咲「ようやくお姉ちゃんと仲直りできて嬉しいよ!」

照「私もだよ咲」

京太郎「よかったな咲!」

咲「うん!」

照「?」

咲「あ、紹介するよお姉ちゃん! 京ちゃんっていって、私にまた麻雀するきっかけをくれたんだよ。金髪だし大柄だけど怖がらなくても大丈夫だよ、京ちゃん優しいからさ!」

照「フン!」ボッギャァアア

京太郎「ブゲーッ!」

咲「な、なにをするだァーーッ!」

照「……(こいつが咲の嫁とか言われてる京太郎か!こいつを精神的にとことん追い詰め最終的に咲をお姉ちゃんっ子にしてやる)」

京太郎「いや仕方ないっすよ、自分よくビビられるんで」

照「……」

咲「き、京ちゃんがそれでいいならいいけど……せめてお姉ちゃん謝ってよ!」

照「ふん」

咲「お姉ちゃん!」

京太郎「まーまー咲、そんなもんにしとけ。 (お前が俺と仲よさそうにしてるせいで妬いてるんじゃないか?)コショコショ」

咲「え、えぇー!? ダメだよ! 京ちゃんは私の……」

京太郎「? や、妹が取られてって事だよ。 なんでそっちに対してやきもちやくんだよ」

咲「えっ? あぁうええと……えへへ」

京太郎「変なやつ~」

京太郎「」キャッキャ

咲「」キャッキャ

照「……」ドドドドド

京太郎「お、お姉さんお一人ですか?」

照「……」

京太郎「いやあ、ちょうどお話ししてみたかったんで良かったっす」

照「……」

京太郎「あ、これ昨日作ったクッキーです。 よかったらどうぞ」

照「……何?話って」ポリポリ

京太郎「咲とはどうですか?」

照「……」

京太郎「いえね、前に咲から姉ちゃんがインタビューに妹はいないって答えてたって半泣きになりながら報告された事がありまして、ちょーっとお姉さんの人となりも気になってたんですが」

照さん「……」ポリポリ

京太郎「大丈夫そうっすね、その感じだと」

照「何を根拠に」

京太郎「見れば見るほど咲にそっくりなところとかですかね。 美味しそうに食べてる顔はどっちもかわいいですよ」

照「……」

京太郎「お姉さんもパッと見凛々しくてカッコいいけど、なーんか危なっかしくてほっておけないというか」

照「……」

京太郎「ま、他人が言うのもアレですけど今まで一緒にいられなかった分、仲良くしてやってください」

照「言われなくても」

照「……それと、照でいい」

照「京ちゃん……咲とキスはしたのかい? まだだよなあ」

照「初めての相手は咲ではない! この照だァーーッ!」

京太郎「……」バァ-ン

咲「テェエエエエエエエエエルルルゥゥウウウウウウウゥウウゥウウウ!!!!!!」バアン!

照「姉の名を! ずいぶん気安く呼んでくれるようになって嬉しいよ咲。 でもその右手に握りしめているそのカン材! それで一体何をするつもりなの?」ガタッ

咲「決して許さない! お姉ちゃんとの喧嘩してた日々や離れ離れになってた時間なんて関係ない! そんなことはどうでもいい!」

照「ほほう? さては聞いたね愛しの京ちゃんのことを。 それでカンによる報復に出ることを考えたわけか!」

照「咲、見苦しいよ嫉妬に狂った姿は!」

咲「ウオオオオいくぞ!」

照「さあこい咲!」

京咲が世界を救うと信じて! 未カン