4月1日、お昼

ピンポーン、ピンポーン、ピンポーン

京太郎「だあっ! 連打って何考えてんだ、どなたですか!?」

久「やっほー、須賀くん、お久」

京太郎「部長……もう大学生になるのに何してんすか」

久「いやー、どうしても今日言わなきゃいけないことがあってね。あともう部長じゃないわよ」

京太郎「はあ、もうあなたの無茶ぶりには慣れました。なんですか?」

久「須賀くん、いえ京太郎くん、私とお付き合いしてください。あ、もち恋人としてね」

京太郎(なん、だと? いや待て、なぜ今日じゃなきゃいけない? ――そうか、エイプリルフール!)

京太郎「勿論いいですよ。俺も部長、いや久のこと好きだったんです」

久「嬉しいわ。これからよろしくね。
  ところで知ってるかしら? エイプリルフールは午前中までだって。さて今は何時でしょう?」

京太郎(な、なにー!? 12時02分――つまりこれは)

久「恋愛ごとで嘘はいけないわよね、嘘は。そしてここにレコーダーがあります。
  『勿論いいですよ。俺も部長、いや久のこと好きだったんです』、んーこれは動かぬ証拠ね」

京太郎「あ、貴方って人は――あれ? そうすると部長の告白は?」

久「ふふ、12時ぴったりの言葉はどっちでしょうね?
  じゃあ京太郎くん、これからよろしく♪」


カン