨシさん…」

華菜「感傷に浸ってる暇は無いし!!」


果たして少年は、少女は、元の生活へと戻ることができるのか?



京太郎「実写世界?」 華奈「早く帰り方見つけるし!!」


2017年初頭
誰か始めてちょーだい!

カン!