咲「おはよう、お兄ちゃん!」

京太郎「…は?」

咲「どうしたの、お兄ちゃん?」

京太郎「…なにその呼び方」

咲「むぅ…京ちゃんにはハズレかぁ」

京太郎「だから結局何なんだよ」

咲「あぁ、えっとね…今日ってさ、いい夫妻の日じゃない?」

京太郎「あぁ、そー言えば」

咲「それで呼び方変えてみようかなーって思って」

京太郎「…それで何故『お兄ちゃん』に」

咲「いやあ、だってさ。優希ちゃんが前に言ってたから普通に『あなた』だと新鮮味がないし兄さんの日ってことにしようかなって」

京太郎「俺、お前の頭の中がわかんない」

咲「えー」

京太郎「色々かっとんでんだもんよ…」

咲「そうかなぁ…」

京太郎「てかそもそも俺お前より誕生日後だし、その場合お前が姉になるんだけど」

咲「ッ!…お姉ちゃんに甘えていいよ!」

京太郎「調子乗んなポンコツまな板」ゴスッ

咲「いだぁっ!?」

京太郎「年長者気取るなら迷子癖を矯正してからにしてもらえませんかねえ」グリグリ

咲「い~た~い~!グリグリするのだめー!」

カンッ