長野の選抜の初日
南場で大量失点、点数も勢いを見せず惨敗だった
会場に響くファンのため息、どこからか聞こえる「それではここで咲ちゃんクイズです!」の声
無言で帰り始める部長達の中、唯一の男子麻雀部員の須賀京太郎は独りベンチで泣いていた
ハンドボールで手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
それを今の麻雀で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」京太郎は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、京太郎ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってネトマをしなくちゃな」京太郎は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、京太郎はふと気付いた

「あれ・・・?観客がいる・・・?」
ベンチから飛び出した内川が目にしたのは、2階席まで埋めつくさんばかりの観客だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように清澄の校歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする京太郎の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「京ちゃん、出番だ、早く行くぞ」声の方に振り返った京太郎は目を疑った
「ア・・・アカギさん?」  「なんですか須賀くん、居眠りでもしてたのですか?」
「こ・・・傀コーチ?」  「なんだ内川、かってに利根川を引退させやがって」
「哲也さん・・・」  京太郎は半分パニックになりながら画面を見上げた
先鋒:赤木しげる 次鋒:阿佐田哲也 中堅 :伊藤開司 副将:竜 大将:須賀京太郎
暫時、唖然としていた京太郎だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
会場へ全力疾走する内川、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっている京太郎が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った