215 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/13(水) 20:40:32 ID:N2kS4ZHL
優希「私、最近なんだかおっぱいでかくなってきたじょ」
京太郎「・・・どこが?」
優希「照れるな照れるな。ほーらほーら、何なら触って確かめさせてあげてもいいじぇ~?」
京太郎「やーめーろーやー。イラネっつってんだろ」

和「部活中に何してるんですか、あの二人・・・ねえ、咲さん」
咲「・・・・・・・・・」イライラ
和「咲さん?」
咲「・・・・・・・・・・・・」イライライラ
和「あのー、咲さん?」
咲「・・・・・・え? な、何?」
和「・・・いや、別に何もないです・・・(こ、これはもしや・・・使える!!?)」



優希「(あーあ。今日も京太郎につい変なちょっかい出しちゃった・・・全然相手にされてないのに)・・・はぁ」
和「優希、ため息なんかついてどうしたんです?」
優希「のどちゃん・・・ううん、なんでもないじょ(そうだじぇ。京太郎はのどちゃんのことを・・・)はぁ」
和「須賀君のことですか?」
優希「う”・・・」
和「あんなに仲良さそうにしてたじゃないですか」
優希「・・・和ちゃんはモテる女だから分かんないんだじょ・・・」
和「べ、別にモテてなんか・・・それに肝心な人にモテないと意味が・・・」ゴニョゴニョ
優希「それはモテてる人の悩みだじぇ。どーせ京太郎はのどちゃ・・・京太郎は、私のこと相手にしないし」
和「優希らしくないですよ!」
優希「のどちゃん?」
和「相手にされてないのなら、相手にされるまでアタックすればいいじゃないですか!」
優希「相手にされるまで・・・」
和「そうです! 優希は可愛いんだから、須賀君もきっといつか振り向くはずです!」
優希「で、でも・・・」
和「ああもう、ゴチャゴチャ言わずにとにかくイチャイチャすべきです! みんなの前で!」
優希「え。なんでみんなの前で?」
和「いやそれはその・・・き、既成事実を作ればいいってことです!」
優希「なるほどだじょ」
和「特に咲さんの前で! 明日から今まで以上にもっと積極的にアピールです! 頑張れ優希!」
優希「のどちゃん・・・ありがと。なんだか元気でてきたじぇ! うん、頑張るとしますかー!」
和「その意気です、優希! ・・・・・・ふふふ(そして悲しむ咲さんを私が・・・)ふふふふふ」

216 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/13(水) 20:42:20 ID:N2kS4ZHL
翌日 部室前

優希「・・・」
和「どうしました優希。昨日あんな話したから、緊張してるんですか?」
優希「う・・・」
和「ファイトですよ優希! あなたならできます!」
優希「う、うん・・・!」
和「さあ、部室へ入りますよ」
バタン
和「おつかれさまです」
優希「お、おつかれだじぇー!!」

京太郎「でさ、背中のこの辺を・・・」ぎゅっ
咲「痛っ・・・きゃ、きゃはははは! く、くすぐったいよ京ちゃん!」
和&優希「!?」
京太郎「おお、和~! ・・・と優希。おつかれさまー」
咲「あはははは・・・はふっ。お、おつかれ、二人とも」
和「な、何を・・・今、二人何をしてたんですか? 」ヒクヒク
京太郎「ああ、これ? 昨日テレビで睡眠不足に効くツボっての紹介しててさ」
優希「睡眠不足?」
咲「うん。で、私が昨日読書のしすぎで睡眠不足気味だったから」
京太郎「丁度良いってんで、咲で試してみようって話になったんだよ」
咲「でも京ちゃん下手糞だから、全然効かなくてさ~」
京太郎「なんだとー?」
咲「だって、くすぐったいだけじゃん」
京太郎「コイツー」ぷに
咲「やん。もう! ・・・えへへ///」

217 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/13(水) 20:43:35 ID:N2kS4ZHL
和「(ぐ・・・部活早々に見せ付けてくれますね・・・優希はどうしたんです!?)」
優希「・・・わ、私も睡眠不足だったんだじぇ! きょーたろ、ツボ押してみろ!」
和「(その意気です!)」
京太郎「ん、いいぞ。ほれ」ぎゅっ
優希「ひゃ、ひゃうん!? ふぁ、ちょっと・・・きゃううぅ・・・あん・・・」
咲「ええ!?」
京太郎「な、なんだよその反応は!?」
優希「だ、だってぇ・・・背中がムズ痒いじょ」
和「背中弱かったんですね、優希」
京太郎「あはは。おもしれーな」ぐっ
優希「ふぁあん!」
京太郎「ほら」ぎゅー
優希「やぁん!」
京太郎「ははは」
優希「ふ・・・んん・・・た、タンマタンマ! ちょっとタンマだじょー!」
がばっ
咲「あ!」
京太郎「うおっ!? お、おい抱きつくなよ」
優希「はぁ・・・はぁ・・・」
京太郎「・・・大丈夫か? ごめん、調子に乗りすぎたかも」
優希「う、うん・・・だいじょぶだじぇ。えへへ・・・でももうちょっとこのまま・・・」
ぎゅっ
優希「えへへ///」
咲「・・・ムムム」
和「(故意なのか天然なのかは知らないけど、凄いですよ優希! 私もちょっと興奮・・・あ、いやいや・・・)」

218 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/13(水) 20:44:36 ID:N2kS4ZHL
優希「きょうたろー、ここはフツー①切りだじぇ」
京太郎「えー? ここは九だろ。まあいいや①で・・・あ、ロンされた」
優希「あ、あはははは・・・ごめんだじぇ! ま、まあネトマだし~」
京太郎「こいつめ!」ぎゅむっ
優希「きゃううん! せ、背中はダメだって言ったじぇ~!」
イチャイチャキャッキャッ

咲「・・・・・・」イライラ
久「・・・・・・」イライラ
まこ「・・・今日はいつもに増して二人仲睦まじいのう」
和「ふふふ。そうですね(その意気ですよ優希・・・ふっふっふ。咲さんもイライラしてます)」
久「・・・ちょっと、須賀君、優希?」
京太郎「はい?」
優希「なんだじょ?」
和「(ぶ、部長、なにを!? もしや)」
久「あー・・・仲がよろしいのはいいんだけどね。もうちょっとその・・・」
和「(ああ、やっぱりとめる気ですね! ダメです。やめてください部長!!)」
咲「・・・」ワクワク
久「だからあのね、つまり私が言いたいのは」
まこ「嫉妬か」ボソッ
久「!?」キッ
まこ「おっと、独り言じゃ。なんともない」
久「・・・・・・つまり私が言いたいことは・・・そのまま仲良く二人ネトマで練習してなさい。頑張って」
京太郎「は、はあ・・・」
優希「・・・? わかりましたじぇ」
和「(ナーイス! ナイスです染谷先輩!! さすが!)」
久「むうう・・・!」
咲「・・・・・・」(チッ)

219 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/13(水) 20:45:42 ID:N2kS4ZHL
優希「あー! だからそっちじゃないって言ったじょ!」
ぎゅむっ
京太郎「おい。あんまりくっつくなって」
優希「照れんなよ犬」

咲「・・・ブツブツブツ」
和「(優希と須賀君がいつも以上にイチャついてるのは予定通りですが・・・)」
咲「・・・なんで・・・京ちゃんは・・・私・・・あの・・・私の・・・私の・・・」ブツブツブツ
和「(な、なんかヤバイかもです・・・悲しむどころかおかしく?・・・一気にやりすぎたかも)」
咲「・・・私は・・・私の・・・京ちゃ・・・あのチb・・・」ブツブツ
優希「犬ー」
京太郎「だからやめろってば。背中押すぞ」
優希「あっ。あうんん・・・だからそれはやめるんだじょ!」
咲「京ちゃ・・・京・・・京・・・京ちゃん・・・私の私の私の・・・」ブツブツブツブツブツ
まこ「あー、咲? 大丈夫か? お、おい。やばいんじゃないか?」
久「別に私はそんな・・・アレじゃないけど・・・でもあんな見せ付けなくても・・・ねえ」ブツブツブツ
まこ「・・・あんたもかい」
和「(さ、さすがに今日はここまでにさせないと・・・!)」



優希「もー京太郎! 今度はお前の背中を・・・」
和「ちょっと優希」ボソ
優希「ん? なんだじぇ、のどちゃん」
京太郎「和、どうしたんだ?」
和「いやちょっと・・・優希だけこっちに来てください」

220 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/13(水) 20:46:58 ID:N2kS4ZHL
優希「なあに?」
和「いや、その・・・昨日言ったように張り切るのは結構なんですけど」
優希「けど?」
和「えっとですね。今日だけで急に仲良くなりすぎるのもどうかと・・・」
優希「? つまり何が言いたいんだじぇ?」
和「だから! 今日はもう須賀君にベタベタするのはやめるべきです! 部内の雰囲気もなんか危なく・・・」
優希「昨日のどちゃんが言ったのに・・・」
和「わ、私もちょっと考えが変わったんです」
優希「・・・・・・のどちゃん、もしかして京太郎のこと・・・」
和「・・・はぁ? 何を言ってるんですか! 私はただ須賀君とさk」
優希「京太郎が何だじぇ? やっぱりのどちゃん、急に京太郎のことを・・・」
和「だから違いますって!」
優希「嘘だじぇ!」ダッ
和「あっ、待ちなさい!」ガッ
優希「は、離すじょ。のどちゃん!」

京太郎「おい、どうしたんだ二人。何か揉めてるのか?」
和「なんでもありません! 須賀君は向こうに行って・・・」
まこ「おーい。ケンカはいかんぞー」
和「ケンカじゃありません!」
咲「・・・」ブツブツ
久「・・・」ブツブツ
和「ほ、ほら。あっちで咲さんと部長がブツブツ言ってるでしょ。あれは優希のせいで・・・」
優希「関係ない話でごまかさないで欲しいじょ! いいからこの手を離して・・・」
和「ダメです! 離すとまた須賀君のトコに行くでしょ」
優希「やっぱりのどちゃん、京太郎のコトが・・・!」
和「だから違います!!」
優希「はーなーすーじょー!」グイッ
和「きゃ、きゃあ!」
京太郎「お、おいっ!?」

 がばっ

京太郎「あ・・・」
和「え・・・?」
優希「ああー!!」
久「・・・え?」
咲「・・・・・・!!!!!」
まこ「・・・ニヤッ」

221 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/13(水) 20:49:35 ID:N2kS4ZHL
京太郎「(え? あ? あ・・・つ、つい和を・・・抱きしめちゃった)」
和「あ、あの・・・」
京太郎「(うわ、髪の毛からいい匂いが・・・それに鳩尾あたりにおっぱいの感触が・・・)」

ぎゅうっ

和「す、須賀君! 転びそうなところ助けていただいて感謝しますが、もうそろそろ離して・・・」
京太郎「好きだ、和・・・」ボソッ
和「・・・へ?」
優希「!!」
京太郎「和、好きだ!」
久「な!!?」
咲「!!!!!????」
まこ「ニヤニヤ」
和「ふぁ、はい!? え・・・はあ!!?」
京太郎「・・・・・・はっ! あああ! ご、ごめん!(し、しまった! つい舞い上がって口が・・・)」
優希「・・・・・・ううう”う”・・・きょ、今日はもう帰るじょ!」グスン
和「ああ、優希・・・!(・・・し、しかしこれでとりあえずは解決・・・)」
咲「・・・私の・・・私の・・・京・・・あいつ・・・」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
和「(ああダメだ! 凄い睨んでます!)ち、違うんですよ咲さんこれは・・・」
久「あらあらお二人仲が宜しいようで・・・へえ、そうだったんだー」ゴゴゴゴゴ
和「だ、だから違うんです!!」
まこ「何が違うんかのう?」ニヤニヤ
和「だから!」
京太郎「ご、ごめん和・・・つい」 ぎゅう
和「ひゃ! い、いいからもう離してください、須賀君!!」
咲「・・・あの・・・あいつ・・・私の京ちゃ・・・」ブツブツブツ
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ
和「もうヤだ!」

おわり

名前:
コメント: