京「ふいー」

今日の雑用をある程度終えて一息つく。多すぎ……相変わらず部長ひどい。

久「お疲れさま、須賀君。はーい、それじゃ今日の部活はお終いにしましょう」

咲「あれ、もうそんな時間?」

優希「タコス切れた……京太郎、明日のぶんのタコス頼むじぇ!」

まこ「んじゃあ今日は店の手伝いもあるし、はやく帰るとしようかのう」

京「みんなお疲れー」

和「須賀君は帰らないんですか?」

京「ちょっとなー」

咲「ん?」

京「雑用ちょっと今のうちにやりたいものがあるからさ」

まこ「ほんとにようやってくれとるのう……」

優希「最近はタコスの腕前も上がってて嬉しいじぇ!」

久「麻雀の腕をあげるべきなんだけどね……」

京「あはは、ですよねー」

久「それじゃ帰りましょうか」

咲「ばいばい、京ちゃん」

京「おう、みんなまた明日なー」


  • 数十分後-

京「よし……こんなもんだな」ガチャ

久「あら、須賀君。まだ帰ってなかったの?」

京「部長? はい、牌譜を整えてまして……」

久「……この量を一人で? ほんとにお疲れさま」

京「いえいえ、見ていて勉強になりますし」

久「なるほどね、最近打ち方が少し変わってきてると思ったら……」

京「ところで部長はどうして?」

久「ちょっと学生議会長としての仕事でね、帰りに通りかかったら音がしたから来てみたのよ」

京「あー。それじゃ終わったし俺も帰ります」

久「……須賀君。ちょっと待ってくれる?」

京「? なんでしょう」

久「ちょっと聞きたいことがあるんだけど、良いかしら?」

京「はあ、答えられる範囲なら」

久「そうね……今朝、部室の前で女の子と話してたでしょう?」

京「あ、見られてたんですか……はい」

久「あの後女の子が泣きながら走っていった……なにを話してたの?」

京「んー……ちょっと告白されまして」

久「!? そ、そう。……返事は?」

京「その場で言いました。なにも知らない人とは付き合えないって」

久「へえ、そうなの。ふーん……」

京「部室の前であんな話してたのが気にかかりましたか? すいません」

久「いえ、大丈夫よ。……ところで須賀君。知らない人とは、っていうのは」

京「へ? ええ、ですからあまり仲良く無い人とは無理ですね」

久「なるほどね。……話代わるけど、須賀君って私のこと仲良いと思ってる?」

京「? はい、雑用ばかりやらされてるけど、その分色々教えてくれますし」

久「なら、いいわ。よし、鍵閉めるわよ! 出てった出てった!」

京「おわっと、分かりましたから押さないでください!」


カン!