「おー今日の食堂なんか混んでるな」

お昼になってご飯を食べに食堂に来たけど……混みまくってて席が開いてない。

「咲もどっか行っちゃったし……んー」

「須賀くん?」

「えっ?」

近くの席から呼ばれたのでそっちに顔を向けると、

「あれ、和? 食堂に居るの初めて見たな」

「ええ、そうですね。今日はちょっとお弁当を忘れまして……」

「なるほどなぁ」

「もしかして須賀くんも?」

「いや、いつもここなんだ。で、今日も来たんだけど……あはは」

「ああ、席が全部埋まってて食べられないと」

「そういうこったな」

「でしたら相席しませんか?」

「え!? い、良いのか?」

「はい、問題ありませんよ。……嫌でした?」

「むしろありがとうございます!」

「は、はい……ふふ」

「よーし、それじゃちょっとランチ買ってくるか」

「はい、待ってますね」


「久しぶりに食べたけどこのセットも中々のお味……」

「それって確か、男性の方に人気なはずでしたが……あまり食べないんですか?」

「いつもは咲にレディースランチを頼んでいるんだよ。日替わりだから毎日メニュー違ってて美味しいし」

「咲さんに? ああでも、付き合ってくれそうですね」

「ほんと、いつもありがたいです……」

「本当に仲が良いんですね、お二人は」

「まあ幼馴染ってやつだしなー」

「すこし、羨ましいですね。優希とは長い付き合いですが、咲さんとは高校からなので……」

「そういえばそうだよな」

「それに、学校では友だちだといえる人はあまり居なくて」

「……そうなのか?」

「ええ。……あ、これはあまり良い話じゃありませんでしたね。気にしないでください」

「んー……なあ和」

「はい?」

「俺と仲良くしようぜ」

「……えっ?」



「だから、俺と友だちにならないかって」

「……それはさっきの話からの同情とかでしょうか」

「違うって! いやまあ、思うところが無かったわけじゃねえけどさ。実は前からなりたかったんだ」

「私の友だちに……ですか?」

「ああ。けど咲を連れて行って、咲が先に仲良くなって。俺は雑用とかであまり部室にはいないだろ?だから話すことも無いから結局、この会話がかなり久しぶりの会話になってる」

「たしかに、全く話すことがありませんね。麻雀の話をしようにも理解できていないようでしたし」

「うぐっ……これから勉強していきます」

「そうしましょう」クスッ

「だから、勉強しまくって和に麻雀の相談するからな。そこから仲良くなってやる!」

「…………そうですか」

「あれ、もしかして嫌だった……り?」

「いえ、そうでなく……その」カオマッカ

「うおっ、なんで赤らめてるんだ!? もう寒いし風邪とかじゃ」

「大丈夫です。……むしろ何故でしょうか、あったかいです」

「なら平気なのか……? でも気をつけろよー?」

「はい。それでは、私の友だちになってくれますか?」

「! お、おう。よし、俺と和は友だちだ!」

「ええ、よろしくおねがいします。京太郎くん」ニコッ

「……生きててよかった」ボソッ


カン!