洋榎「それ、ほんまに言ってるんか?」

絹恵「うん、ほんま。」

洋榎「……どこぞの先鋒やないけどちょいタンマ。」

絹恵「……。」

洋榎「(大事な相談って言われたからなぁ、絹も隅に置けんなぁ思って聞いたら……清澄の男子に惚れたやと!?)」

「(……まぁ百歩譲って大阪の男ならウチも何の異論もない、けど長野やったら遠距離恋愛になるやろ!)」

「(それに会って一日で惚れたとか、チョロい!絹チョロ甘やで!そんなん姉として素直に認められるかい!)」

絹恵「えーっと……お姉ちゃん?」

洋榎「絹、ウチはどうも素直に応援出来んわ。そんな何処の馬の骨とも分からん奴との仲、応援出来るかいってもんやわ。」

絹恵「え?そっかぁ……あっ、せやったらお姉ちゃんも会ってみたらええよ!」

洋榎「は?」

絹恵「会ってあの子の事知ったら、お姉ちゃんも気に入ってくれるかもしれんし!」

洋榎「お、おう……(むむむっ、まぁ確かに自分の目で見定めた方が正当な評価が出来るか。)」

絹恵「会ってくれるん?」

洋榎「……ええやろ、それで万が一絹に見合わん思ったら寧ろ全力でいてもうたるで!」

絹恵「うん、分かったわ!」

洋榎「(ふんっ、清澄の男子……首洗って待っとれよー!)」

~翌日~

京太郎「いやぁ、お姉さん色々な所凝ってますねぇ。マッサージのし甲斐ありますよ!」グッグッ

洋榎「あっひぃん!あかん、これ以上は惚れるぅ~!」ビクビクッ

絹恵「気に入ったやろ、須賀くんのマッサージ!ほんま気持ち良すぎて惚れたわ~♪」

京太郎「お褒めいただき光栄ですよ、憤っ!」グッ 

洋榎「堪忍!堪忍やでぇ!んふぅ♪」ビクッ

久「あ~らら、流石の洋榎も骨抜きね。」クスクスッ

私もしてほしい!カンッ!