京太郎「ハギヨシさんハギヨシさん、聞きたいことがあるんですけど」

萩原「おや、どうしました須賀くん」

京太郎「この前、『外で女の子とベンチとか地面に座る時はハンカチの様なものを敷くと好感度が上がる』って言ってたじゃないですか」

萩原「ええ」

京太郎「何でそんな薄い布切れ一枚で女の子は安心するんですかね?」

萩原「やれやれ、須賀くんはそんなことも分からないんですか…」

京太郎「えっ、これってそんな簡単な話なんですか!?おせーて!おせーて下さいよぉ!」

萩原「いいですか?このお話はとあるひとつの言葉で全てが解決します」

京太郎「ひとつの言葉…?そ、それって!?」

萩原「『コンドーム』」

京太郎「ッ!!??」

萩原「いかがですか?」

京太郎「すげェ…すげェよハギヨシさん!言葉だけでなく心で理解できたッ!さすが俺の尊敬する人だぜ!」

萩原「フフ、そこまで言われると照れてしまいますね」

京太郎「うぉぉ、今の言い方も何かカッケェっす!」







純「…なあ、国広くん」

一「なんだい、純くん」

純「なんつーかさ…馬鹿になってね?ハギヨシのやつ」

一「まぁ…でも仕方ないよ。親しい同性の友達なんて今までいなかったんだしさ。仕事の方はむしろ効率が上がってるし良いんじゃない」

純「んー…それもそうかぁ」


智紀「……」ちくちくちく

衣「む?智紀、四角い袋に針を刺して何をやっておるのだ?」

智紀「万が一にも男を逃がさない下準備…衣もやってみる?」

衣「うん!やってみたい!」

――――――

京太郎「…うぉっ、何か寒気が」ゾクッ

萩原「おやおや、仕方ありませんね…こちらをどうぞ」

京太郎「すげェ!どっから出したんですかその膝掛け!」

萩原「フフ、それは秘密ですよ」

―――――――


透華「『執事とメイドとその友人がカオスすぎる件について』…と」カタカタ

歩「お嬢様、そのタイトル確実に特定されますのでお止めください…」

透華「あら、そうですの?フフフ、そんなにすぐ特定されてしまうなんて…目立ってますわ、目立ってますわねぇ!」

歩(職場がカオスすぎて働くの辛いです)

カンッ