咲「あーん」

京太郎「え……咲、おまえなにリップクリーム食べようとしてんの?」


咲「ち、ちがうちがう! 塗りやすいようにあたためてるだけだよ!」

京太郎「そうなんだ。てっきり……」

咲「てっきりなにさ。京ちゃんの中で私はどんな扱いなの?」

京太郎「な、なんでもない。さすが、女子はそういうの気にかけるよな」

咲「京ちゃんが気にしなさすぎなんだと思うよ。あ、そうだ」


咲「コレ、使ってみる?」

京太郎「え? いや、いいって」

咲「遠慮しなくてもいいんだよ」

京太郎「ってかオレ、リップクリーム苦手なんだよ」

咲「そうなの?」

京太郎「ああ。なんかスースーするし、ベタつくし」

咲「それなら大丈夫。これ無香料でサラサラしてるやつだから」

京太郎「へぇ」


咲「と、いうわけで。京ちゃんここ座って、そしたらすこし顔あげてね」

京太郎「はいはい」

咲「で、ちょっと口開いて……軽くイーってして」

京太郎「こう?」イー

咲「そうそう。うーん、人にするのって難しいね」ヌリヌリ

咲「しょうがない。指で塗るね」

京太郎「へ?」

ヌリヌリ

京太郎(うお……咲の指が、オレのくちびるに……)

咲「んっしょ……」

京太郎(細いなぁ。やっぱり男とは全然ちがう……)

京太郎(ちょっと冷たいのが気持ちいい……人に触られるのって、変なカンジだ……)

京太郎「…………」


京太郎「あむ」パックン

咲「きゃああああっ!?」ビビクン


咲「なに!? なんで指食べるの!?」

京太郎「ごめん。つい……それで、ちゃんと塗れてる?」

咲「塗れてるよ!」

京太郎「ほうほう。たしかにスースーしないし、ベタベタしない!」

咲「でしょー」

京太郎「さすが咲。これから乾いた時は、咲にお願いしようかな」

咲「ええー? もう、しょうがないなー」



優希「うそだじぇ。ベタベタしてるじぇ」

和「見てるこっちがスースーしてきますね。心が」


カン