昼休み前・食事会場


洋榎(咲)「京ちゃん、お昼の準備ご苦労様」

京太郎「愛宕さ……じゃなかった、咲か」

咲(洋榎)「おっ、昼の用意出来とるやん。でかしたでぇ京ちゃん!」

京太郎「関西弁はなるべく控えて下さいよ、愛宕さん……というか、関西弁喋る咲なんて違和感しか無いはずなんだけど、妙にしっくりくるのは何なんだ……」

咲(洋榎)「そら中身がホンマもんやからな。エセでしゃべくんのと一緒にせんといてや?」

京太郎「まぁ、ほんとなるべくでいいんで……多少は俺がフォローしますから」

洋榎(咲)「頑張ってね京ちゃん?」

京太郎「お前が一番心配だっつーの!姫松の人の前でもこっちの言葉で普通に話しやがってコノコノ……!」グリグリ

洋榎(咲)「だ、だって関西の言葉なんて使ったことなくて……い、いたいよ京ちゃん……!」

咲(洋榎)「おーおー仲良いんは結構なんやけど、ウチの身体で遊ばんといてな?」

久「あら、もう来てたのね?……愛宕さんに咲、それに須賀君……変な組み合わせだけど、もう仲良くなったのかしら?」

――――――――

京太郎(ヤバい!よりによって一番ヤバい人が、俺たち三人しかいないこのタイミングで……!)

咲(洋榎)(とりあえずウチの身体から離れぇ京ちゃん! それと宮永は喋んな、ここはウチがなんとか誤魔化す)

洋榎(咲)(よ、よろしくお願いします!)


京太郎「ぶ、部長!お疲れ様です!」

久「須賀君もお疲れ。ごめんなさいね?ホントは須賀君に手を貸してもらうつもりは無かったんだけど、優希がどうしても須賀君のタコスを広めるんだって……」

京太郎「あぁ、それでタコス用の材料があんなに……」

咲(洋榎)「ホンマですよ部長!折角のウチと京ちゃんのラブラブタイムが台無しn」


京太郎「スッタァァァァァァァァァァァップ!!」


久「ええぇ!?な、何須賀君いきなり……!?」


京太郎(ナニイテンダアンダッタイ!)

咲(洋榎)(え?何がって……京ちゃんと宮永デキてんとちゃうんか?)

京太郎(そんな訳ないでしょーが!自信満々だから何か作戦でもあるのかと思ったら……)

咲(洋榎)(そんなん言うたかて普通そう思うわ!大体なんやねん「京ちゃん」「咲」って、むっちゃラブオーラ出とるやん!そんなん言うならウチの事も「洋榎さん」とか呼んどけや!)

京太郎(無茶苦茶言わないでくださいよっ!……とにかく、俺と咲は普通の幼馴染、いいね?)

咲(洋榎)(アッハイ)


洋榎(咲)「……」

久「びっくりさせたかしら? たまに騒がしくなるのよねぇ須賀君……どうかしら愛宕さん、午前中での感触は?」

洋榎(咲)「……え?わ、私!?あー、そのえっと……だ、大丈夫です、ちゃんと牌も見えてましたし、午後からも」


京太郎&咲(洋榎)『だあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!』


洋榎(咲)「楽しんで打ちますぅぅぅ…………」

久「えっ!?ちょっと須賀君、咲!愛宕さん連れてどこに……!?」

――――――――

資材室


京太郎「ぜぇ、ぜぇ……な、ナイスダッシュでした、愛宕さん……」

咲(洋榎)「はぁ、はぁ……京ちゃんこそ、思い切りよかったで」

洋榎(咲)「ご、ゴメンね京ちゃん、愛宕さんも……」

咲(洋榎)「ドンマイや宮永……にしてもこらぁ、何か対策立てんとアカンなぁ……」

京太郎「あー、それなんですけどね」

洋榎(咲)「京ちゃん、何か思いついたの?」

咲(洋榎)「ええでぇ京ちゃん、ドーンと言うてみ!」

京太郎「……ちゃんと打ち合わせしません?」

咲&洋榎『あー……』


合宿終了まで、あと二日半……


カンッ