春「なにしてるの?」

京太郎「ああ、ちょっと喉渇いたからコーヒーでも淹れようと思ってさ」

春「ふぅん……」

京太郎「春も飲むか?」

春「うん」

京太郎「そのかわり手伝ってくれよ?」


京太郎「―――さて、コーヒーを濃いめにドリップしたのがコチラになります」

春「あんまり苦いのはイヤ……」

京太郎「心配ご無用。で、ここで60℃にあたためた牛乳を用意します」

春「なんで60℃?」

京太郎「それ以上は牛乳の成分が固まっちゃうからな」

春「へぇ」

京太郎「それと、粉々に砕いた春の黒糖(喜界島産)」

春「なかなか苦戦した……」

京太郎「砂糖とか、固まっちゃうと大変だもんな。ごくろうさん」


京太郎「それらを混ぜてっと……はい、できあがり!」

春「黒糖カフェオレ」

春「おいしい」

京太郎「ああ、コーヒーと黒糖は合う」

春「コクコク、ふぅ……」

京太郎「春ってさ、マグカップも湯のみと同じで両手で持つんだ」

春「あ……」

京太郎「まぁ、いつも緑茶とかだしな」

春「うん、ついやってしまう……」

京太郎「そのクセ、なおさないでいいよ」

春「なんで?」


京太郎「だって、可愛いじゃん」

春「っ……」


京太郎「こう、両手を添えるのが女の子らしいっていうか」

春「そ、そう……」

京太郎「それで、胸元に寄せてるのも可愛い」

春「し、知らない……」

京太郎「女の子にだけ許されたポーズだよなー」

春「ぅ……」


初美「あっ、2人でなんか飲んでる!」

霞「コーヒー、カフェオレ? いいわねぇ」

初美「私も飲みたいですよー」

京太郎「お茶以外なんて珍しいですね」

霞「あら、こんな格好だからって和食や和菓子ばかりなわけじゃないわ」

京太郎「ティーカップより湯のみの方がしっくりきますよ」


霞「それは否定しないけど……あ、でも、それはそれでハイカラかしら?」

初美「姫様のおめざ、今日はこれにしましょうか?」

霞「そうね、たまにはいいわね。それじゃあ、お菓子の方どうしましょう」

京太郎「カフェオレは人数分、作っときますよ」

霞「そう? たすかるわ」

春「材料は私が用意する……」


京太郎「―――はて、コーヒーを淹れたものの……」

春「なに?」

京太郎「さっきと材料ちがくない? 黒糖は?」

春「それでいい」

京太郎「これ、グラニュー糖ですけど?」

春「あれは、特別のやつだから……」

春「す……京太郎にだけ、特別」

京太郎「ふーん、貴重な黒糖だったのか?」

春「はぁ……」

京太郎「え、なに?」

春「なんでもない」


京太郎「あの黒糖、美味しかったんだけどなぁ」

春「欲しくなったら、言って……分けてあげる。そのかわり……」


春「また、ふたりきりで……」



カン