京太郎「海だー!! ヒャッホー!!」

数絵「騒がないで、恥ずかしいから」

京太郎「だって、沖縄だぞ!?」

数絵「そうね……、綺麗な海」

数絵「でも恥ずかしいから騒ぐのは止めて」

京太郎「はー、クールというかなんというか……」

京太郎「とかいって、本当はウキウキしてるんじゃないか~?」

数絵「……はぁ」

京太郎「ため息つくなよ……。 まっ、せっかく滅多に来れないところにきたんだし楽しまなきゃ損だぜ」

数絵「そうかしら」

京太郎「そーだよ」

数絵「そうよね」

京太郎「あぁ! よーし、じゃあいっちょひと泳ぎすっかー?」

数絵「えぇ」

京太郎「あ、そうだ」

数絵「なに?」




京太郎「……水着似合ってるぞ」

数絵「え……?」

数絵「あ、ありがとう」

京太郎「俺の水着はどうだ!?」

数絵「にあってるわすてき」

京太郎「そんな棒読みで……」

数絵「くす」

京太郎「へへへ」

数絵「じゃあいきましょう」

京太郎「あぁ」

………………
………

京太郎「いや~、はしゃいだな」

数絵「そうね……、楽しかった」

京太郎「そっか、来てよかったな」

数絵「ふふ、そうね」




数絵「……あっ!」

京太郎「どうかしたのか?」

数絵「日焼け止め塗るの忘れてたの……」

京太郎「はぇ~、言われてみれば確かにちょっと焼けたか?」

数絵「ど、どうしよう」

京太郎「サンオイル塗ったわけじゃないし大丈夫だろ」

京太郎「俺はどうだろ? 焼けたかな?」

京太郎「う~ん……。 これもうわかんねぇな」

数絵「やっぱり水着の所と少しだけ違うみたい」

京太郎「……ちょっと水着ずらしてくれないか?」

数絵「は?」

京太郎「いや、数絵も焼けたか確認したほうがいいと思ってさ」

数絵「そんなの別にいいわよ……」




京太郎「自分じゃわかんないしさ、腰回りの水着ほんのちょっとずらすだけでいいから」

数絵「ちょ……」

京太郎「いいからいいから」

数絵「ちょっちょまっ……!」

京太郎「暴れんな、暴れんなよ」

京太郎「な?な?暴れんなって!」

数絵「あーもう! ほんのちょっとだけだからね」

京太郎「アリシャス!」


数絵「……どう?」

京太郎「おっ、いいじゃん。 綺麗綺麗」

数絵「そ、そう?」

京太郎「すっげぇ、クッキリしてる。 はっきりわかんだね」

数絵「……」

京太郎「なんかこの辺がセクシー…、エロいッ!」

数絵「……ッ!!」

京太郎「あイターッ!!」

京太郎「ビンタすることねーだろぉ!?」

数絵「もう! なにを言い出すのよ!」

京太郎「率直な感想なんだけど」

数絵「そっ!率直って!」

数絵「……先に戻ってるわ」

京太郎「あ、あぁ」

京太郎(やべー、ふざけすぎたか)

数絵「京太郎?」

京太郎「ん?」

数絵「夜……、覚えてなさいよ?」




京太郎「ははっ……、真夏の夜か……」


終わり