竜華「そういえば今日10月31日やねー」

怜「ハロウィンやな」

京太郎「日本でも最近イベントあったりしますよね」

竜華「うちらもああいう格好する?カボチャかぶったり!」

京太郎「あんな大きいカボチャ売ってるとこ近所にありませんよ」

怜「そやなー…でもハロウィンやしなんかやりたいなー」

竜華「そや!ええこと思い付いた!怜ちょっと耳かして!」

ゴニョゴニョ

怜「竜華…天才やでほんま」

竜華「京ちゃんうちら買い物行ってくるな!出掛けたらあかんよ!」

京太郎「?」

京太郎「分かりました」


竜華「ただいまー!」

京太郎「おかえりーって結構買ってきましたね。どこ行ってたんです?」

怜「ちょっとなー」

竜華「京ちゃんうちら着替えてくるから待っててな!」

京太郎「??」


竜華 怜「じゃーん!」

京太郎「黒いマントに…スーツ…あ!吸血鬼ですね!」

竜華「ぴんぽーん!」

怜「前見掛けててな、買ってきたんや」

京太郎「二人とも似合ってて可愛いですよ」

竜華「ほんま?めっちゃ嬉しいわ~」

怜「それでな京ちゃん、これ口に入れて、飲んだらあかんで」

京太郎「これって…トマトジュース?」

竜華「そうやでー」

怜「竜華が先でいいで。思い付いたの竜華やし」

京太郎「はい、ひれましたよー」

竜華「てーい!」

ムチュー

竜華「ぷはっ!」

京太郎「せ、先輩!?」

竜華「お、美味しかったで」

怜「京ちゃん次うちの番ー」

ムチュー

怜「…クセになりそうやー」

京太郎「んな…」

竜華「京ちゃん京ちゃん」

竜華「吸血鬼に血を吸われたらな、その人を吸血鬼になるんや。だからな…」

怜「次はな…うちらのを…その」

竜華 怜「吸い付くして…」

京太郎「…」ゴクリ

後日、口を滑らして他のメンバーにばれて変態と罵られるのを三人はまだ知らない。

終わり