淡「ん……ん……っ!」

私……いやらしい娘になっちゃった……。

淡「ん……あっ……」

インターハイでキョータローと出会って……それから何度も会って……。

淡「き……キョー……タロ……」

私の中でキョータローに対する想いが大きくなって……。

淡「あっ……ん……」

抑えきれなくなって……。

淡「ちょーだい……キョータローの……」

誰もいなくなった部室の中で……はしたないことをしちゃって……。

淡「!!」

たとえ届かなくてもいい……。

淡「キョー……タロー……」

この思いを……好きの気持ちを……キョータローに……。