白望「……」 ダルーン

京太郎「シロさん、そんなに寄りかかられると」 アセ

白望「嫌?」

京太郎「い、嫌ってわけじゃないんですけど……」 アセアセ

白望「充電……」 ダルダル

京太郎「(柔らかい身体が背中が当たっておもちが目の前に……ッ!?)」

白望「(触ってきてもいいのに……)」 ダル

塞「(あの二人、いい加減くっつけばいいのに……)」 ハァ