『力が欲しいか?』

女子が全国で大活躍した一方、鳴かず飛ばずの俺は思わずその手を取ってしまった。

学校は、行かなくなった。正確には行けなくなった。
そんな暇があれば牌を握れと、お前に一番足りないのは経験と信念だと教え込まれた。

傍から見ればヒモかもしれない。それでもなお、あいつらに胸を張れる強さが欲しかった。
環境は用意された。それもおそらく最上の。
トッププロによる指導に生活の面倒まで見られ、卓を中心にした日々。

代償は自らの半生。
己を切り売りしてただひたすらに打ち込んだ。

季節は一巡りし、籍だけは残っていた母校へ大会出場の申請書を手に向かう。

『行くのかい?』

京太郎「ええ、そのために俺は一年を使ったんですから」

咏「武運を、とは言わねーよ。きっちり勝ってきな、それだけのもんは与えただろ」
はやり「ぶっちぎるんだぞ☆」
良子「ヴィクトリーロードを飾りましょう」
理沙「頑張るっ」
健夜「優勝したらご褒美だからね」

女性プロによる養成、それを受けて負けは許されない。
別に夜のご褒美を期待してたりは……ちょっとあるかも?

さあ行こう、幼馴染の姉妹も目指した頂へ――


『京太郎麻雀記』、始まりません